千野志麻の旦那は横手信一。病気なの?ガンで放射線治療?

有名なアナウンサーの旦那さんはどんな方かなどまとめてみました。

 

千野志麻の旦那

旦那さんは、どのような方なのでしょうか。

千野志麻さんは2006年に横手信一さん(当時38歳)という男性と結婚しています。
2004年10月から交際し、バリやハワイなどに旅行する姿も目撃されていました。
2005年10月1日に結納を交わし、2006年4月1日に挙式をしました。

今から約12年前に結婚しました。

その当時の年齢が38歳ですので、もうれっきとした大人ですね。

しっかりとお付き合いしたあと結婚したものと思われます。

 

仕事

その仕事ぶりはいかがな物でしょうか。

横手信一さんは小学校から大学まで慶應に通っていました。
身長180cm弱。
大学時代はアメフトの大学日本選抜にも選ばれていたそうです。

スポンサーリンク

慶應大学卒業後はゴールドマン・サックスのマネージングディレクターを務めています。
一部報道では年収5000万円と言われており、かなりのエリートですね。

学歴もこのままみても慶応とてもエリートですね。

そして学歴だけではなく、就職してからも、そのエリートぶりを発揮されています。

才能の塊だと思いますね。

また年収を見てもらってもわかる通り、すごい金額をいただいていることになりますので、エリート中のエリートといえるのではないでしょうか。

 

家系

調べてみると驚きの家系が出てきました。

横手信一さんは福田康夫元首相の孫にあたります。
もの凄い家系の生まれです。

何とあの総理大臣であった福田康夫さんの孫にあたるわけですから、それはすごいと思います。

このことがあまり話題にならないのは、あくまで個人的なことですので、それ以上追求されたくないというのはあるのかもしれません。

 

病気

なんと夫にとって不幸な出来事がありました。

2014年5月中旬に横手信一さんが体調不良を訴え病院に検査入院したところ、がんであることが判明したそうです。

これは本当にびっくりしたと思いますし、すごく精神的ショックを受けたのではないでしょうか。

しかしさらにびっくりすることに、そのあとの彼の行動を見てみるとよくわかります。

 

その後

実は彼は自分の病状を知った後、驚くべき行動に出るのです。

がんの放射線治療を行いましたが、横手信一さんは弱音を吐かずに会社に出社し続けました。
その背景には「高級マンションの数十万円の家賃」「別荘のローン」「有名私立小学校である慶應幼稚舎に子供を通わせるための費用」などがあり、お金が必要なため、旦那さんは働かざるを得なかったそうです。

スポンサーリンク

2015年1月になると横手信一さんのがんの病状は回復に向かっており、双子の長男と次男も慶應幼稚舎に合格し、W喜びという報道が出ました。

アレだけの年収があっても働かないといけないのは本当に大変です。

いくら収入があっても、彼の勤めている会社はとても厳しく、結果がすべてなのでしょう。

だから休みたくても、休めなかったのではないでしょうか。

 

病状

「診察の結果、旦那さんは深刻な病気を患っていることが判明しました。
ほぼ毎日の通院治療を要する大変な病気のようです。
突然、夫の病気を突きつけられた千野さんはショックのあまり呆然となったそうです」

夫の病気もそうですが、ご自身も事故のことで頭が一杯だったときだったと思います。

災難が一気に自分にのしかかってきたと思ったでしょう。

で、その後、彼はどうしたのでしょうか。

 

治療

どんな治療に専念したのでしょうか。

千野志麻さんの旦那さんは癌が判明してからずっと放射線治療をされていたそうです。
旦那さんは家族を支えるため、辛い治療にも弱音を吐かず、ずっと会社に出社し続けていたみたいです。

放射線治療のおかげか、彼はそのまま通勤していたようです。

彼の通っていた科はどのようなところかと言いますと、

《放射線治療科は、主にガン(悪性腫瘍)に対する放射線治療を専門に行う部門です。
放射線治療は、手術・抗がん剤に並ぶがん治療の柱の一つです。
他の臨床各科との連携のもとに各種の悪性腫瘍の放射線による治療を行っています》

と言う事でした。

 

結果

そのご結果はどうなったのでしょうか。

そんな旦那さんも現在は治療の効果があったようで、現在は回復されたみたいです。
病気が判明した当時千野志麻さんはショックの余り呆然としたそうですが、現在は旦那さんが回復されたようなので一安心ですね。

何とか回復できてよかったですよね。

また回復できただけでなく、そのまま仕事を続けることができ、家族を養っていくことができるわけですから、おそらく夫が一番ほっとしているのではないでしょうか。

奥さんもこの事故の事件以来不幸・災難続きだったと思うのですが、これからは夫婦仲良く、すてきな家庭を築いてもらい、幸せな時間を過ごして欲しいなと願うばかりです。

またいつの日か、以前のように第一線で活躍するアナウンサーとして、元気欲がんばっている彼女の姿をこれからも見てみたいものですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)