【バツイチ】江口ともみと旦那・つまみ枝豆はコワッ&モテお笑い芸人!子供はいない。

今回はタレント・江口ともみさんの旦那・つまみ枝豆さんとの馴れ初め~結婚まで、つまみ枝豆さんの人物像についても紹介したいと思います。

江口ともみとつまみ枝豆は1996年に結婚!


出典:https://www.instagram.com/

江口ともみさんはタレントやナレーター、司会として活躍しています。

趣味の料理とぬいぐるみ「フモフモさん」がツイッターなどで好評を得ており、癒し系のお姉さんキャラが人気ですね。

そんな江口ともみさんは1996年に、つまみ枝豆さんと結婚しています。

彼女は、1968年2月4日生まれですから、28歳の時に結婚したことになります。一方の、つまみ枝豆さんは1958年6月1日生まれですから、38歳での結婚だったんですね。

 

つまみ枝豆の人物像

つまみ枝豆さんは同じオフィス北野に所属しているお笑い芸人さんで、本名は青木隆彦さんです。

「たけし軍団のつまみ枝豆」として有名ですが、北野武さんが愛人と一緒に「オフィス北野」を出たので、現在はオフィス北野の取締役社長も務めています。

お笑い芸人としてだけではなく、俳優業や怪談話の語り手としても活動しています。

スポンサーリンク

若い頃は、かなりやんちゃで武闘派だったそうで、周りの女性から非常にモテていたようですね。

江口ともみさんとつまみ枝豆さんが交際する際も、ガダルカナル・タカさんから「こいつは曜日分、女がいるからやめておけ」と注意されたとか。

日替わりでたくさんの女性と同時進行していたとか・・・

モテすぎですね(笑)

 

ちなみに、つまみ枝豆さんは江口ともみさんと結婚する前、一般女性と離婚しています。つまり、バツイチ。

まだ無名だった時でお相手も一般人なので、詳しい情報はありませんでした。

江口ともみさんと再婚してから20年以上になるので、つまみ枝豆さんも今ではすっかりよい旦那になったのでしょうね。

 

ヤンキーで右翼団体所属

つまみ枝豆さんの実家は修善寺で山葵を栽培しており、代々村長の家柄であるという名家の出身です。

しか、し学生時代はかなりの不良だったようで、暴走族としても相当暴れまわっていたとか。

最近の様子を見ると、とてもオシャレで優しい雰囲気ですが、昔はこてこてのヤンキーだったみたいですね。

さらにはある時期、右翼団体に所属していました。

その時は役所に押しかけて入り口を占拠し、ソ連領事館に木刀を持って潜入したりと散々なことをやってきたそうです。

さらには、その活動をしたことによって逮捕歴があり、一度服役していたことがありました。

今ではすっかり丸くなったようで良かったです。

 

芸名の由来

つまみ枝豆さんは地元の先輩で幼なじみのガダルカナル・タカさんに誘われ、お笑いコンビ「カージナルス」を結成しました。

当時の芸名は「ポポ」だったそうです。

その後、草野球の助っ人をしながらたけし軍団に参加し、芸名を決める宴席がありました。

順番が最後の方であったためネタ切れとなり、テーブルに酒肴として枝豆とフグがあったので、ビートたけしさんから「じゃあお前はどちらか選べ」「“つまみ枝豆”か“フグ珍味ピリピリ”」と二択を提示されます。

スポンサーリンク

マシな方ということで枝豆を選び、現在の芸名になったそうです。

 

馴れ初め


出典:https://www.instagram.com/

2人の出会いはテレビの子ども番組での共演。

当時は、江口ともみさんが水着のお姉さんで、つまみ枝豆さんは子供の邪魔をする意地悪なキャラクターを演じていました。

共演中はほとんど接点もなく、番組の打ち上げで初めて話すようになったそう。

そして、共通の趣味であるレースの話で盛り上がり、友人として付き合い始めたそう。

付き合い当時はつまみ枝豆さんの女性問題もありましたが、江口ともみさんは意外と気楽に思っていたそうですね。

21歳の時から7年もの間、交際していたようですが、25~26歳の時に一度別れたのだそうです。

破局後、久しぶりにつまみ枝豆さんから突然電話があり、「雪が降ってるよ」と言われてカーテンを開けると家の前にいて「よかった。やっと顔が見られた。それだけ」と言って帰ったそうです。

これは、一瞬で心が奪われてしまいますね(笑)

 

結婚の決め手

浮気三昧だった、つまみ枝豆さん。それでも、好きになったのは「ギャップ」

確かに、お笑い芸人として表ではふざけたことをしているけれども、裏では紳士的な対応や性格の持ち主。そのギャップに惚れたそうですね。

 

やがて、江口ともみさんが結婚を決めた理由は、「父親以外に初めて尊敬できる人だった」からだそう。

他の女性とイチャイチャしていても、余りあるほどの尊敬できる部分があったということは、相当に大事にされている感覚があったということなのでしょう。そうじゃないと、普通はバイバイですよね。

 

しかし、そんないわゆる問題児な方ですから、江口さんの両親は結婚に大反対。それでも、結婚が許されたのは家柄が思ったよりも良かったからだそう。

結局のところ、娘がご飯を食べていくのに困らないかどうかが肝心要なわけで、その心配が無さそうだと判断されたのでしょう。なんだかんだ、最終的には現金ですね笑

 

江口ともみとつまみ枝豆に子供はいない


出典:https://www.instagram.com/

江口ともみさんは、つまみ枝豆さんと結婚してもう20年以上になります。

2人の間に子供はいませんが、ぬいぐるみの「フモフモさん」をたくさん作ってにぎやかにやっているようで、変わらず仲良し。

本当は子供が欲しかったのでしょうけれども、その代わりにぬいぐるみを我が子のようにかわいがっているそうです。

2人に子供ができなかった確かな理由はわかりませんが、江口ともみさんがゴルフ場でのロケ中に運転していた四輪駆動バギーが転落し右の腎臓をひとつ摘出する手術を受けたことが原因ではないか。と言われています。

というのも、妊娠すると、お腹にいる赤ん坊と自分の分を消化しないといけないわけですが、腎臓が1つだと母体に負荷がかかってしまいます

その悪影響を避けて、子供を持つことをあきらめたのではないか?と言われています。

つまみ枝豆さんは社長としても忙しいですが、これからも夫婦2人で幸せに暮らしていってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.