久里千春の旦那の山崎唯はどんな人?娘や現在について。

久里千春さんは歌手で女優です。

旦那様は山崎唯さんで子どもさんや現在のことについて調べてみました。

 

久里千春について

くり ちはる 久里 千春
本名 山崎 慈子 生年月日 (1938-07-29) 1938年 7月29日(79歳)
出生地 東京市 向島区 職業 歌手・女優
配偶者 山崎唯( – 1990年)
著名な家族 久里みのる(実弟)
事務所 有限会社 イーグル・ベイ 公式サイト http …

久里千春さんは、もともとオペラ歌手を目指していた人です。

藤原歌劇団の研究科に入団後、劇団新作座を経て20歳で女優としてデビューしています。

映画では「渡り鳥シリーズ」や「男はつらいよ」、テレビドラマでは「あばれはっちゃく」シリーズ、毎日放送。東京12チャンネル共同作成の「ファミリースタジオ230」長寿番組「天才クイズ」などの初代司会で活躍しています。

デヴィ夫人みたいな髪型ですね。

あばれはっちゃくとは?

スポンサーリンク

あばれはっちゃくとは、児童文学者、山中恒著の連載子ども向け小説で、テレビ朝日系列で毎週土曜日にテレビドラマとして放送されたものです。

桜間長太郎という少年を通し、さまざまな家庭、学校問題を描いたものです。

お母さん役として、久里千春さんが主演していたみたいです。

番組の最初に40秒ほどのショートストーリードラマがあり(これが本編の枕になることも)、それをバックに「俺は桜間長太郎」で始まる毎回定型の自己紹介があって、ここで「あばれはっちゃく」の言葉の意味も説明されていた。
このドラマは長太郎本人のみで演じられており、最後にドジを踏む形でオチがつく。これに続けて、オープニング曲「タンゴ!むりすんな」が流れる(第5シリーズを除く)。

主人公の長太郎は「手におえない暴れん坊」というキャラクター設定で不良小学生ではなく、「正義感が強い」「ドジで慌てもの」といった視聴者には憎めないキャラクターとなっています。

このことがシリーズを長期間存続させる要素にもなっているといいます。

「てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」と東野英心さんの言うシーンが特徴になっています。

自営業

母親の久里さんも東野さんと同じセリフを言う場合もありますが、どのシリーズでも理容業や洋裁店、クリーニング店など設定は自営業になっています。

長太郎の性格としては、何か問題に出くわすと「ひらめけーひらめけー」「はっちゃけーはっちゃけー」としたフレーズを口にしつつ、ひらめきを得ることができます。

これは倒立やブリッジ、座禅などを行うことで「ひらめき」を得ることができたようです。

旦那様は山崎唯さん

山崎唯さんは久里千春さんの夫でピアニストや声優をしておられました。

国立音楽大学声楽科卒業で、「渡辺晋とシックス・ジョーンズ」のピアニストとしてデビューしています。

人形劇「トッポ・ジ-ジョ」はおかしな声で人気がありました。

トッポジージョ

トッポ・ジージョはイタリア、ミラノ生まれのネズミ」の男の子が主人公の物語りで、2001年には「日本におけるイタリア年」のメインキャラクターに選ばれています。

やまざき ただし 山崎 唯
プロフィール 本名 山崎 宰一 やまざき ただかず
出生地 東京都 生年月日 (1933-05-29) 1933年 5月29日
没年月日 (1990-12-30) 1990年 12月30日(満57歳没)
配偶者 久里千春 活動 活動期間 1950年代 – 1990年 声優: …

1990年12月に脳溢血のため東京都三鷹市の病院で死去されています。

子どもさんは?

スポンサーリンク

久里千春さんは山崎唯さんとの間に、2人の娘さんがいらっしゃいます。

現在の久里千春さん

50代なら「トッポ・ジージョの恋人」、40代なら「あばれはっちゃくのお母さん役」として記憶にあるだろう。
女優・声優・司会業とマルチで活躍した久里千春さん(75)だ。
ダンナでトッポ・ジージョ役の声優としても知られた山崎唯さんを亡くしたのが90年。
前後に芸能活動を休止したものの、一時は「おもいッきりテレビ」などで復帰した。
しかし、最近は画面であまり見かけない。今どうしているのか。

最近では「おもいツきりテレビ」などに出演していたようで、更年期障害などに悩んでいたことがあったそうです。

妙な汗をかくと病院にいくと「更年期障害」と診断してもらったようです。

おしゃべりで止まらない

更年期障害の克服方法をあちこちに話していたところ講演依頼の話が舞い込んできたそうです。

障害の克服方法は「お尻の穴」にポイントがあるそうで、更年期にはとても効果のある方法だとか。

夫婦の仕事の思い出

夫の山崎唯さんは、トッポ・ジージョの声をやっていたのですが、久里さんは恋人のロージーの声の吹き替えをやっていました。

イタリアの人たちに来て人形劇を操作してもらったようですが、イタリアの人たちはお昼がくるとピッタリと仕事をやめて1時間くらい食事の時間として使うのだそう。

山崎さんの介護について

山崎さんはがんで亡くなったのだそうです。久里さんは2年前から仕事をやめて看護したのだそうです。

山崎さんが亡くなってからは、1年間は泣き通しだったといいます。

「でも、講演ばかりやってると、やっぱり<最近、テレビで見ないわね。どうしてるか、心配してたのよ>なんて言われちゃうのよね。そろそろテレビにも出たいけど、私、芸能事務所に所属してないから、なかなか難しいんです。どこか私を雇ってくれる事務所、ないかしら?」

現在は次女と都内で二人暮らしみたいですね。

健康法

少し前にテレビに出たときには、1日に5時間も麻雀をやっているとか、健康のためにウォーキングをしている姿が出て映し出されていましたが、今では79歳?くらいなのでしょうか?

とても年齢とは思えない若々しいお姿でした。
25歳のときの貴重な画像まで紹介されたのですが、スタイルはそのときのままだそうで驚きですよね!

『あばれはっちゃく』で検索をしていたら、母ちゃん役の久里千春さんの近況(2014年6月の記事)を紹介している記事を見つけました。
若さの秘訣は“尻の穴” 「あばれはっちゃく」久里千春は今|芸能|芸能|日刊ゲンダイDIGITALインタビューの最後で、「そろそろ、テレビに出たいけれど、芸能事務所に所属してないから、なかなか難しいんです。
どこか私を雇ってくれる事務所ないかしら。」と語っています。
現在はテレビのお仕事より講演の仕事が多いとの事で、インタビュアーの人がとても75歳とは思えない若さと語っていて、今も綺麗な久里さんを知る事が出来ます。
どこか、久里さんを雇ってくれる事務所が出てきて、再び、母ちゃん、久里さんの姿をテレビでみたいですよね。

これからも元気で活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)