長内美那子の夫や息子について。若い頃がキレイ!

今回は少しベテランのご紹介。長内美那子さんの夫や息子について、そして若い頃がキレイだったのかどうかを画像踏まえてご紹介します!

 

長内美那子さんはどんな方?

長内美那子(おさないみなこ)さんと言われても本当に誰だかわかる方は若い人の中にはいるかなあ〜。

写真みればわかると思います。

他にもあります。

着物姿がこちら

お綺麗な方ですよね!

スポンサーリンク

長内美那子(おさないみなこ)さんなんですが、画像を見て、テレビで見たことある人だとなんとなくわかった感じですね。

かなりのベテランの女優さんなんです。

「愛染かつら」っていうお昼に放送されてたメロドラマが大人気だったことで有名ですね。

メロドラマなんで古いとこまでさかのぼらなくても、最近では「下町ロケット」に出演されてました。

毎年の夏に開催される「この子たちの夏」という朗読劇をライフワークにされてるそうです。声が出る間は続けたいと思われています。

最近はどうかわからないですが、ボイストレーニングをされていました。毎日の1万歩の早歩きや散歩などをして健康に気を使われているという話を聞いたことがあります。

今もお元気なようなので、継続されているのかもしれませんね。

簡単なプロフィール

芸名:長内美那子(おさないみなこ)

本名:宗像美那子 旧姓:長内美那子

生年月日:1939年2月17日 現在の年齢は77歳

出身地:青森県弘前市

身長:155cm

体重:41kg

血液型:O型

出身高校:青森県立弘前高等学校

出身大学:共立女子大学

所属:アイティ企画

現在は鎌倉市にお住まいのようです。

4年生の女子大出身なんですね、教養もあるということでしょう。

趣味はテニスなんで運動もできるということです。文武両道ってやつかも。

旦那さん(夫)は誰?

次に長内美那子さんの気になる夫ついてまとめてみました。

長内美那子さんの夫は、宗方勝巳(むなかたかつみ)さんです。

必殺仕事人や水戸黄門などかつての日本のドラマに欠かすことが出来ない俳優といえば宗方勝巳さんベテランの俳優さんです。

スポンサーリンク

宗方勝巳さんは元々は大阪の生まれなのですが、高校は明治大学付属中の高校を出ておられます。

そして大学は明治大学の卒業

当時としては大学への進学率もそんなに高くなかった時代だと思いますので、高校大学と明治大学に通われていたのは珍しかったのかもしれません。

派手さはないですが、若い頃からの根強いファンは多いはずです。

芸能界のおしどり夫婦として有名ですからね。

馴れ初めについてご紹介します。

2人が知りあったきっかけは、「古都」というドラマでの共演です。

「古都」は川端康成さんの小説です。

お二人は昭和42年に結婚されました。

夫婦生活は49年にもなるそうで、夫の宗方勝巳さんは今から10年ほど前に脳梗塞や大腸がんを患われました。

でも、今回テレビに出演されるように、病気などを夫婦で乗り越えてこられました。

病気の中で「がん」が一番怖いですね。

息子さんはいるの?

長内美那子さんのことをネットで調べていると、子供とか息子というキーワードが出てきます。

夫の宗方勝巳さんが、あるインタビューで「息子たち」という表現を使われていました。

ということは、息子さんがいらっしゃることは確かなようです。

しかも、最低2人はいることがわかります。しかも、息子さんということで男の子だそうです。

すでに独立されていますが、どんな方で何をされているのかは不明です。

若い頃はやっぱりキレイだった?

長内美那子さんの昔の若い頃の経歴を書きます。

若い頃もキレイで美人さんだったんですねえ。

こちらも

共立女子大学の3年生の時に劇団青年座に入ります。1959年のことです。

初舞台は1960年の「八段」でした。

1964年には、日活の「生きている狼」で映画デビューしました。

そして、1965年のお昼に放送されたメロドラマ「愛染かつら」で一躍スポットライトを浴びたんです。

当時としては、時代的にも放送時間的にも驚異的な平均視聴率を記録しました。

ちなみに、平均視聴率はなんと28%だったそうです。

「愛染かつら」「温情判事」「紙の月」などが最近でもインターネットで検索されています。

画像や動画もそうですが、おそらくはある程度の年齢の方が検索されているような気がします。

特にリアルタイムで長内美那子さん出演のドラマや映画を見ていた方たちとか。

若い頃からいまも活躍されているようで、ファンのかたにはうれしいことと思います。

管理人もこれを機会に長内美那子さんのドラマや映画を見ようと思っています。

年齢的にもまだまだ活躍できると思うので、頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)