田中裕子と夫・沢田研二は不倫略奪婚だった!現在も夫婦仲は良好!

今回は女優・田中裕子さんの夫についてみていきましょう。

田中裕子さんの夫・沢田研二さんとの夫婦仲や、不倫略奪婚の真相についても調べてみました。

 

田中裕子と夫・沢田研二は1989年に結婚

往年のベテラン女優で、近年NHKテレビ小説「まれ」で主人公の祖母役を演じて話題になった田中裕子さん。

一時代を築いた大女優であり、今も現役であるベテラン女優です。

NHKテレビ小説「マー姉ちゃん」の準主役に抜擢され、トレンド女優となります。

そして、NHKテレビ小説「おしん」の爆発的ブームは社会現象となり、注目の的となりました。

そんな国民的女優の田中裕子さんですが、プライベートでは、1989年に歌手の沢田研二さんと結婚しています。

 

馴れ初め

スポンサーリンク

1982年、田中裕子さんは映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」でマドンナ役の小川螢子さんを演じました。

世界からも注目される女優となった田中裕子さんは、沢田研二さんとこの人気映画「男はつらいよ」で共演します。

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」は1982年に公開され、田中裕子さんは螢子役、沢田研二さんは三郎役で出演しました。

この共演がきっかけで、交際に発展したようですね。

 

不倫略奪婚と話題に

1987年、2人は不倫関係になったと報道されます

沢田研二さんは伝説のグループサウンズ「タイガース」解散後、ソロ歌手としても大成功をおさめました。

その美貌と人気で、「美男子」の代名詞とも言われる全盛期です。

当時、沢田研二さんはすでに結婚しており、お相手は女性双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の姉・伊藤エミさんでした。

2人の間には長男が誕生しており、順風満帆な結婚生活だと思われていました。

スポンサーリンク

しかし、1987年に2人が離婚することとなり、世間や芸能界からは不倫略奪婚として田中裕子さんが大きくパッシングを受けることになります。

1989年に田中裕子さんと再婚したのですが、その後は2人とも芸能界の第一線から離れることなります。

しかし、その才能は衰えることはなく、その人気と実力は今も続いています。

 

夫婦仲

かれこれ30年近く連れ添っている2人ですが、夫婦仲は良好なのでしょうか?

日常生活での細かい夫婦喧嘩はあるようですが、お互いの仕事スタイルには口を出さないそうです。

沢田研二さんが反原発ソングを歌ったり政権批判を繰り広げても、田中裕子さんは何も言わずに見守ってきました。

しかし、埼玉スーパーアリーナコンサートのドタキャン騒動については、かなり怒っていたそうです。

弁明した沢田研二さんですが、仕事について田中裕子さんが怒るのは初めてだったとか。

それでも、離婚に発展するような騒動にはならず、固い絆で結ばれているみたいですね。

 

田中裕子と夫・沢田研二の現在

田中裕子さんは現在も女優として活躍されています。

毎年、何かしらの映画やテレビドラマに出演しており、その作品が話題になることも多くあります。

若い頃の田中裕子さんはヒロイン役が多かったのですが、最近の田中裕子さんはお母さん役が多いです。

どこか儚げで優しい母親のイメージがありますよね。

2013年にはキネマ旬報ベスト・テンで助演女優賞を受賞し、あでやかな着物姿で周りを魅了しました。

2018年には、広瀬すずさん主演のドラマ「anone」に出演し、広瀬すずさん演じるヒロインが居候する家の主人を演じていました。

亡くなった夫が、偽札を偽造していたことを死後に知って代わりに逮捕されてしまうという難しい役を見事に演じ切ります。

沢田研二さんも歌手として毎年のようにコンサートを開催し、芸能活動はお互い順調のようです。

今後も夫婦二人三脚で、公私ともに支えあっていってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.