小木曽汐莉の旦那はどんな人?現在や馴れ初めについて紹介

SKE48の元メンバーである小木曽汐莉の旦那はどんな人なのでしょうか?

今回は、小木曽汐莉さんの旦那や現在について紹介します。

 

小木曽汐莉と旦那は2015年に結婚?

SKE48の元メンバーである小木曽汐莉さん。

小木曽汐莉さんがSKE48を卒業してから6年経過しましたが、メディアでは見なくなりましたよね。

そんな小木曽汐莉さんですが、現在は一般人男性と結婚しているそうです。

小木曽汐莉さんが結婚した時期については明確にはなっていませんが、2015年2月に公開されたSKE48のドキュメンタリー映画の告知映像で、小木曽汐莉さんは一般人男性からプロポーズされたことを公表していたみたいです。

その後『年内に結婚する予定』だと当時の新聞に載っていたようなので、小木曽汐莉さんは2015年に結婚した可能性が高いということになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

小木曽汐莉さんは現在27歳なので、結婚当時は23歳と若かったみたいですね。

 

小木曽汐莉の旦那はどんな人?

旦那さんについての情報ですが、小木曽汐莉さんと旦那さんは中学時代の同級生で、旦那さんの職業は警察官だそうです。

しかし、一般人なので多くの情報はなく、名前や画像などは見つかりませんでした。

 

小木曽汐莉と旦那の馴れ初め

二人の馴れ初めについては公表されていませんが、小木曽汐莉さんがSKE48を卒業してから1年8ヵ月後に婚約を発表しているので、SKE48にいた頃から交際していたのでは、と噂されているようです。

旦那さんとは中学時代の同級生なので、かなり前から交際していても不思議ではないですよね。

アイドルは夢を見せる存在なので、SKE48は恋愛禁止と言われていますが、アイドルも一人の女性なので恋愛ぐらいはすることでしょう。

バレたらアウト!なのでしょうけど。

 

小木曽汐莉の旦那の情報がネットに流出?

そんな旦那さんの情報が、ネットに流出したと話題になっています。

その噂になった流出画像がこちら↓

スポンサーリンク

出典:元SKE小木曽汐莉が結婚!旦那と現在の活動は?卒業理由や小顔でかわいい彼女の画像もまとめ

こちらは「小木曽汐莉さんが自動車学校に通っていた頃に、彼氏と一緒に撮った写真」として流出したようですが、左側に写っている男性は「ただのファン」とのこと。

どうやらこの男性に頼まれて一緒に写っただけみたいです。

一緒に写っている男性がいかにも若く、小木曽汐莉さんと年齢が変わらなさそうに見えることから、彼氏だと疑われたのかもしれません。

が、さすがにあんな見た目であんなポーズをしている警察官はいないのではないでしょうか(笑)。

もしいたとしたら、人は見た目で決まらないといえど、さすがに日本の危機を感じざる負えませんよね。

 

小木曽汐莉と旦那の結婚で恋愛禁止が嘘に?

小木曽汐莉さんの結婚により、SKE48の恋愛禁止説が嘘だったと話題になっているそうです。

それについて調べてみたところ、関西テレビの番組で、SKE48の須田亜香里さんが『AKBの恋愛禁止は真っ赤な嘘。もうなくなった』と暴露していました。

あくまでも「AKBの恋愛禁止」なので、SKEのことだとは言っていなかったようです。

しかし、元締めは同じなので、SKEも恋愛禁止がなくなっている可能性はありそうですよね。

アイドルグループが恋愛禁止と言うのは、建前で言っているような部分もありそうなので、本来の意味は「恋愛がバレたら終わり」ということなのかもしれません。

夢を与える職業なので、やはりアイドルをしている限りはバレたらアウトなのでしょう。

 

小木曽汐莉と旦那の現在

そんな小木曽汐莉さんと旦那さんの現在ですが、離婚の噂もないので、一般人として幸せな結婚生活を送っているのではないでしょうか。

小木曽汐莉さんはSKEを卒業した後、芸能活動を引退しているそうです。

そして小木曽汐莉さんは現在『接客業をしている』とのこと。

そのことについては小木曽汐莉さんいわく「芸能界で培った精神を生かして接客業をしています。握手会は接客に通ずるものがあるので生かされていますね」とコメントされていました。

また、Twitterでは小木曽汐莉さんに関する目撃情報も多数あるらしく、「相変わらず可愛い」との声が挙がっているそうです。

テレビに出ている時点で一般人より容姿がかなり良いということなので、一般社会にいるとその可愛さが余計に目立ちそうですよね。

以上、小木曽汐莉さんの旦那についてのまとめでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)