白石真澄が夫と離婚してる?息子もいる?旭化成の役員なの?

評論家として活動している、白石真澄さんについてご紹介しています。

それでは、ご覧下さい。

 

白石真澄は結婚して息子がいる

結婚後、20歳を超える息子さんがいるそうですよ。

現在23歳になるわが家の長男の誕生時、育児休暇制度はなかったが、夫はわずか2週間ではあったが有給休暇を取り、おむつ替えや哺乳瓶での授乳、沐浴も行った。

その結果、「育児はすごく楽しい。仕事を辞めて主夫してもいい」と言い、育児がいかに大変かを痛感したことで「パンをかじって昼休みも仕事をし、早く帰宅して家事・育児を手伝ってあげたい」と感じたという。

イクメン意識の高い旦那さんのようですよ。

一般人なのでしょうか。

詳しい情報はありませんので、旦那さんの画像やプロフィールも不明ですね。

スポンサーリンク

 

白石真澄が考える育児

白石真澄さんにとって、旦那さんがイクメンですと助かる事はありますか?

夫の家事育児時間が長いほど、第2子出生割合が多くなるので、出生率の向上にも関係してくる。

育児にはいくつもの山があり、夜中の授乳から解放される生後三か月、離乳食が始まる半年以降、歩き始めて目が離せなくなる1歳前後、さらには幼稚園・保育園で流行性の病気をもらってくる小学校入学まで大変なことの連続で、両性の協力が不可欠である。

しかし、育児時間を国際比較してみると、6歳未満の子どもをもつ夫の育児時間は、1日平均約30分程度しかなく、欧米諸国と比較して半分程度となっている。

現在、日本の一般家庭ではどういった育児がメインなのでしょうね。

家事の時間を加えても、我が国の子育て期の夫の家事・育児にかける時間は1日平均1時間程度となっており、欧米諸国と比べて3分の1程度となるなど、男性の育児参加が進んでいないことがわかる。

どうやら今の日本社会では、旦那さんが育児に参加するケースは少ないという事だそうです。

 

白石真澄が考えるイクメン

家庭を守る主婦として、今後の展望はあるのでしょうか?

現在、「女性の育児休業3年」や「女性役員の登用」についての総理発言があるが、ブームになりはじめている「イクメン」を一過性で終わらせないために、もっと男性の意識・働き方改革にも着手してほしい。

やはり主婦からすれば、旦那さんにはもっと育児を手伝って欲しいようです。

仕事ばかりで、育児ができない旦那さんは謝罪と実行が必要なのでしょうね。

教育現場から、男性のほうに根強く残る「男性は仕事、女性は家庭」という固定的役割分担の意識を変えていくとともに、オランダのように子育ての一定期間、正社員から緩やかな働き方に変えられる制度、積み残した有給休暇を育児のために充当できること、病院への付き添いに便利な半日休暇、在宅勤務やワークシェアリング、フレックス勤務といった職場に長時間張り付かなくても仕事が出来る制度づくりとその定着、実効性について、各企業に公表を促し、さらなる自助努力を求めていくべきだ。

スポンサーリンク

賃金が低下し、物価が上がっていく時代でもあるので、今後は国全体で大きな対策が必要となりますね。

 

離婚している!?

旦那さんと別れてしまったのでしょうか?

それでは、リサーチしてみましょう!

調べてみた所、「離婚した」という事実は確認できませんでした。

お仕事柄、結婚や生活をはじめとした相談や講演活動もしている方だそうですので、「離婚」で検索する方が多いのかもしれませんね。

 

白石真澄について

そもそも、どんな女性なのでしょうね。

大阪府生まれ。

大阪府立千里高等学校を経て、関西大学工学部卒業、同大学院修了。

1958年11月6日 生まれですので、今年60歳となる方ですね。

 

今までの活動

どういった活動を経ているのでしょうか?

政府各種委員会委員、コメンテーターとしてテレビ出演多数、子育てや共働き生活、女性の育児と仕事に関する著作がある。

一方、子育てと共働きについて、自身は家事のほとんどを同居の母親に任せ、急用時の保育所への迎えも近所の魚屋に頼んだという。

また、出演したテレビ番組では、過去に子供を育てる事に限界を感じたことを明かしたが、そのなかでの「子供を生ゴミと感じた」、「捨てたい」などの発言は一部で問題視された。

以前、一般企業にも勤めていたみたいですよ。

大学院を修了した1987年(昭和62年)に西武百貨店入社。

ロフトのプロジェクト室で店舗開発に携わるなどした。

1990年(平成2年)、ニッセイ基礎研究所に転じた。

ニッセイ基礎研究所では社会研究部門に所属して、主任研究員を務めたていたようです。

その後、テレビ番組等に出演するようになったらしいですよ。

 

旭化成との関連

どういった関係性があるのでしょうね。

論客として活動してきた経歴を見ていきましょう。

2002年(平成14年)、東洋大学経済学部社会経済システム学科助教授に就任。2004年(平成16年)、同教授に昇格。

2005年(平成17年)夏、郵政解散後に自民党から郵政民営化に造反した自民議員の刺客候補として、同年9月の第44回衆議院議員総選挙に立候補することを要請されたが、これを固辞した。

2006年(平成18年)、政府の教育再生会議委員に就任。2007年(平成19年)には関西大学政策創造学部教授に就任するとともに、初代日本中央競馬会公正審査委員にも任命されている。

その後、旭化成の取締役となっているそうですよ。

2013年6月からは旭化成株式会社取締役を兼務。

これからの様々な活動にも期待が膨らみますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)