白石涼子が旦那と離婚!お持ち帰りとは?国分太一と大喧嘩?

声優・白石涼子の旦那について、離婚やお持ち帰りの真相さらには国分太一と大喧嘩などの情報をまとめてみました。

 

白石涼子の旦那

彼女の旦那とは、どのような人でしょうか。

彼女がこんなコメントを言っています。

そして、昨日、入籍いたしました!

お相手は業界関係ではない、一般の会社員の方です(^-^)

一般の人なんですね。

誕生日前日…ということは…

そう!29歳での入籍。

30歳までに結婚したい!という、私の夢が叶いました(^^)

スポンサーリンク

嬉しいですよね、こういうのって。

たった一日前でも29歳での結婚と言える…のかどうか。

いっそのこと誕生日にすればいいとの声もまわりからはちらほら聞こえましたが(笑)

そこ、大事なんだね、とみんな笑ってました。

はい。私にとって、何よりも意味がある気がします。

いやいや、意味は大有りですよ。

とてもよかったと思います。

いい思い出になりますね。

 

離婚

しかし幸せな生活は長くは続きませんでした。

お世話になっている関係者の皆様、そして、いつも応援してくださっている皆様へ突然のご報告となりますが私、白石涼子は離婚いたしました・・・。

これだけのお祝いメッセージやイラストをもらっていたにも関わらず、わずか一年弱で離婚。

なんで白石涼子さんは離婚してしまったんでしょうか。

悲しいですね。

白石涼子の離婚のきっかけはなんだったんでしょうか。

どうやら白石涼子さんは三十代までに結婚すると個人的に決めていた様子。

なので結婚急いだのでしょうか。

結果それが離婚に繋がったのでしょうか。

結婚生活がうまくいかなかったというのもあるのですが、ちょっと結婚が早すぎるような気がします。

結婚を急いでしまったがために、離婚につながったのかななんて思ったりする人もいるでしょう。

理由は何だったのでしょうか。

 

理由

どうやら離婚前に引用にもあるようなことをブログにて呟いていた様子の白石涼子さん。

完全に離婚のきっかけはパートナーと気が合わなかったこと、元凶は結婚を急いだことに当たりそうな気がしますね。

やっぱり相手のことをよくわからずに結婚したのが1番の原因だといえるでしょう。

相手は同業者ではなく、一般の方だったので、お互いもう一度やり直す意味で頑張ったらいいと思います。

スポンサーリンク

 

お持ち帰り

どういうことなのでしょうか。

飲み会に参加したんだけど…飲み足りない!?と言うか、なんか、 もっと誰かと一緒にいたい!と思っちゃった(笑)寂しいな(笑)

と彼女がツィートすると、

そんな事言うと誰かにお持ち帰りされちゃうから気を付けて(*o∀o*)!!

とファンから心配の声が。

!?お持ち帰り!?そんなこと…されたこと一度もないです(笑)

私なんかをお持ちかえるしてくれる人はいるんだろうか…!?(笑)

この発想は本音でなかったとしても、男性であっても女性であっても少し引いたのではないでしょうか。

あまりこういうことを公の場でのべて欲しくなかったというのが正直な意見ではないでしょうか。

だから簡単に離婚したりするんだという辛辣な意見もありました。

また、彼女は他にもいろいろと問題起こしているので、この点について見ていきます。

 

国分太一と大喧嘩

なぜ彼と喧嘩することになったのでしょうか。

白石涼子が声優が持っているタレントに対する不満を国分太一にぶつけたことで、彼の反感を買ってしまったようです。

白石涼子は「タレントさんは声優をやらないでほしい」と不満を暴露。

それに対して国分太一は「声優さんだってCD出したりしてるでしょ。

オリコンとかでよく見るよ?

俺らよりも上にいたりするよ?」と強く反論しました。

このやりとりは一時ネットで賛否両論が巻き起こったようです。

確かに、プロである声優が声の仕事をタレントに取られてしまうのは声優に取ってしてみれば我慢ならないことだと思います。

しかしながら、タレントの声優起用をすることでプロモーションの一環にして少しでも興行収入を得たい、という思惑があります。

タレントという知名度が高い人物を起用することで少しでも売上をあげたい、という思いがあるので仕方ないと思ってしまう部分はあります。

「声優のファンだってたくさんいるんだから、プロに任せてもプロモーションになるじゃん」という反論も聞こえてきそうですが、そこはまさにさじ加減…。

難しい問題だと思います。

これはプロとして活動している彼女だから、その気持ちもわからなくもありません。

しかしそれに反論した国分太一さんの理由もうなづけます。

お互いがお互いを助け合うからこそ、尊重しあうからこそ、成立するのがプロであって、けん制し、喧嘩しあってはお互いにとって得にはならないということを彼は言いたかったんだと思います。

持ちつ持たれつの関係でずっと続けばいいわけですから、彼女もここは柔軟な発想をもって対応するのがよかったのではと思います。

結婚離婚の話が続いていますが、こういった彼女の行動を見ても分かるような気もします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.