モデル・伽奈の旦那・結婚相手は?現在は何してる?

モデルの伽奈さんの結婚相手である旦那さんについて調べました。

そして、現在、伽奈さんは何をしているのでしょうか?

 

伽奈の結婚

モデルの伽奈さんは今年34歳。

その年齢ですと結婚していても不思議ではありません。

伽奈さんの結婚生活はどのようなものなのでしょうか。

 

旦那について

モデルとして活躍し、その姿はイケメンと評されています。

そんな伽奈さんの旦那さんについて調べたのですが、どうやら伽奈さんは結婚されていないようです。

スポンサーリンク

伽奈さんと言えば、カープ女子としても有名ですが、カープに恋してしまっていて現実的には結婚が遠のいてしまっているのでしょうか。

「さかなかな」というブログなどもチェックしてみたのですが、更新頻度が低い上、書かれているのはやはり野球の話が多かったです。

本当に野球一筋なのですね。

理想はカープの選手と結婚することなのかな?と思ったのですが、憧れは憧れのままにしておいたほうがいいこともあります。

 

結婚生活

伽奈さんの理想の結婚生活ってどんなものなのか?

気になったのですが、なにせ、ブログを始めTwitterやInstagram、facebookなどもされていないようなので、情報があまりにも少ないのです。

ここからは個人的な妄想の話になってしまいますが、伽奈さんはボーイッシュでイケメンなのですが、それって究極の美人とイコールだと思うのです。

髪の毛が長い人って、その髪の毛で七難隠しが出来て、雰囲気的には美人に映るのです。

ですが、ショートカットって隠すものは何もないですから、ショートカットが似合う人こそ本当の美人さんだと昔から定義されてきました。

ですから、彼女に釣り合う男性ってそうそういないと思うのです。

最低条件としては、やはり広島カープファンだという男性でしょうか。

伽奈さんと結婚ってあまり想像が出来ないのが本音です。

あまりにもミステリアスな雰囲気がありますし、クールな印象があるので、好きな男性の前ではどうなるのか、興味深くもあり、知りたくもないです。

モデルとしてもっと広く、高い世界で活躍して欲しいと思います。

ですからもし結婚しても、結婚生活を匂わせないプロに徹して欲しいとイチファンとしては思っています。

スポンサーリンク

 

伽奈の現在の活動

クールビューティな伽奈さん。

最近あまりお姿を見かけなくなりました。

どんな活動をしているのでしょうか。

 

過去の活動

現在の伽奈さんの活動も気になりますが、その前に伽奈さんは過去にモデル以外でどんなお仕事をしているのかについて調査してみました。

 

映画「プール」

その持って生れたクールビューティな伽奈さんの魅力に、先駆けて気付いた人が伽奈さんを映画の主役に大抜擢しました。

スクリーンデビューとなる「プール」について、瞳を輝かせて話す彼女は、時に少女のような健やかさをのぞかせてくれた。

「わ、私?なんで私?と思いました(笑)」

「とても人気のある作品のシリーズだったので、もちろん嬉しかったんですが、緊張や不安の方が大きくて。ロケ先のタイに出発する前の晩は、一人で『も~うダメだ!全然出来ない気がする・・・』って、本当に大変でした。

ほとんど寝られませんでしたね。演技をすることがまず不安で、次に映画の中に自分が溶け込むのかっていうのも不安で」

モデルから女優さんに転身された方は結構いますが、初めての時は伽奈さんでもド・緊張とプレッシャーがあったのですね。

ですが、映画主演で学ぶことも吸収することもたくさんあったようです。

私に演技ができていたとすれば、キャストやスタッフ、みなさんのおかげだと思います。

このチームは特別だし、このメンバーだから私でもなんとなかったのかなって。」最後まで決して奢らず、慎重な姿勢を崩さなかった伽奈さん。

人生無駄なことなど一つもないと言いますが、どこでどんなチャンスやきっかけが訪れるのか分かりませんね。

 

嵐のMV出演

これは割と最近の伽奈さんのお仕事ですが、嵐の「復活LOVE」という曲のMVに伽奈さんは出演しています。

嵐と言えば、日本で一番曲が売れるグループでもあります。

そんな嵐のMVに出演出来たことは、伽奈さんの存在感を見せつける絶好の場だったのではないでしょうか。

山下達郎さんが作曲し、妻の竹内まりやさんが作詞を手掛けた「復活LOVE」です。

「復活LOVE」は古き良き時代をMVで再現しているのですが、そこで生田斗真さんの彼女の役として、伽奈さんが出演しています。

モデルで培ったその整ったビジュアルと、女優として経験した表現するという部分が、プラスされていって今後のお仕事の幅も広がっていくことを期待したいです。

モデルだけで終わってしまうのはとても勿体ないですから、いち表現者として飛躍して欲しいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)