北野井子の元旦那や子供について。現在・消えた理由は?

今回は北野井子さんについてご紹介したいと思います。
衝撃の歌手デビューから早十数年が経過。
ビートたけしの娘は一体今何をしているのでしょうか?

 

北野井子の元旦那や子供について。

世界的映画監督・北野たけしさんの娘である北野井子さん。
顔はお母様に似ているのか、お父様とは似ていなくて、とっても美人な方なのです。

元旦那と離婚

2004年に北野井子さんが結婚した男性は一般男性で調理師をしている男性でした。
一般男性という事もあり、画像なども出回ってなく現在どうしているのかという部分に関しても不明です。

2005年3月9日に女児を出産しており、子供は1人いたのですが、お子様に関しては少し変わった形をたどられていて、離婚後に北野井子さんのお子様を養子縁組としてビートたけしさんが引き取っています。

この様な形をとったのは財産相続的な法的な問題、また若くして離婚してしまった北野井子さんを、再婚しやすい様に身軽にしたのではないか?との噂もされています。

北野井子さんは2004年、彼女が22歳だった時にできちゃった婚で調理師だった男性と結婚しました。
ということは…北野たけしさんにできちゃった婚を報告しに行った旦那様。
この時彼は世界一緊張してたに違いありません。

娘のわがままで離婚

その離婚の理由というのは、なんだったのでしょうか

スポンサーリンク

ビートたけしさん娘が元旦那を連れてきたそうです。

その際ビートたけしさん怒ったとも言われているようですがはじめはお金が目的だと思っていたとか?

1年後に離婚した元旦那はお金目当てではないことが明らかになりましたが。

ビートたけしさん、井子さんの元旦那に浮気しても離婚はするなと言っていたみたいです。

どうやら、北野井子さんと元旦那との離婚理由は井子さんのわがままだったみたいという方もいます。

最初はお金目当てなのか?と思われた2人の結婚でしたが、その疑惑は完全に晴らすことができたようです。
しかし2人はたった1年で離婚。
理由は北野井子さんのわがままだったのだとか…。
彼女はまだ22歳だったこと、そしてきっと相当モテたに違いないので、相手に翻弄されてしまったところがあったのかもしれません。

現在・消えた理由は?

1998年6月、満を持してX JAPAN・YOSHIKIプロデュース&楽曲提供によりタイトル「Begin」で歌手デビューした北野井子さん。
結果シングルは13万枚のスマッシュヒットを成し遂げます。

現在は無職

現在、仕事はしていないみたいで、生活費は父親のビートたけしさんに面倒を見てもらっているそうです

しかも、北野井子さん、父親を反面教師として同じ道を歩もうとしているのではと言う方もいます。

ただ現在は、親子ほどの年の差が有る愛人に飲めりこんでいるのが許せないのか、二人の仲は上手く行っていないのが現状です。

スポンサーリンク

「Begin」の歌を聞けば分かると思いますが、親の七光りというわけではなく、彼女は本当に歌が上手い女性でした。
北野たけしという父の影響力もあってか、デビュー曲はスマッシュヒットにまで登り詰めましたが、この時多くの人が「このままずっと歌手になる」と思っていたはずです。
しかし第二弾シングルを発売した後はしっかりその姿を消してしまったのです。

消えた理由

米国留学を機に消えた北野井子さんですが、藤圭子さんの娘である宇多田ヒカルさんが彗星の如く現れたことにより、話題を取られてしまいました。

宇多田ヒカルさんの圧倒的な歌唱力を目の前に、北野井子さんは限界を感じて引退を決意したとも噂されています。

なんと北野井子さんが消えた理由は、同じ時期に宇多田ヒカルさんがデビューしていたからだったということでした。
このことは全く知らなかったので、本当に驚きました。

北野井子のデビューから半年後、藤圭子の娘である宇多田ヒカルが彗星の如く現れ、一気に話題をさらわれてしまったんです。
宇多田は16歳で作詞作曲の実力に加え、桁違いの歌唱力を兼ね揃えていたため、北野は勝ち目ナシと判断し、芸能界を引退したのかもしれません。

素人からすれば、宇多田ヒカルさんもいいけど、北野井子さんもいい…2人同時にデビューしても成功していたような気がしてなりません。
まぁでも、そこはお父様の経済力があるわけですから、2枚のシングルを出したところで、彼女はある程度自分を試すことに満足し、あとはセレブ生活を謳歌しちゃおう♡なんて思っていたのかもしれませんね。

北野井子に対しての周囲の反応

最近ではメディアに出る事もなく、活動しているのかしていないのかすら不明で、話題に出る事も少なくなっていますが、それでも少なからず周囲からの反応はある様です。
「なんでかしらんが、昨夜からYouTubeでX JAPANを聴きまくっている。メロディが好きなんだよね…好きだと言ってしまった(笑)Yoshiki巡りをしていたら北野井子(たけしの娘)の「薔薇と緑」というめちゃくちゃ懐かしい曲にたどり着く。これすっげー好き。」

北野井子さんの歌は、独特な個性と強いメッセージ性があって、十数年たった今聞いても「いい曲だな~」と思わせるところがあるんですよね。
未だに彼女の歌が好き♡という人も結構多いと思います。

名前の由来

「井子」という名前は、ビートたけしさんの知人の美人ホステスにちなんだとされています。
1997年に父であるビートたけしさんの映画「HANA-BI」に出演して芸能界デビューを飾ったという井子さん。
井子が誕生した当時、たけし夫婦の仲は冷えており離婚を前提とした話し合いをしていたことに加え、父親がフライデー襲撃事件で前科がついたため、娘の成長に芳しくない環境になりうるであろうと判断し、母親の姓を名乗らせることにした。

北野たけしを父に持ち、悠々自適なセレブ生活を謳歌できるわけですから、名前の由来なんてまぁどうでもいいか…と思いたいところですが、まさか父の好きだったホステスの女性の名前から取って来たなんて…。
私なら即改名してしまうかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)