藤田朋子の旦那さんは桑山哲也。夫の仕事は?病気なの?略奪とは?

藤田朋子さんの旦那はどのような方か、また気になる職業などについて今回は記事にしてまとめてみました。

 

藤田朋子の旦那

藤田朋子さんの気になるご主人とはどういった方なのでしょうか。

桑山哲也さんは、日本で唯一のベルギー配列ボタンのアコーディオン奏者だったのです。

ぱっとみたらそんな感じもしないのですが、唯一このアコーディオン奏者だと考えるとすごいと思います。

これを演奏できるのはこの人だけだと考えるとすごいと思います。

高校時代は徒歩暴走族であったとWikiに記載されていました(笑)
徒歩暴走族は、豪雪地帯で冬場バイクに乗って暴走行為ができない時に行う迷惑行為らしいです。
高校時代は荒れていたのでしょうね。
今では全く考えられません。

暴走族とかそういう類の物については一番縁遠いとおもっていたのですが、これが事実とすれば、本当にびっくりですね。

桑山哲也さんは以前はやせておられたので、その当時ならばその姿というのもあっていたのかもしれません。

しかし、今となってはどちらかというと、優しそうな感じですので、暴走族は全く違った感じがします。

スポンサーリンク

時間の経過というのは本当にすごいものですよね。

 

馴れ初め

どうして2人は出会ったのでしょうか。

藤田朋子さんも趣味で音楽活動をされているということで、 お互いの趣味が合って、惹かれ合った。

やっぱりお互い共通のもの、趣味などが一致した場合は、急接近する確率も非常に高いと言えます。

また後は性格の相性などがあればバッチリだと思います。

そういう意味ではお2人はお似合いのカップルだといえますね。

 

仕事

気になるのはどうやって生計を立てているのかということですので、この点を調べていきます。

アコーディオン奏者を含めて、夫婦揃って現在、年に1回くらいのペースで「おしゃべりコンサート」と題したライブ活動を行っているそうです。
夫婦漫才をコンセプトにしているコンサートのようですよ。

おそらく彼の演奏でどれだけ食べていけるのかということについてわかりません。

しかし、こうやって藤田朋子さんと一緒にコンサートを開くというのはある意味話題性もありますし、面白いと思います。

これで食べていく点においても、十分やっていけるのではないでしょうか。

 

病気

もしかしたら病んでいるという話が出てきているようですが、この点について調べてみました。

腎結石が平均の3倍だったり、2㎜の脳動脈瘤も見つかったのです。
また高血圧も進行し、72キロだった体重も92キロに><
腎結石は手術で切除し、脳動脈瘤や高血圧は、食生活の改善もあって落ち着いてるとのこと。

これはちょっと心配事では。

自分でもおかしいと感じた時というのは危険です。

お医者さんから言えば完全に危険レベルだと思います。

スポンサーリンク

今は少しずつ改善してきているという事でほっとしていますが、まだまだ安心安全というわけではなさそうです。

 

食生活

桑山哲也さんは藤田朋子さんと結婚してからも、当時は500mlのコーラを毎日5本は飲んでいたと!

さらにタバコも空腹時を紛らせるつもりで、1日20本程も吸ったり、お酒も大好きという、かなり乱れた食生活でした。

だから桑山哲也さんは、すでに脳動脈瘤という症状が認められ、そのまま放置すれば、くも膜下出血につながりやすい体質だそうです。

やっぱり病気になるだけあって、暴飲暴食そして喫煙となれば、カラダを悪くするなというほうが無理ではないでしょうか。

パートナーがいるわけですから。少しでも長生きするためにも健康に気をつけて生活しなければいけません。

食生活の改善から少しずつ見直すことが大切だと私たちもこれを見て、考えなければいけませんね。

 

略奪

この単語が意味するものはいったいなんなのでしょうか。

略奪愛の文字が。
調べたところ、旦那さんには藤田朋子さんと結婚するより前に. お付き合いしている方がいて、婚約までしていたそうです。
しかし旦那さんは、藤田朋子さんと結婚することを決めたんですね。

藤田朋子さんを略奪したのではなく、逆だったという考えにおいてはすごいなと思いますよ。

略奪という言葉の印象はかなり大きいですが、本当にそういう意味では、事件といってもいいぐらい大きなことだったのではないでしょうか。

しかし今となっては良い結果となっていると思います。

そうして結婚して気になるのは子供です。

 

子供

お二人に子供はいるのでしょうか。

調べたところ、子供はいないようです。
40歳で結婚したので、年齢的にも厳しかったのかもしれませんね。

もともと2人の間には子供いらなかったのではないでしょうか。

もちろん子供を希望していたのかもしれません。

が、年齢で厳しかったと思いますし、むしろ2人だからこそ乗り越えていけるような気がしますよ。

これからの2人をずっと見守っていきたいものですね。

本当になごめるいいカップルだと思います。

老後なども楽しめるいい夫婦になりそうですね。

みんなの憧れの理想の夫婦になっているような気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)