栗原小巻の夫は誰?現在の生活や若い頃のキレイすぎる画像。

栗原小巻さんは現在でも独身なのでしょうか?

夫は?若い頃などのキレイすぎる画像を集めてみました。

 

栗原小巻について

くりはら こまき 栗原 小巻 本名 栗原 小巻(同じ)
生年月日 (1945-03-14) 1945年 3月14日(72歳)
出生地 日本・東京都 世田谷区 [1]
職業 女優 ジャンル 舞台、映画、テレビドラマ
活動期間 1967年-活動内容 1963年:俳優座養成所入所

栗原小巻さんは東京都世田谷区出身の女優です。父親は劇作家の栗原一登さんです。

父親について

父親のエピソードでは、日本大学藝術学部で同僚だった三浦朱門さんの話によると「子どもが生まれる、困りきったので小巻という名前にした」ということがあったそうです。

舞台について

栗原さんは当初はヴァイオリニストになろうとしていたそうです。

東京バレエ学校学校にも通っていたところ、演技の基礎が必要と教師にいわれ、同校を卒業したそうです。

スポンサーリンク

俳優座花の15期生の一人で、1968年チェホーフの「3人姉妹」で注目を浴びて舞台を主軸に活動を始めたそうです。

テレビドラマでも活躍

テレビドラマでは1964年の「虹の設計」にてデビューしたみたいです。

その後は「三姉妹」「樅ノ木は残った」「黄金の日々」などに出演しています。

 

映画初出演は?

映画の初出演は高橋治監督の「ゴメスの名はゴメス」で1967年に初出演しています。

ベッドシーンは?

栗原小巻さんの代表作のひとつで「忍ぶ川」は、加藤剛さん相手に大胆なベッドシーンを見せました。

1970年代には『戦争と人間』『いのちぼうにふろう』『サンダカン八番娼館 望郷』『八甲田山』と出演を重ねた。
『男はつらいよ』シリーズでは、『新・男はつらいよ』『柴又より愛をこめて』にてマドンナ役を演じている。

出演作品「いのちぼうにふろう」とは?

昭和四十四年七月、黒澤明、木下恵介、市川崑監督と「四騎の会」を結成した小林監督がならず者の世界に材を得て放つ時代劇。

「いのちぼうにふろう」のストーリーは

その「島」は四方を堀に囲まれていた。
その千坪ばかりの荒れ地は「島」と呼ばれ、島と街を結ぶ唯一の道は深川吉永町にかかっている橋だけである。
安楽亭は、その島にぽつんと建っていて、ここには一膳飯屋をしている幾造、おみつ父娘に定七、与兵衛、政次、文太、由之助、仙吉、源三が抜荷の仕事をしながら住んでいた。
安楽亭は悪の吹き留りであり、彼らは世間ではまともに生きることのできない無頼漢だ。
一つ屋根の下に寄り集りながら他人には無関心であり、愛情に飢えながらその情さえ信じない。
ある日、男たちに灘屋の小平から抜荷の仕事が持ち込まれた。
和蘭陀や唐から禁制品を積んだ船が中川へ入る。
定七らが小舟で抜荷した品物は安楽亭に隠匿し灘屋が客に応じて運びだす。
だが定七は小平に疑惑を抱いていた。
前回の仕事で小平が手引した時、仲間が二人殺されている

栗原小巻さんは作品の中で「おみつ」を演じています。

・サンダカン八番娼館 望郷

スポンサーリンク

作品の中では日本の女性の近代史を研究している三谷圭子を演じています。

旅行中、天草で偶然おサキさんという老婆と知り合いになります。

老婆はボルネオに出稼ぎしたいたもと「からゆきさん」であることを知ります。

原作はノンフィクション作家・山崎朋子の『サンダカン八番娼館-底辺女性史序章』(初版1972年)。
このノンフィクション作品は、明治時代に天草からボルネオのサンダカンにいわゆるからゆきさんとしてわたった女性への聞き取り調査を基にしている。

多くの賞を受賞

70年代に入ると舞台女優としての評価も高まります。

多くの賞を受賞しています。

ロシア(旧ソ連)との繋がりも深く、1981年には日本で初めてソ連の演出家(A・エーフロス)を招いて行った舞台公演『櫻の園』に主演した。
日ソ合作映画にも主演(『モスクワわが愛』(1974年)、『白夜の調べ』(1978年)、『未来への伝言』(1990年))。
『未来への伝言』では企画も担当した。読書アンケートでも、愛読書の一つにレフ・トルストイ『戦争と平和』を挙げている。

歴史的女優ですね。

中国映画に出演

1991年には中国映画「乳泉村の子」にも主演し、日本中国文化交流協会代表理事も務めるなど中国との繋がりも深い女優さんです。

熱狂的な男性ファン

玄人受けする演技力と現代的美貌から熱狂的な男性ファンが多く、吉永小百合ファンが「サユリスト」と呼ばれたのに対し、栗原小巻ファンは「コマキスト」と呼ばれた(奇しくも吉永とは生年月日が1日違い)。
アイドル的存在として人気を二分したが、中年以降、吉永が映画を主軸に据えているのに対し、栗原は舞台を主軸としている

現在の生活について

栗原小巻さんはこの頃はあまりメディアには登場しておられないようです。

2014年に第27回東京国際映画祭の提携企画の「2014年・中国映画週間」のイベントにお見かけしたということでしょうか?

林隆三さん訃報に

2014年の林隆三さん訃報には

林隆三さんは、俳優座でも親しい同期だったといいます。
「悲しみに胸がつぶれそう」と悲痛な思いがあったようです。

NHKの大河ドラマ「黄金の日日」では、共演したこともあり、ニックネームで呼びあえる親しみやすさがあったといいます。

栗原小巻さんとバレエ

栗原小巻さんは東京バレエ学校で学んでいます。

女優への道を進むと、バレエのレッスンに通うことが困難になってしまいます。

バレエを踊っているときには、ロシアを訪れる機会は一度もありませんでした。

しかし、ロシアでの日本映画祭に「愛と死」で初めてロシアを訪れる機会を手にします。

ジゼルを踊る

その後は1974年に「モスクワわが愛」を撮影し、映画の中でボリショイ劇場で「ジゼル」を踊ることになります。

「ムスクワわが愛」は日ソ合作映画で、単身ムスクワに渡ったb日本人バレリーナの物語です。

ボリショイ劇場でレッスン

周囲はすべて「ジゼル」舞台出演のボリショイのダンサーでした。

撮影のために、3か月半ボリショイ劇場にレッスンに通ったそうです。

10年間も中断していたバレエを、ボリショイでレッスンを受けることが楽しかったようです。

結婚しているのでしょうか?

栗原小巻さんは、現在結婚されているのか気になるところです。

調べてみるといまだ独身だそうです。

若い頃には、コマキストとよばれる熱狂的なファンが多かった小巻さん。

現在は72歳で今でも現役として活躍されているみたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)