木野花に旦那はいるのか?結婚しているのか?若い頃の画像。

個性派女優といわれる木野花さんは結婚しているのでしょうか?

旦那様は?若い頃の画像などを検索してみました。

 

木野花さんはどんな人?

木野 花(きの はな、本名;木野目 留美子、1948年 1月8日 – )は、日本の女優及び演出家。
青森県出身。
吉住モータース所属。
青森県立青森西高等学校、弘前大学 教育学部美術学科卒業。
身長160cm、血液型はA型。

木野花さんは女優で演出家です。

弘前大学教育学部美術家を卒業したあとに、中学の美術教師なります。

しかし、1年で退職後には上京して演劇の世界に入ります。
女性だけの劇団「青い鳥」を結成。
80年代の小劇場ブームの旗手的な存在となります。

現在は女優、演出家として活躍しています。

スポンサーリンク

幼少時代〜
・幼い頃、祖父母にとてもかわいがられて育った。その頃は目立ちたがり屋だった。
・5歳の時、両親が離婚して母親に引き取られ、青森に引っ越した。
・小学校〜高校時代、母親が洋裁の仕事で生計を立てる事で精一杯で構ってくれなかった。
愛情に餓えて反抗していたが臆病だったので不良にはなれなくて読書の世界に現実逃避。

壮絶な生い立ちだったんですね。

演出家としても活躍!!

木野花さんは演出ではとても厳しい方で、役者さんに対しても「死ぬ気でやってなかった」と包丁を投げつけたこともあるそうです。

それは「驚く演技ができていなかったので、脅かすつもりで投げつけてみた!」ということだったらしいです!

木野花さんが演出されたお芝居は、舞台の作品が主になっています。

1974年、26歳の時、そこで知り合われた女性5人で、劇団「青い鳥」を結成され、

翌年の1975年、「美しい雲のある墓の前」で、旗揚げ公演をされています。

以降、1980年代の、小劇場ブームに乗って活動され、アングラ演劇の代表的存在となられたのでした。

自ら劇団を立ち上げるとは女性でも根性がありますね。

木野花さんの演出作品がスゴイ!

映画では、

1988年「会社物語 MEMORIES OF YOU」
1989年「北京的西瓜」
1992年「病は気から 病院へ行こう2」

2003年「ばかの箱船」
2004年「ヴィタール」
2007年「世界はときどき美しい」
「素敵な夜、ボクにください」

2009年「童貞放浪記」
2010年「必死剣鳥刺し」
2011年「ホームカミング」
2013年「ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル」
2015年「猫侍 南の島へ行く」「娚の一生」

一度、見てみたいと思いますよね。

何回も結婚してるって本当?

結婚は3回して3回とも離婚に至っているといった経歴の持ち主です。

そのような経歴を「結婚は自分には向いていなかった」と自信で話しておられます。

結婚相手については、明かされてはいませんが、木野花さん自身「もう結婚はいい」と語っています。

スポンサーリンク

実は創価学会員だった?

久本雅美さんとも共演されています。
久元さんは創価学会に入会されているみたいで、もしかしたら木野花さんも入会しているのではないかという方もいますが、木野花さんは学芸員ではなさそうです。

本名

木野花さんとはとてもメルヘンチックなお名前ですが、本名は木野目 留美子さんとおっしゃるそうです。

木野花とは「このはなさくやひめ」の意味合いに似ていて、で富士山にいらっしゃる神様だそうです。

コノハナノサクヤビメを祭神とする富士山本宮浅間大社には、竹取物語とよく似た話がその縁起として伝わっている。

また、

神話では、日向に降臨した天照大神の孫・ニニギノミコトと、笠沙の岬(宮崎県・鹿児島県内に伝説地)で出逢い求婚される。
父のオオヤマツミはそれを喜んで、姉のイワナガヒメと共に差し出したが、ニニギノミコトは醜いイワナガヒメを送り返し、美しいコノハナノサクヤビメとだけ結婚した。

浅間神社の総本山である富士山本宮浅間大社の社伝では、コノハナノサクヤビメは水の神であり、噴火を鎮めるために富士山に祀られたとしている。
また、この説話から妻の守護神、安産の神、子育ての神とされており、コノハナノサクヤビメにちなんで桜の木をご神木としている。

信仰を名前にするのはいいことです。

あまちゃんにも出演してた?

最近のテレビ出演ではNHK朝の連続小説、「あまちゃん」に出演されて、あまちゃんから「メガネ会計ばばあ」と呼ばれていたみたいです。

木野さんは、このドラマがブームになるとは思ってはいなかったそうです。

でも、朝ドラというよりは、軽くドラマの枠を超えている感じもあったそうです。

「自分も出ているのに、ファンになってしまった」そんな楽しみがあったそうです。

個性派女優の地位を確立。

木野花さんはアングラ演劇出身で、メガネなどは欠かせないようで、独特の雰囲気を出されることがあります。

子供はいるのか?

木野花さんは結婚歴があっても、子どもさんの情報については確認できてないみたいです。

私生活
・好物…和菓子。
・健康法…半身浴・足浴(冷え性が治った)。
・テルミー(針灸医が使う温灸ローラー)を愛用(=03.12現在)。
痛みや凝りがある部分に当ててゆっくり動かしてツボを刺戟する。
頭が疲れている時は頭頂部、喉が疲れている時は喉、体全体が疲れている時は足裏に当てる。
入浴後にテルミーを使うとよくリラックスしてよく眠れる。
・1年に1回断食してミルマグ(便秘治療薬)で宿便を出す。
・100%天然の椿油を入れたお湯で髪の毛をすすぐ。40歳から続けている。
・自家製のびわの葉ローションを愛用。
スキンケアの仕上げに使う。スプレー容器に入れて常時携帯。
若い頃は乾燥肌だったのが治った。
・コンタクトレンズが体質に合わない。
・自宅のベランダで観葉植物をたくさん育てている(=07.07現在)。
・住んでいる所…東京都・根津(25年住んでいる=13.10現在)。
・89歳の母親と同居中(=13.10現在)。
・毎朝近所の喫茶店でコーヒーを飲む。2〜3時間台本を読む事がある。昔風の喫茶店が好き。
・時々ハメを外す。
・人から指図されるのが大嫌い。
・3回結婚して3回離婚した。

いろいろと個性が強い女性のようですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)