高橋洋子の旦那と結婚!子供は娘がいるの?

今回は歌手の高橋洋子さんについてみていきましょう。

 

高橋洋子について

高橋洋子さんは、有名歌手のバックコーラスなどをつとめたのち、バラードシンガーとしてソロデビューを果たします。

YAWMIN(ヤーミン)名義で『らんま1/2』の曲を歌ったり、『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマで一気に知名度を高めました。

その後も数々の楽曲に参加し、高い歌唱力で人気を博しています。

そんな高橋洋子さんの旦那や子供について、調べてみました。

 

高橋洋子の結婚した旦那は誰?

高橋洋子さんは結婚していて、旦那さんがいらっしゃいます。

すでに50歳という年齢から考えると、結婚していてもおかしくないですよね。

スポンサーリンク

じゃあ、いつ頃結婚したか?とか、旦那は誰か?と言う情報はありませんでした。

一般人と結婚している場合は、詳しい情報がない場合が多いので一般の人と結婚したんでしょうね。

高橋洋子はメジャーデビュー前、様々なアーティストのバックコーラスを務めていたようで、 久保田利伸、松任谷由実、今井美樹、斉藤由貴など多数に渡るそうです。

ちなみに、高橋洋子は1991年にメジャーデビューし、1994年頃には半年間のロサンゼルス音楽留学を経験し、帰国後はエヴァンゲリオンの企画に参加してますよ。

留学直後から仕事があるというのは実力を認められた証拠ですね。

結婚して女性としての幸せを手に入れただけでなく、仕事もかなり順調のようですね。

お相手が気になるところですが、一般の方なのか、有力な情報はありませんでした。

高橋洋子さんの本名は『塚本洋子』さんだそうで、結婚して旦那さんの苗字になったことを考えると、『塚本さん』が旦那さんの苗字なのですね。

「高橋洋子」というのは旧姓で、本名なのかもしれません!

 

高橋洋子と旦那との間には子供がいる?

一般人と結婚した高橋洋子さんですが、旦那さんとの間にはお子さんがいらっしゃいます

しかし、旦那さんと同様名前や齢などの詳細情報は全くありませんでした。

性別については、娘さんということが分かっていますが、お子さんは芸能の道に進んでいなさそうですね。

そんな、高橋洋子はエヴァンゲリオンとの繋がりが多いですが、らんま1/2の主題歌も担当していたようですね。

あまり有名でないのはYAWMIN(ヤーミン)と言う名義で活動をしていたからではないでしょうか?

それともエヴァンゲリオンが有名過ぎたのか?

代表作は必要ですが大きすぎると一発屋みたいになるので難しいですね。

スポンサーリンク

高橋洋子は実力があるシンガーなのでこのテレビ出演を機にまた盛り上がるでしょうね。

高橋洋子さんは良き奥さん、そして良き母親として充実した人生を送っているようです。

お子さんは2018年時点で21歳になるそうなので、30歳前後に出産しているということになりますね。

 

高橋洋子の年収がすごい?

「残酷な天使のテーゼ」という超ヒット曲を歌っている高橋洋子さん

カラオケでも必ず上位ランキングに入っていますし、エヴァンゲリオン世代でなくとも一度は聞いたことがある曲ですよね。

そんな高橋洋子さんの年収がどれくらいなのか、気になるところですね。

歌手が受け取れる金額は1%~3%程度と言われており、実績がない歌手の場合はおおむね1%が相場。

ただし自身で作詞、作曲を行った場合は作詞印税、作曲印税も併せて得ることができます。

作詞印税は1.4%程度、作曲印税1.4%程度と言われています。

作詞作曲から歌い手まで全てご自身で行った場合は約4%~5%程度。

カラオケに関しては、歌手だと歌唱印税のみで契約次第ですが、カラオケの印税は入らないことが多いそうです。

作詞をされた及川眠子さんは過去にテレビで「印税はすごい」「年収3000万を切ったことはない」と発言されていました。

及川さんは作詞されているのでカラオケの印税も入りますから高橋洋子さんの印税収入はこの金額よりは下になるかと思います。

しかしカラオケ以外でも使われることは多く一定の収入はずっとあったのだと思います。

やはり作詞作曲を手がけている人に比べると、歌っているだけの高橋洋子さんの年収は数百万円くらいだと思われます。

残酷な天使のテーゼと魂のルフランが再リリースされたことですし、今度もっとテレビで活躍するかもしれませんね!

 

高橋洋子の現在について

高橋洋子さんの現在は、変わらず歌手として活躍中です。

最近では鷺巣詩郎さんが手掛けたアルバム『SHIRO’S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music』を3月22日(水)にリリースされたアルバムに高橋洋子さんも参加されたようです。

高橋洋子さんは『鷺巣詩郎 featuring 高橋洋子』ということで「TENSIONS – he who pays the piper」という新曲を発表されました。

その中には『新世紀エヴァンゲリオン』の劇中曲『EM20』をヴォーカル曲としてアレンジされたもののようで気になりますね!

同日に発売される高橋洋子さんのシングル曲「Welcome to the stage!」の収録曲「TENSIONS – welcome to the stage」とは別ヴァージョンとのようです。

今後も歌手として、さまざまな作品をリリースしてほしいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)