宮田早苗の夫で結婚相手は誰?子供はいるの?

今回は女優の宮田早苗さんについてみていきましょう。

 

宮田早苗について

宮田早苗さんといえば1990年に東京乾電池劇団へ入団し、活躍の場を映画やドラマ、CMへ広げています。

「ナースのお仕事」「刑事ゆがみ」「おくりびと」「ハッピーフライト」など、話題作にも多く出演しています。

今も女優として輝き続けている宮田早苗さんですが、気になるその旦那や子供について、調べてみました。

 

宮田早苗の結婚した旦那は誰?

母親役の印象が強い宮田早苗さんですが、プライベートではご結婚なさっているのでしょうか?

今のところ結婚しているという情報は無いようです。

ドラマや映画で母親役を演じることが多いでの、結婚しているイメージが強いですが、公にされている情報だけですと、結婚していると断定することは出来ませんでした。

スポンサーリンク

しかし、結婚していることを敢えて隠している女優さんもいますので、何とも言えなませんね。

公式の情報だと、結婚はしていないようですね。

 

宮田早苗は結婚していて子供がいる?

先ほど結婚していないことがわかった宮田早苗さんですから、お子さんも当然いませんね。

母親役として子供に囲まれる姿も多い印象ですが、プライベートではお子さんはいないようですね。

1962年生まれの56歳になる宮田早苗さん。結婚や出産についてはもう考えていないのかもしれません。

 

宮田早苗のCMが泣ける?

宮田早苗さんが出演したCMで話題になったのが2014年に放送された「ニビシ醤油」のCMです。

ニビシ醤油による“母の手料理の、涙が出るような美味しさ”を描いたCMが「泣ける」と話題だ。

11月9日に開催された「第1回福岡マラソン2014」の中継内で、地上波により1日限りで放映されると、ドイツにサッカー留学した“息子”と日本で心配する“母親”の心情に涙した視聴者も多い。

ネットでも「ニビシのCM泣ける」、「号泣 あれはずるいー!」と反響があった。

そのCMが特設サイトで公開されており、120秒バージョンや6分のロングバージョンも視聴できる。

ここまで反響が出たCMは、福岡県古賀市に本社を持つニビシ醤油株式会社が手がけたもの。

新スローガンとなる“こころに、ごちそうを。”をテーマにCMを制作し、完成したCM『こころに、ごちそうを。「母の手紙」篇』の60秒バージョン。

福岡マラソン中継内でオンエアしたところ、かなり大きな反響がありました。

スポンサーリンク

 

宮田早苗が出演した「ニビシ醤油」CMが大好評!

福岡で1日だけ放送されたCMのようで、放送されるやいなや動画が拡散され、多くの人の涙を誘いました。

CMの主人公は母親とその息子。

ドイツにサッカー留学した息子を日本で1人暮らす母親が心配する。

そして、海外旅行などまともにしたことがない母がとった行動とは…

地上波でCMを見た人々からはツイッターで「母の味が恋しくなった。大阪帰りたい」、「高校で留学したてだった頃思い出す やっぱおかんはすげーなと」といった反響があった。

実はこのCM、カンヌ国際広告祭やロンドン国際広告賞など国内外で数々の賞に輝いた『JR九州の九州新幹線全線開業「祝!九州縦断ウェーブ」』のディレクターを務めた田中嗣久(たなかつぎひさ)氏の監督による作品だ。

この監督の泣かせる作品には定評があり、多くの人がTwitterなどでこのCMについてコメントしました。

・あの頃は、小さくて泣き虫だったのに幼稚園の服を着て、泣いて母にすがる息子の姿。

手がかかったあの頃の息子は、今は記憶の中だけ・・・

子を持つ親なら、この儚さに涙が出ますよね?

・結構昔からよく見る女優さんで、以前は美人というより個性的 な人として好きでしたが、息子を想う母親の姿…もの凄いハマり役じゃないですか。

こんなにも、質素な暮らしや息子を想う姿が似合う方だとは思いませんでした。

このCMを見て改めて宮田早苗さんに注目する方が増えたようです。

さらに、撮影は、映画『桐島、部活やめるってよ』の近藤龍人(こんどうりゅうと)氏というから納得する。

「この俳優さん誰ですか?」と視聴者も気になる母親役は女優の宮田早苗で、数々のドラマや映画、CMに出演経験のある彼女だからこそ、あの心に沁みる空気感を出せたのだろう。

息子役については今のところ情報がないが、このCMをきっかけに活躍してくれそうだ。

これをきっかけにますます優しい母親役が増えそうですね!

 

宮田早苗の経歴について

宮田早苗さんは1990年より劇団東京乾電池に所属しました。

1993年「三人姉妹」、2002年「夏の夜の夢」、2005年「長屋紳士録」などの舞台に立つ。

2007年テレビ東京ドラマ「BOYSエステ」、2008年フジテレビドラマ「鹿男あをによし」、2009年フジテレビドラマ「ありふれた奇跡」にレギュラー出演する。

かなりコンスタントに有名作品に出演しているようですね。

2011年映画「八日目の蝉」、2012年「家をたてること」2015年「風に立つライオン」に起用される。

2016年には読売テレビドラマ「ドクターカー」、NHK-BSプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」に出演した

最近でも山崎賢人さん主演で話題になった『グッド・ドクター』や、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(御法川修監督)など、数々の作品に出演しています。

今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)