沢樹舞は夫と結婚して妊娠してる?料理教室が好評?

元ファッションモデルで、現在はワインアドバイザー、エッセイスト、ラジオパーソナリティとして活動している沢樹舞さんについてご紹介しています。

それでは、ご覧下さい。

沢樹舞の結婚について

結婚しているのでしょうか?

それでは、調べてみましょう!

リサーチしてみた所、結婚に関する情報が少ない方です。

Wikipediaにも、結婚や夫に関する記載はありませんね。

 

妊娠している?

旦那さんの存在は不明ですが、お子さんはいるのでしょうか?

スポンサードリンク

やはり調べてみても、妊娠や出産に関する情報は見当たりませんね。

旦那さんやお子さんについての存在は、公表していないようです。

 

沢樹舞について

1969年8月29日 、富山県魚津市出身の方ですので、今年49歳になっています。

どんな女性なのでしょうね。

1989年モデルデビュー。

12年間、ファッションモデルとして、内外のコレクションや広告、雑誌で活躍。

フランス滞在中にワインの魅力に触れ、帰国後、モデル業の傍ら本格的にワインを学ぶ。

1998年(社)ソムリエ協会ワインアドバイザーを取得。

その後、モデルを辞めているそうです。

2000年モデルを引退、ワインの専門家に転身。

イタリアンレストランのソムリエ、服部栄養専門学校の講師を経て、現在は自由が丘ワインスクール、イベントやセミナー、講演会等で全国を駆けめぐる日々。

家庭で気軽に楽しめる2.000円以下のデイリーワインのスペシャリストでもあり、ワインのある暮らしの楽しさを伝える伝道師として日々情報発信をしている。

2005年には最も有名なシャンパンブランドモエ・エ・シャンドンの推薦を受け、シャンパーニュ騎士団より騎士=シュバリエの称号を受ける。

ワインがお好きなようですね。

 

今までの活動は?

どういった活動をしてきた方なのでしょうね。

著書
ミキータのひとびと(マガジンハウス、2000年)
3センチのコンプレックス・壊れそうな自分(講談社、2001年)

ラジオ
FMとやま 沢樹舞 MOVE ON(1996年~2003年)
FMとやま TOKYOア・ラ・モード(2003年~2005年)

CMへも出演していますよ。

ジュートピア富山

日本海ガス

メルセデス・ベンツ ナレーション

フォンテーヌ ナレーション

ナチュラル工房

連載活動もしているそうです。

『ワイン王国』 デイリーワイン×究極のお取寄せ 季節の極上マリアージュ!(ワイン王国)

『婦人画報』 沢樹舞さんが着こなす大人のリアルクローズ(アシェット婦人画報社)2007年1月~

『Lapita』 沢樹舞の銘醸「ひと口惚れ」ワイン(小学館)

『Takt』 沢樹舞のスウィート・エッセイ(シー・エー・ピー)

北日本新聞朝刊 元気が出る人生コーナー(北日本新聞社)

今までマルチな活動を経てきたみたいですね。

現在、他にも活動の幅を広げているそうですよ。

 

料理教室が評判!

現在は料理教室を開いているそうです。

スポンサードリンク

2007年より、食をテーマしたWEBサイトたべるのをスタートさせ、 食卓が中心にある21世紀のライフスタイルを発信している。

また企画・構成・出演を務める料理番組沢樹舞のおいしい時間の放映も好評。

どういったテーマで料理教室を運営しているのでしょうね。

【ますます輝いて生きていくために】

【ますます美しく成熟するために】

【殿方のためのワイン講座】

【アウトドアに合うワイン】

【新聞の人生相談が教えてくれたこと】

【食の大切さ】

【食育について】

食を通じて様々な想いを伝えているようですよ。

 

料理教室が始まって4周年!

今年、料理教室が始って4年との事ですよ。

沢樹舞の料理教室、7月のレッスンが無事に終了しました。

4周年を記念した今月のテーマは「モダンオーストリアキュイジーヌ」

料理教室では、様々な事柄を学べるようです。

お料理は、というと。

まぁ、モダンオーストリアキュイジーヌ、と言っても、一言で説明できないように、1つのレシピや1回のメニューで「これだ!」と表するのはいささか無理がありますが、この冬に、ラムバサダーに任命されオーストリアに研修に訪れた際に、肌で感じた「今」のオーストリアの食文化を、わたしの感性でリミックスして表現してみました。

料理への想いをもう少し見ていきましょう。

自分自身で畑を耕し育てた野菜、仲間が作る素晴らしい食材、日本や世界を旅して出会った美味しいもの、クリエイティブなシェフ達の仕事。

それらを、いったんわたしの身体で受け止め、咀嚼して、敢えて「家庭料理」に落とし込む。

難しそうですが、初心者でもできますか?

誰にでも必ず再現できる簡潔なレシピに再構築する。

こうして生まれたわたしのレシピは、必ずや食卓を豊かにし、笑顔を増やす一助になるはず。

これがわたしの料理に対する理念であり、願いでもあります。

それを目の前でお伝えし、食べて確かめていただくために、わたしは料理教室を運営しています。

素晴らしい概念で料理教室に取り組まれていますね。

今後の意気込みはあるのでしょうか?

巷には数多の料理教室がありますから、わたしの料理教室が気にいる方とそうでない方がいると思うのですが、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう新たな一年も精一杯頑張って参ります。

どうぞよろしくお願いします!

気になった方は料理を学んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)