友野なおは旦那と結婚したが離婚した?睡眠日記とは?

今回は睡眠コンサルタントの友野なお(ともの なお)についてみていきましょう。

 

友野なおについて

睡眠コンサルタント・産業心理カウンセラーとして、睡眠に関する悩みに向き合っている友野なおさん。

大学時代から睡眠を研究し、修士号を取得したのち日本睡眠学会の会員となります。

自身が睡眠を改善した結果、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究しています。

2004年ミス日本を受賞した美貌も持ち合わせており、中から美しくなるをモットーに、各メディアで普及活動をしている友野なおさん。

気になるその私生活について、調べてみました。

 

友野なおの結婚した旦那は誰?

友野なおさんは、結婚していて旦那さんがいます。

スポンサーリンク

2人の間には、娘さんが1人います。

先日、予定日より1日早く、無事に元気いっぱいの女の子を出産いたしました。

産声を聴いた時、言葉には置き換えられないほどの喜びと感動で涙が溢れて、赤ちゃん以上に泣いてしまったのではと思うほど号泣してしまいました。

妊娠中、たくさんのお仕事に携わらせていただきながらも、心穏やかに、体調を崩すこともなく幸せいっぱいに過ごせたのは、ひとえに支え続けてくれる主人や家族、友人たち、そしてお仕事をご一緒させていただいた皆様のあたたかなご配慮のおかげであったと、心から深く感謝しております。

授かった奇跡。愛情いっぱい、大切に大切に育んでまいりたいと思います。

残念ながら旦那さんの職業や年齢などは不明ですが、頻繁にブログに登場し、仲睦ましい様子が見れます。

 

友野なおと旦那は離婚している?

友野なおさんと旦那さんは離婚の噂がありますが、ガセネタのようですね。

3連休、いかがお過ごしですか?

私は相変わらず仕事がたんまりですが、平日は育児と仕事と家事で隙間時間が一切ないので、3連休は家族でお出掛けをしたり、実家の家族を招いてお食事会をしたりなど、大切な人たちとの濃厚な時間を楽しんでいます。

家族団らんの様子をたびたびブログに載せていますので、離婚の事実はないでしょう。

 

友野なおの睡眠日記とは?

友野なおさんは睡眠習慣を改善するために大事なこととして、自分の眠りを客観的に、視覚的に把握することができる睡眠日記を推奨しています。

睡眠をレコーディングする「睡眠日誌」を活用すると、自分の眠り習慣やクセが可視化されます。

スポンサーリンク

『眠活メソッド』に沿って就寝前の寝室、就寝中の寝具、起床後の過ごし方にこだわると、睡眠の質が格段に上がり、睡眠時間が単なる「無」の時間から体内をメンテナンスする「エステ時間」に変わるのです。

1人でも多くの方が「眠りから笑顔になる!」を目指し、最新情報をお届けしてまいります。

いまはアプリなどでも自分の睡眠状況を把握することができますもんね。ぜひ試してみたいです。

 

友野なおの美の秘訣は?

その美しい見た目から、さぞかしハードなトレーニングをしているはず・・・と思いきや、現在は仕事と育児の両立で運動する時間がなく、日常生活のちょっとした工夫でトレーニングをしているようです。

寝る前のストレッチくらいはやっていますが、今は仕事と家事と育児の両立で、なかなか運動のための時間を取ることができなくて…。できるだけエレベーターやエスカレーターを使わないなど、意識的に歩くことを心がけています。

あとは、歯磨きをしながらお尻に力を入れて筋肉を鍛えるとか、娘を抱っこしているときに、スクワットをしたりとか(笑い)。生活の中に“ながら”運動を取り入れて、時間がないなりにできることを実践していますね。

時間栄養学の観点から、起床1時間後以内に必ずたんぱく質を。そのほか、いろんな栄養素を摂ることできるので、我が家では朝食に必ずバナナを食べています。

運動だけでなく、良質な食事をとることにより、今のスタイルをキープしているのですね。

育児に追われている現在も、0時に寝て朝7時に起きるという生活リズムを守っているのだとか。

質のいい睡眠をとるには、スムーズな入眠も重要。そこで、専門用語だと「入眠儀式」とよばれる、眠りのスイッチを入れるための習慣づけをしています。

自分で決めたルールならなんでもいいのですが、私の場合はパジャマを着ることを「入眠儀式」にしています。お風呂から上がったら、寝る支度を調えてからパジャマを着ます。

すると体が睡眠モードになるので、寝つきよく就寝できるんです。

すぐに真似できそうなちょっとした改善で、睡眠の質がよくなるのですね。

 

友野なおの経歴は?

友野なおさんは14歳から6年間、単身イギリスへ留学し、パブリックスクール「The Licensed Victuallers School」を卒業しています。

帰国してからは法政大学国際文化学部に在学し、その間にスペインのバルセロナ大学へまたもや留学します。

海外での豊富な経験を活かして、今の睡眠コンサルタントの地位を築いていったのですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)