青木光恵の夫は?娘の大学は?離婚の噂が!西原理恵子との関係は?

青木光恵の夫はだれなのか、また気になる娘の大学はどこか、さらには離婚の噂など西原理恵子との関係も含めまとめてみました。

 

青木光恵の夫は?

青木光恵さんの旦那さんとはどのようなかたなのでしょうか。

自らを「読み捨てされる作家」と称する漫画家・青木光恵さんもその1人。

1993年、当時雑誌編集者として活動していた小形克宏と結婚。

2000 年代前半から慢性的な腱鞘炎などの持病などにより、時折連載を休載するなど仕事を休んでいた。

他の作家さんとは違って自分のかいたものは、いろいろな方に読んでもらいつつも、買って自宅に置いておきたいと思うひとが少ないということで、みずから自虐的な言葉として「読み捨てされる作家」と考えたようです。

それが原因かどうかわかりませんが、おおきな病もして、とても落ち込んでいた時もあったようですが、その時の編集者として一緒に頑張ってこられた方が人生の伴侶になるという事はとてもすてきなことだと思います。

それから彼女の運命が変わったといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

結婚してから

夫の小形克宏さんと二人三脚で2013年11月から個人電子雑誌『スマホで光恵ちゃん』(以下、『すまみつ』)を、ブクログの電子書籍出版プラットフォーム「パブー」やAmazonのKindleストアで定期的に発行している。

その夫は大塚英志とともに「漫画ブリッコ」の編集にたずさわる(当時は「おぐゎた」名義)。

フリー編集者として数々の漫画関係書の編集を行い、また、夏目房之介の漫画評論活動のブレイン的役割を果たす。

文字コードについての研究・執筆を行っている。

こうやってみると、作家である彼女を立てて、自分は編集者として頑張っているというよりも、どうすれば彼女の個性を最大限生かすことができるのか、また自分の持っている能力を最大限生かすことができるのかということでがんばってこられたのではないでしょうか。

そして、いかんなくその才能を発揮されている旦那さんだと思います。

フリー編集者としていろいろ漫画の編集を行っているところからも、すごくやり手だということが感じられます。

ですので青木光恵さんが彼と結婚して非常によかったなという事が、ここでうかがい知ることができるのです。

 

娘の大学はどこ?

気になる娘さんの大学はどこでしょうか。

いじめが原因で中学2年で完全不登校に。

スポンサードリンク

体調不良、不登校で内申点がもらえず成績がオール1、という逆境を乗り越えてなんとか第一志望の公立高校に進学してめでたく卒業。

2016年4月より大学に進学し、現在は女子大生としての生活を満喫中。

なぜ娘さんのことがここで取り上げられるのかといいますと、青木光恵さんが書いた本の中で、娘さんの成長記録みたいなものがあるからです。

いじめられたことが原因で不登校になり、その後実は大学に行ったからこそ、一体どこの大学に行ったのかという興味があるからです。

そこで,娘さんは花の大学生活を楽しんでいるわけですが、どこの大学にいったのかを調べてみました。

どこの大学かは分からないな、調べたら分かるんだろうけど。

それが分かったらまた不登校とかになるかも。

そっとしておくのがいいのでは?

幾ら調べても彼女がどこの大学に通っているのかということはわかりませんでした。

むしろ徹底的に知られている人がいて、どこの大学かという事を把握している人もいるかもしれません。

しかし、彼女が過去に学校に通うことなく辛い経験をしていたにもかかわらず、自分で頑張って大学に行ったという事ですので、ここはそっとしておくべきではないかなと思います。

ですので、ここではこれ以上追求しないようにしました。

 

離婚の噂の真相は!

さて、離婚のうわさがでていますが、実際は銅なのでしょうか。

娘さんの不登校よりも、 作者が旦那さんと既に離婚していて、母子家庭になっていたということに少し驚きました。

このように書いてあるものを見つけましたが、これが実際にあっているのかまでは確定できていません。

二人三脚で歩んできた2人だからこそ、いろいろ乗り越えてきた部分があると思いますので、離婚というのが事実かどうかというのはいまだわからないところです。

 

西原理恵子との関係は?

西原さんとの関係について調べてみました。

西原理恵子と親しかったことがあり、西原の無頼派エッセイ漫画に登場したことがある。

ここで見たらわかる通りお互い親密な関係があることがわかりますね。

漫画の中にだしてくるぐらいですから相当だと思います。

西原さんとこのぴよちゃんと2人で川崎で焼き肉ランチしたんだけど、美味かったな。

「西原さんの作品に出てくるみつえちゃん」と「青木光恵さん」を混同するやつがいて困るという話題、読んでて笑いました。

旦那の持ってた「裏ミシュラン」見て、よく青木さん怒らない(と言うより耐えてる)と思いましたもの。

こうやってみてもお互いの仲の良さが伝わってきます。

いろいろ面白おかしく書かれていても、彼女がおこらない点からも親密度がよくわかりますね。

青木さんがこれから漫画家としても、女性としても活躍されることを本当に心から願うばかりです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)