桑子真帆アナの旦那の谷岡慎一アナとの離婚理由はフライング?結婚の馴れ初めは?

桑子真帆アナの旦那の谷岡伸一アナとの離婚理由とは一体どんなものだったのか。また、結婚に至るまでの馴れ初めとは?今回は二人の出会いと別れについて書いてみました。

 

桑子真帆アナについて

2010年にNHKに入局し、2015年には東京アナウンス室に異動。「ブラタモリ」のアシスタントとして出演し、数々の無茶難題に取り組み人気を博しました。そんなチャレンジ精神が好感を呼んだのか、同年のオリコンスタイル調べでは好きなアナウンサーランキングで5位に選ばれています。

大学生時代にはサークル活動でブラジル音楽のバンドのサックスや打楽器を担当。趣味は鉄道旅行だとか。チャレンジ精神はこの頃からすでに備わっていたみたいですね。

旦那の谷岡慎一アナ

高校時代に野球部に所属していたものの、腰の怪我から断念。それ以降野球を見るのも嫌になっていたとの事ですが、たまたま祖父が見ていたアテネ五輪の体操競技のテレビ実況を聞いて再びスポーツに熱くなり、その頃からアナウンサーに興味を持ったとの事。

甲子園の実況をやりたかったという理由からNHKのアナウンサー試験を受けるも、最初に内定をもらったフジテレビに入社を決め、2010年フジテレビ入社。結果的に念願叶い野球の実況を担当していました。その他にもノンストップやVS嵐の天の声などにも出演し、幅広い活躍を見せています。

二人の馴れ初めについて

「夫はフジテレビの谷岡アナ。同じ年齢のふたりはアナウンサー試験で知り合い、’15年に彼女が広島放送局から東京へ異動になったことで交際がスタート。約2年間の交際を経て、彼女の誕生日である昨年5月30日に入籍したのです」(スポーツ紙記者)

スポンサードリンク

とある記者の話によると、このような情報が入ってきています。二人が出会ったのは、大学時代にお互い就職活動をしていた時とのこと。2010年の同じ時期にアナウンサーとして入社している事から、二人は同期としても親近感があったとのこと。

交際を始めたのは桑子アナが東京アナウンス室に異動になった頃だとか。二人の関係はオープンな関係であり、その様子はニュースや週刊誌でも取り上げられていました。

プロポーズは谷岡アナからされたそうですが、そのプロポーズが1輪のバラの花に婚約指輪を仕込み「結婚してください」と言ったそうです。その返事として桑子アナは「はい、よろしくお願いします」と答えたとのこと。

至ってシンプルなプロポーズですが、何事もシンプルなものが一番胸に突き刺さったりするものです。幸せの絶頂の中好きな人にそんなプロポーズをされるなんて、とても素敵な話ですね。

離婚の理由は?

離婚理由について、関係者の1人はサンケイスポーツの取材に「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」と語っています。

多忙によりすれ違いが生じ別れるといった話はよく耳にするもの。テレビに出演している2人なら尚更2人の時間は作れなかった事でしょう。

スポンサードリンク

すれ違っていく二人

「谷岡くんは高校時代に野球をしていたことからも、子どもが生まれたら一緒に野球をしたいと言ってました。ただたまに奥さんと会える夜でも“子づくりを拒否される”ってボヤいてました。彼女が産休したくないと……」(フジテレビ関係者)

一説にはこのような離婚理由もつぶやかれています。仕事が順調な中長期の休みでそのチャンスを逃したくない。かと言って夫婦の夜の営みもまた愛を深める為には重要なもの。そこに子作りへの価値観のすれ違いが生まれると、なかなか軽くは考えられない問題となってきます。

「彼はよく合コンしていましたよ。今年に入ってからは、特に回数が多くなったような……。まあ、気がきくやつなので、女性にはモテましたよ。奥さんに相手にされないし、そりゃしかたないですよ」(フジテレビ関係者)

別のテレビ関係者からはこのようなコメントも挙がっています。谷岡アナほどのイケメンで好青年であれば、出会いのある場へ足を運べば女性からモテる事は間違いなし。幾重にも誘惑はあった事でしょうし、その誘惑に抗い続けるにも、夫婦の絆が深くなければ辛くなるもの。

多忙を極めていた桑子アナとのすれ違いを多くあったと聞いていますし、なかなかその絆を深めるのは難しかったのではないでしょうか。

先輩の愛情

谷岡アナからは2018年6月に東京・お台場で行われた「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」の発表会見で、離婚について初めて話しています。

司会を務めた先輩の離婚歴2回という佐野瑞樹アナウンサーが「谷岡さんは、この1年、どうでしたか」といじり、谷岡アナは「1年ですか…。あっち(離婚)は関係ない話ですね。カメラが怖いです」と、たかれるフラッシュにおびえた表情を見せています。「泣き顔になってる」という声がかかると、「なってません」と表情を引き締めた場面も。

離婚については明言していませんが、先輩アナウンサーからいじられるまでには関係の整理は落ち着いた様子。また、スピード離婚で局内でも腫物扱いだった空気を和ませてくれた先輩のいじりには愛情を感じますね。

現在の二人

2018年2月に桑子アナが現地司会を務めて以来その姿を見かけないと心配する人々がSNSで「桑子さんどこへ行ってしまったの?」「閉会式と言い間違えたから?」とつぶやきました。すると和田正人さんが「ここにいますよー」と2ショット写真を上げています。

しかし、離婚直後に若い二人が2ショット写真をTwitterに上げた事によって、「なぜこれを発信したのか」「どうして2人が一緒にいるの?」と世間の声は思いのほか辛辣な方向へ流れてしまっています。世間は二人が思うほど優しくはなかったそうですね。

2018年5月30日に離婚というとてもタイムリーな情報の為、現在の二人については詳細はまだ明かされていません。しかし、公の場で先輩からいじられる場面を見る限り、現状二人がテレビから姿を消すといった事はなさそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)