大沼瑞穂の夫の仕事・職業は?子供はいるの?かわいいと話題に!

自由民主党所属の参議院議員として政治活動している、大沼瑞穂さんについてご紹介しています。

 

大沼瑞穂の夫や子供

どんな旦那さんなのでしょうか?

たくさんの検索があるにも関わらず、大沼瑞穂さんのFacebookやHPを探しても夫と娘がいるということしか残念ながらわかりませんでした…。

皆さん気になっているみたいですよ。

確かに情報が少ないですが、名前に関する情報があります。

結婚して本名は、亀 瑞穂(かめ みずほ)

旦那さんの姓が「亀」なのでしょうね。

そして、平成24年8月に長女を出産したそうです。

スポンサードリンク

旦那さんの職業は日本経済新聞記者のようですので、一般の仕事をしている方ですね。

 

かわいいと話題

大沼瑞穂さんは、かわいい政治家として評判のようです。

1979年1月8日 生まれですので、39歳のお若い政治家ですね。

確かに、画像で見るとかわいい女性です。

旦那さんも幸せでしょうね。

年増が多い政界ですので、若い方の発想で新しい日本を作っていって欲しいですよね。

 

経歴

どんな経歴なのでしょうか?

東京都出身。

東京都私立白百合学園小学校、白百合学園中学校・高等学校、慶應義塾大学法学部卒。

同大学大学院法学研究科修士課程修了後、NHKに報道記者として入局し、仙台放送局へ赴任。

その後、外務省専門調査員として香港総領事館に2年間赴任。

赴任中は、尖閣諸島に出航する中国船の確認や情報提供者との接触を担当していた。

2008年7月より政策シンクタンク・東京財団にて研究員兼政策プロデューサーとして、政策提言及びその実現に向けての活動に携わる。

学校は中学や高校をはじめとして、名門大学を出ています。

 

政治家への道

どうやって政治家となったのでしょうか?

2009年10月より行政刷新会議事務局に上席政策調査員として出向し、「事業仕分け」に参加。

民主党政権の失政を見て「このままでは日本が壊れてしまう」と感じ、政治家を志すようになる。

2010年1月に自由民主党山形県連が実施する参議院選挙の公募に応募するが、党員投票で岸宏一に敗れる。

過去に1度敗戦しているようです。

その後はどうしたのでしょうか?

4月に東京財団に復帰し、地方自治体・地方議会改革、税と社会保障改革、外交・安全保障政策のプロジェクトに携わる。

平成25年の第23回参議院議員通常選挙で自由民主党公認で出馬し初当選。

5年前に初めて当選したそうですよ。

おめでとうございます!

スポンサードリンク

当選させていただいてから、毎年のように、豪雨、豪雪が県内を襲い、橋や道路、田畑が一瞬で壊されました。

こうした際、いかに与党の議員が多くいるかが地域の復旧に大きく影響する。

仕事をする中で、そのことを痛感しました。

衆議院の先生方と協力しながら、今後も、道路や農地の整備にしっかりと取り組んでまいりたいと思います。

その後、どんな活動をしているのでしょうか?

平成25年8月自由民主党青年局次長

平成26年10月自由民主党ネットメディア局次長

平成26年10月参議院厚生労働委員会理事

平成27年11月自由民主党女性局長代理

平成28年1月参議院総務委員会理事

平成28年9月参議院自由民主党副幹事長

平成29年8月厚生労働大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣)

年々、多忙な政治家となっていますね。

 

政策

どんな活動が中心なのでしょうか?

家族、地域、学校、職場のつながりを大切にし、保育や介護を地域の問題として捉え、保育施設や介護施設の整備だけでなく、保育ママや在宅ケアなど、小さな単位の中で、保育、介護ができる環境整備に力を入れます。

大事なことですね。

外資系企業などによる森林・水源地の買収を規制する法整備を進めるとともに、美しい農村を守るために、農業の多面的な機能を強化し、環境整備と機能強化を図ります。

若者が意欲的に農業に参画できるよう、農業経営、農地のあり方について、新たな制度を提案していきます。

素晴らしい政策です。

生まれ育った地域で安心して暮らせる防災・減災に力を入れ、病院や学校などの身近な施設の耐震化及び道路整備に努めます。

24時間体制の病院や地域における医師不足の解消に尽力します。

さまざまな政策を打ち出している方ですね。

伝統と斬新さを融合させた高付加価値のものづくり企業・個人を応援し、山形、日本でしかできないものの発信につとめ、ものづくり大国としての冠たる地位を取り戻します。

今後の日本にとって、必要なことでしょうね。

関税手続きの簡素化を進め、山形の農産物、加工品を輸出できる体制を整えるとともに、ブランド化を推進することで、食糧基地として、日本全国の消費者が「メード・イン・山形」がかっこいい!と思える政策を推進します。

また、直接支払制度や担い手支援政策を着実に実行します。

地方が盛り上がっていけば、全国も繁栄しますね!

政治活動の一環として、山形県にある大沼デパート前での講演で積極的なアピールをしていました。

今後の想いも語っています。

小さな頃から山形のお米、お肉、野菜、果物を当たり前のように口にしてきました。

娘を育てる中、山形県内の耕作放棄地や担い手の高齢化の現状を見るにつけ、「瑞穂」という名に恥じぬよう、瑞々しく稲穂が実る山形の農業を支えていかなければならないと強く思っています。

これからの政治活動にも期待しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)