林マヤの夫は笛風呂タオス。モデル時代は?借金地獄だった?

ファッションモデル、タレントとして活躍している林マヤさんについてまとめました。

林マヤさんのモデル時代についてや、借金地獄の真相、夫に関する話をご紹介します。

林マヤって?

「林マヤ」の画像検索結果

林 マヤ(はやし マヤ、1958年2月23日 – )は、日本のファッションモデル、タレント、歌手である。

本名、大内 理枝(おおうち りえ)。身長171cm。血液型はO型。

所属事務所はアップフロントクリエイト。一人称はマヤマヤ。長野県上田市出身。

林マヤさんは、ファッションモデル、タレント、歌手と幅広く活躍されています。

パリコレや雑誌のトップモデル、化粧品のCM出演など、日本を代表するモデルです。

 

林マヤの夫

「林マヤ」の画像検索結果

スポンサードリンク

林マヤさんには2度の結婚歴があり、最初はパリコレ時代に結婚しています。

しかし、お互いにうまくいかず離婚してしまったそうです。

その後、マヤさんは野菜文化研究家の笛風呂タオスさんと2度目の結婚をします。

2015年にwebメディア「マリモリビング」でインタビューを受けており、結婚29年目と記載されている事から、笛風呂タオスさんとは1986~1987年頃に結婚した事になります。

笛風呂タオスさんは東京生まれ東京育ちという都会っ子です。

現在はマヤさんと共に茨城県に移住し、オーガニック菜園で農作物を栽培しています。

 

林マヤのモデル時代

「林マヤ モデル時代」の画像検索結果

林マヤさんがモデルになったきっかけは友人からの紹介だったそうです。

長野県小県東部高等学校卒業後に上京して就職するが、就職先の寮で門限破りを繰り返し2週間で退社。

その後、風呂なしのアパートに住みアルバイト生活を始める。

その頃、東京でモデルをしていた高校時代の友人と銭湯で偶然再会し、モデル事務所を紹介された。

OL生活がうまくいかず生活苦だったマヤさんですが、友人の再開を機にモデル活動への道を歩みます。

「林マヤ 若い頃」の画像検索結果

しかし、マヤさんがモデル活動を始めた1980年代は「かわいい」タイプのモデルが流行していたため、個性派として活動していたマヤさんは不遇の時代を過ごす事になります。

パンク・ファッションに憧れていたというマヤさんは所属していた事務所を辞めて、イギリス行きを決心します。

この時の行動が、マヤさんの人生にとって大きな転機となります。

「ピーター・リンドバーグ」の画像検索結果

マヤさんは経由地のパリのカフェで、世界的に著名なカメラマン、ピーター・リンドバーグさんと出会います。

ピーター・リンドバーグさんはドイツ生まれの写真家で、世界的を代表するファッションカメラマンの一人です。

過去にはナオミ・キャンベルさんなどの数多くのトップモデルを撮影しています。

スポンサードリンク

この出会いがきっかけでマヤさんはパリを拠点にモデル活動をする事となり、日本人として初めてファッション雑誌「マリ・クレール」のフランス版に掲載されます。

「林マヤ CD」の画像検索結果

パリでのモデル活動の間にはパリコレにも出演し、さらにはジャズアルバムで歌手デビューを果たすなどトップモデルとしての道を歩み始めます。

1996年に日本へ帰国したマヤさんは、資生堂の「エリクシール」CMに出演し、国内でも注目を集めます。

仕事の依頼が増え始めたマヤさんは、10年近くに渡り日本とパリを往復する生活を送っていたそうです。

 

借金地獄の真相

「林マヤ」の画像検索結果

パリコレにも出演を果たすなどトップモデルとして活躍していた林マヤさんですが、当時は借金に追われて苦労していた事を明かしています。

20代でパリコレに出演していたころは、2、3週間で数千万円の収入があり、「どんどん(お金が)入ってくる状態で、財布にいくら入っているかなんて考えなくなる」という林。

ところが、そこから「ジェットコースターみたいに一気に降下」し「1億円の借金を抱えてどん底を味わった。地獄でした」という。

借金の理由は“自分への投資”や“独りよがりのホンモノ指向”による散財。

70万円の高級ベッドを1晩寝ただけで買い替えたり、日本でも入手できるアクセサリーを買うためだけに渡米。

1991年には「ビジュアルミュージッククリエイター」を名乗り歌手デビューしたが、プロモーションビデオの制作やライブ会場代など“自腹”で出費し、大きな借金を抱える要因となった。

贅沢を欠かせない生活を送るようになり、多額の借金を抱える事になった様ですね。

一定の生活水準を超えると金銭感覚も麻痺してしまう事を身を持って実感したそうです。

現在は1億円にも及ぶ借金を既に完済しているとの事です。

 

林マヤの現在

ペスコ・ベジタリアン・オーガニック菜園「Petit Cru / プティ クリュ」にて

林マヤさんは2009年に茨城県守谷市へと移住し、夫の笛風呂タオスさんと共に農業に取り組んでいます。

モデル時代の過度な食事制限が原因で健康を害する事も多く、夫婦ゲンカも絶えなかった様です。

そんな私を見た夫が、「体と心の健康を取り戻すために、ちゃんとしたものを食べさせなければ」と考え、つくば市の知人の畑でオーガニック野菜をつくり始めたんです。これがおいしかった!

それに、形や色がキレイな野菜を選んで栽培していましたから、超かわいい!

私も、「もっとかわいいい野菜があるんじゃない?」「これもあれもつくりたい」と、野菜にすごく興味が出てきて、しだいにつくる野菜が増えていきました。

東京から畑に通うのも大変だから、「近くに住んじゃおう」ってことになって、6年前、茨城県の守谷市に移住したんです。

現在は使われなくなった休耕農地を利用して、身体に美味しい野菜や「レアベジ」と呼ばれる珍しい品種の野菜を栽培しているそうです。

夫婦でwebサイトも運営しており、農作業の日常や料理のレシピなどを公開しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)