姫井由美子の夫は?離婚の噂が!スキャンダルや現在について!

元参議院議員の姫井由美子さんとその夫について注目しました。

ただ、その夫とは離婚するという噂が!

過去のスキャンダルや現在に至るまでフォーカスします!

姫井由美子の結婚

姫井由美子さんは2006年に衆議院議員選挙に出馬して初当選を果たしました。

それを支えた姫井由美子さんの夫はどんな人なのでしょうか?

 

夫はどんな人?

姫井由美子さんの夫に関してはあまり情報がありませんでした。

姫井由美子さんが例の事件で有名になってしまったので、夫は目立たないようにしているのかもしれません。

スポンサードリンク

姫井由美子さんと夫はお見合い結婚だそうです。

夫は名家の跡取りでもあり、姫井由美子さんは「姫井」という苗字が気に入って結婚したとも言われています。

離婚の危機を乗り越えて、今でも結婚生活は続いています。

2015年にはコンビニエンスストアの経営に関する書籍も出版していて、映画化もされていました。

それほど時の人だったのです。

よく、夫は離婚しなかったなと、他人ながら思います。

 

離婚危機

姫井由美子さんはあるスキャンダルを起こすのですが、離婚危機は姫井由美子さんが出馬する時に一度訪れていました。

姫井由美子さんの政界進出に夫は大反対だったそうです。

「離婚してでも出馬する!」と意気込んでいたところ、旦那さんの方から「出馬するなら離婚してくれ」と言われて困ったということでした。

それでも意志を貫き通して政治家になった姫井由美子さんを支えてきたのは夫だと思います。

そして、あの不倫スキャンダルを起こした後も、離婚していません。

よくできた夫というのか、もう諦めているのか・・・。

 

姫井由美子最強スキャンダル

2007年世の中を騒がせた、元祖ゲス不倫と言えば姫井由美子さんしかいません。

不倫相手に「ぶってぶって!」とおねだりしたことで「ぶって姫」と呼ばれてた姫井由美子さんのスキャンダルの真相に迫ります。

 

スキャンダルの内容

どんなスキャンダルだったのかご説明します。

元教師で、関西高校で剣道を教えていたという方が姫井さんと不倫関係にあったと、姫井さんより6歳年下の男性が週刊誌に答えたことで発覚していました。

姫井由美子さんとこの男性の関係は、2001年~2006年頃5年間続いたということです。

週刊誌では事細かに二人のやり取りが掲載され、証拠の写真も掲載されました。

01年から06年まで関係を持ったと自称する不倫相手の男性が実名で登場し“ほぼすべて”を語る赤面もの。

スポンサードリンク

姫井氏が「○○(男性の名前)の子供をつくりたい」と話したことや「当選したら、私のボディーガードにならせてあげる。公設秘書でもいい」という“マニフェスト”も明かされている。

さらにはお互いの血を酒に入れて腕を交差させて飲みあったことまで語られている。

この不倫男性は週刊誌に450枚もの写真を提供していました。

旅館に泊まっている写真や、寝顔の写真まであったそうです。

ここまで証拠が揃っていれば、言い訳が見苦しいのですが、姫井由美子さんはこう語りました。

「写真はもともと好きだし色んな人が私の写真も持っている」とか答えていたんだそうです。

この不倫発覚当時は姫井由美子さんの2人のお子さんは、大学生の男の子と高校生の女の子がいました。

2001年からのお付き合いが本当ならば、女の子の方は小学生だった年齢です。

 

暴露された理由

どうして、相手の男性がこんな話を暴露したのでしょう?

姫井さんが男性のお母さんの名義でカフェを共同経営するという話が持ち上がりましたが、これがこじれてしまい交際も破局。

実に稚拙で身勝手な話しです。

もちろん不倫していた姫井由美子さんは大罪です。

ですが、不倫のルールを守らず暴露するやり方も卑怯極まりないです。

ただ、この相手の男性の言い分はこのようなことがあったようです。

男性は高校教師でしたので副業していることが見つかるのも恐れながら、ほとんど不眠でカフェの運営もしてきたそうです。

しかし結局体に無理がたたり教師を退職することになってしまいました。

その結果、今までの交際を週刊誌にばらまくという形になったそうです。

こういうやり方を選ぶ時点でアウトですし、この男性に同情などしませんが、男女の関係って極端すぎて好きと嫌いは紙一重だとつくづく思いました。

 

姫井由美子の現在

姫井由美子さんは現在元々の職業である司法書士として働いています。

ですが、政治活動は続けていて、「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属しています。

2017年の参院選挙では落選しましたが、政界へは未練があるようですので、また姿を現す可能性は高いです。

ここまで叩かれても姫井由美子さんは強いですね。

あのスキャンダルで大きなダメージを受けたはずなのに、姫井由美子さんはこう語りました。

「見る目がなかった。家族には不倫の記事が出たことを笑って報告したから、家に帰りづらいとかはなかった」

この人に反省という言葉はないようです。

政治に関わるのなら、こんなことで有名にならずに、国のためになる功績を残して欲しいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)