ジョージ朝倉の旦那は?顔が気になる!天才だと話題に。

『恋文日和』で第29回講談社漫画賞少女部門を受賞したジョージ朝倉さん。

1995年に「パンキー・ケーキ・ジャンキー」でデビューし、代表作に『恋文日和』『溺れるナイフ』、『ピース オブ ケイク』など多くの作品を手がけています。

ジョージ朝倉さんの旦那さん、子供などプライベートについて紹介します。

 

ジョージ朝倉の旦那は?

1974年5月11日生まれのジョージ朝倉さん。

2007年5月33歳のときにグラフィックデザイナーの方と結婚されています。

 

娘を出産

2007年11月10日に娘さんを出産しています。

この間3ヶ月休載していますが、それは出産を控えていたからです。

娘さんは2人いるそうです。

スポンサードリンク

『ダンス・ダンス・ダンスール』は娘のバレエがきっかけ

娘さんはバレエを習っているそうで、そこでバレエ教室に来ている男の子を見て、クラシックダンスに情熱を傾ける男子中学生が主人公の『ダンス・ダンス・ダンスール』が描かれたと話があります。

「好きな作家さんでも、バレエマンガは読み飛ばしてしまうくらい興味がなかったので。

だけど娘が習っているバレエ教室に男の子が入ってきて、この子はどういうメンタリティでバレエを始めて、この先、思春期をどう乗り越えていくんだろうってところから興味を持つようになったんです」

何か感じるものがあったのでしょう。

 

ジョージ朝倉さん自らもバレエを習って激ヤセ!

本作のためにバレエを習い始めた朝倉さんは、うまく踊れないストレスで一時的に激ヤセ(!)してしまったほど。

スポンサードリンク

迫力あるダンスシーンも、そんな努力の賜物といえる。『溺れるナイフ』で実証済みだが、思春期の危なっかしい心のうちを描く手腕は本作でも際立っているし、男性目線なところも新鮮だ。

漫画を描くためには自らも体験してみることは必要だと思いますが、バレエを習い始めて激ヤセするなんて、バレエっていうのは激しいスポーツなんですね。

 

ジョージ朝倉は美人?顔が気になる!

ジョージ朝倉さんの顔が美人だということも話題です。

漫画家さんなのであまり顔を表には出しませんが、いくつかの写真を見てもきれいな方です。

 

天才だと話題に。

ジョージ朝倉という作家は本当にひと目でそれとわかるくらい、画にも物語にも個性がある。

この人にしか書けないと思わせるものばかりで、

実写映画化された「ピース オブ ケイク」や「溺れるナイフ」などジョージ朝倉らしさが溢れているとファンの作品愛とジョージ朝倉の才能に感動しています。

最もファッション感度の高い漫画家。

服装、インテリア、ヘアスタイル、小物に至るまで、全てにおいてモダンであり、音楽・映画などのサブカルオタクぶりも含め、センスが光る。

合わせて作品だけでなく、ファッションやインテリアなどのデザイン的な側面でも天才だと褒めるファンもいます。

「乃木坂46」の白石麻衣さんが表紙を飾った「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)20号ではジョージ朝倉さんのマンガ「ダンス・ダンス・ダンスール」が巻頭カラーを飾っています。

「恋愛マンガの名手」と呼ばれるジョージ朝倉さんについて紹介して来ました。

漫画も映画もヒット続きですが、次作はどんな設定になるかも楽しみです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)