紗栄子の旦那・ダルビッシュ有との離婚原因や馴れ初めは?子供について!

タレントの紗栄子さんと、元旦那でプロ野球選手のダルビッシュ有さんの離婚原因や馴れ初めについてまとめました。

2人の間にはお子さんが2人いますが、今どういう環境の元育っているのかについても言及します。

 

紗栄子とダルビッシュ有

紗栄子さんとダルビッシュ有さんが結婚したのは2007年のこと。

出来ちゃった結婚でした。

しかし、2012年1月に離婚。

結婚生活わずか5年でした。

 

結婚式

ご長男、蓮くんを出産後の2008年12月に挙式を行ったお二人。
場所はハワイオアフ島にあるキャルバリー・バイ・ザ・シー教会で行われました。

スポンサードリンク

ハワイで結婚式って羨ましいな~。

本当に美男美女ですよね♪

 

離婚原因

私たちが知る限り、紗栄子さんとダルビッシュ有さんの離婚原因は、ダルビッシュ有さんの女遊びだと言われています。

紗栄子が「チビダルくん」と呼ぶ長男が誕生してから、彼女はダルの暮らす札幌と、実家のある宮崎を頻繁に行き来するようになったのだが、その間にダルはススキノのキャバクラ通いにハマり、夫婦仲に亀裂が入ったというのだ。

それでも関係を修復させたので、次男の「ベビダル君」が誕生したのもつかの間、また2人には問題が。

次男出産後、紗栄子は生活の拠点を宮崎に移す。
再びダルの夜遊びが増え、紗栄子がこれに激怒、ダルが「もう耐えられない」とばかりに離婚を切り出したようである。

離婚理由は、ダルビッシュの夜遊びだったのですね(^^;

ここまでの記事を見ると、全面的にダルビッシュ有さんが悪いという印象を与えますが、紗栄子さんも相当問題を抱えていたようなのです。

ダルビッシュ有さん側からはこんなコメントが。

有投手は紗栄子さんに対し生活・健康管理など野球選手の妻として行動して欲しいと頼み、紗栄子さんも承諾したはずが、フタを開けると新しく立ち上げた仕事に熱心で家を空けることも多いという。

このため、有投手は自分の健康管理のためにやむなく、「栄養管理が行き届いた合宿所で食事、寝泊まりをするようになっていった」のだそうだ。

これが「別居」の原因であり、ススキノを飲み歩くのも女遊びではなく、合宿所の後輩の面倒を見るようになり、飲みに連れて行っただけとしている。

ここまで相互の言い分が違うと、どれが正解なのか分かりませんが、とにかく紗栄子さんとダルビッシュ有さんはお互い求めていることが満たされなかったということですね。

紗栄子さんも野球選手の妻としての配慮が至らなかった部分もあるかと思いますし、ダルビッシュ有さんもあまり家庭を大切にしなかったのかな、と客観的に見て思います。

スポンサードリンク

紗栄子さんとダルビッシュ有さんは若くして結婚されました。

ですから、外野からは「おままごと婚」とも言われたのです。

 

馴れ初め

結婚生活はわずか5年でしたが、紗栄子さんとダルビッシュ有さんは結婚当時はラブラブでした。

二人が出会ったのが2007年5月。

結婚したのが2007年8月。

これは超スピード結婚、しかも出来ちゃった結婚でした。

二人はどこで出会い交際に発展していったのでしょうか。

紗栄子さんは、劇団ひとりの奥さんの大沢あかねさんととても仲良しで、ある時、大沢あかねさんがパーティーに紗栄子さんを誘ったんですよね。

その場にあまり知り合いがいなくて静かにしていた紗栄子さんに話しかけたのが、同じ会場にいたダルビッシュ有さんでした。

二人はすぐに意気投合して交際に発展したようです。

よく芸能人がパーティーで出会った、というのをよく聞きますが、紗栄子さんとダルビッシュ有さんもオシャレな出会い方をしたんですね。

ですが、若い二人には出会いから出来ちゃった結婚まで、わずか3ヵ月の時間があれば十分だったのです。

 

紗栄子、ダルビッシュ有の子供

紗栄子さんとダルビッシュ有さんの間には、二人の息子さんがいらっしゃいます。

2008年3月24日長男・連君が誕生。
2010年2月26日次男・塁君が誕生。

紗栄子さんとダルビッシュ有さんが別居したのが2011年ですから、次男はまだ1歳だったのです。

そして2012年に離婚しました。

円満離婚となり慰謝料はなしで子供らに対しては毎月200万円の養育費が支払われています。

さすがメジャーリーガー。

養育費の額が桁違いです。

そんな紗栄子さんの息子さんは現在、10歳と8歳になっています。

そして、話題になったイギリス留学へと繋がります。

紗栄子はもともと子供らをインターナショナルスクールに入学させており、1歳終わり頃から英語教育を施していました。

そんな中2人の子供に対して2017年7月にイギリスの名門学校から合格通知が届いたことで、紗栄子は子供等と共にイギリス、ロンドンに移住を決意。

日本で暮らすには、紗栄子さんにとってもお子さんにとっても、あまりいい環境ではなかったのかもしれません。

紗栄子さん自身も芸能人ですし、ダルビッシュ有さんはあまりにも有名なプロ野球選手ですから、マスコミ対策に疲れたのかもしれません。

紗栄子の子供たちが合格したイギリスの学校というのが、ロンドンから一時間弱の全寮制の高校でウィリアム王子やヘンリー王子なども通っていたことのある、8歳から13歳までの全寮制の名門男子私立校。

当時9歳と7歳だった息子さんを、その年齢で全寮制の學校へ入れることについては、様々な意見がありました。

だって、紗栄子さんは皇族でも貴族でもありません。

一般人から見たら一種の育児放棄ともとられかねます。

それでもセレブとして扱われたいのでしょうか。

一般人には理解出来ませんが、それが紗栄子さんの貫き通す教育であるのなら、やはり芸能人の子供として、偉大すぎる父親の子供として、ストレスのない生活を送っていたらいいな、と老婆心で思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)