渡辺えりの旦那は土屋良太。夫との年の差は?画像あり!子供はいる?

数々のドラマや舞台、バラエティーに至るまで、マルチに活躍されている渡辺えりさん。

テレビドラマでの役柄はそのスタイルに相まって「おばちゃん」キャラが多いような気がしますし、バラエティ番組や情報番組での物言いは、肩ひじ張らないナチュラルな「おばちゃんだな」と思わせる渡辺えりさん。

でも、そういったイメージを定着させる演技だとすれば、すごい実力を持っているのだと納得してしまいますよね。

さて、そんな彼女の旦那さんやお子さんはどのような方なのでしょうか?

渡辺えりさんに関するエピソードを交えてお伝えしていこうと思います。

 

渡辺えりの旦那

渡辺えりさんは1955年生まれ。

1978年にもたいまさこさんたちと劇団を結成したことが、女優としてのキャリアの始まりだといわれています。

渡辺えりさんが旦那さんと出会ったのも、実はこの劇団なのです。

スポンサードリンク

1996年6月、渡辺えりさんが41歳の時に、なんと12歳も年下の土屋良太さんと結婚しました。

年の差婚ですね。

こちらが旦那さんの画像になります↓

12歳差なんて、干支が一緒。

土屋良太さんが小学校1年生の時に、渡辺えりさんが高校3年生。

超姉さん女房ですよね。

渡辺えりさんと土屋良太さんが知り合った劇団は今は解散してしまい、それぞれ別の芸能事務所に所属しています。

夫・土屋良太さんの所属している芸能事務所は、柄本明さんやベンガルさん、美保純さんや佐藤江梨子さんといった、個性的で魅力のある役者さんが数多くいる事務所です。

時折、夫婦共演とまではいきませんが、渡辺えりさんの書いた芝居に土屋良太さんが出演することもあるようです。

土屋良太さんの代表作といえばこれ!というような作品にはまだ巡り会えていませんが、年齢的にも脂ののったアラフィフ世代。

ドラマや舞台の脇をしっかりと固める大事な役割を、これからも担っていくことでしょう。

 

仲人

この記事を書いている時点で、すでに結婚20年は経過している渡辺えりさんと土屋良太さん夫婦。

このような長い間結婚関係が続いているなんて、結婚式の仲人の方はさぞうれしいことでしょう。

1996年の渡辺えりさんと土屋良太さんの結婚式の仲人になったのは、歌舞伎役者の故中村勘三郎(結婚式の時点では勘九郎)さんでした。

中村勘三郎さんと渡辺えりさんとは古くから親交があったそうです。

よく銀座などでお酒を飲み語り合ったなんて話もあります。

その昔、渡辺えりさんは、舞台の台本を書くためにと、勘三郎さんの自宅の空いている部屋を借りる話があったくらいの仲だったそう。
勘三郎さんはかつて「この人(渡辺)と出会ったのは良かったよ。最高だよ」と、冗談ぽく、しかし信頼を置いて渡辺えりさんのことを評していたそうです。
そんな勘三郎さんの事を、渡辺えりさんはオフでは「哲明さん」と、本名で呼ぶことが多かったそうです。

中村勘三郎さんは、歌舞伎座で上演されるような古典的な演目に限らず、渋谷のコクーンシアターやニューヨークで公演を行ったり、江戸時代の芝居小屋のような建物で歌舞伎を演じる「平成中村座」を開催するなど、様々なかたちで「歌舞伎」という芝居のジャンルを体現していった表現者の一人。

スポンサードリンク

同じように芝居に心血を注ぎ、女優としての道を進んでいく渡辺えりさんと意気投合したというのは、当然のことなのかもしれませんね。

普通、結婚式の仲人というと、会社の上司だったり、学校の恩師といったお世話になっている、もしくはお世話になったいわゆる「恩人」が任されることが多いですよね。

渡辺えりさんにとって中村勘三郎さんは、ともに酒を酌み交わす「友人」であり、芝居の道をともに邁進する「同士」であり、仲人をお願いする「恩人」だったのかもしれません。

 

美輪明宏との関係

中村勘三郎さんが渡辺えりさんにとって恩人であるなら、美輪明宏さんも恩人として挙げていいでしょう。

渡辺えりさんは美輪明宏さんの舞台の演出助手を務めるなど、駆け出しの頃から交流があったそうです。

美輪明宏さんが渡辺えりさんに大きく関わったことに「改名」があります。

1978年に渡辺えりさんが「劇団2○○」を立ち上げた際に美輪明宏さんからこのような助言があったそうです。
「2という数字は良くない。空中分解する名前。3に変えなさい」
その後劇団名を「劇第3○○」に名前を変更したところ、それまでは劇団員の家族が亡くなったりケガをすることが続いていたが、名前を変えたところトラブルが減ったというのです。

さらに、今の芸名に改名をすすめたのも、美輪明宏さんなのです。

以前、渡辺えりさんの芸名は渡辺えり「子」でした。

2007年に扁桃腺膿腫という生死にかかわるかもしれない病気にかかった時のことです。

渡辺えり子さんのもとに美輪明宏さんから突然連絡があったというのです。
しかも、病気を誰にも言ってないのにも関わらず、いきなり朝の8時に美輪明宏さんから電話がかかってきて「名前を変えた方が良い」って言われたそうです。
美輪明宏さんが言うには、「渡辺えり子という名前は、画数が苦行僧があえて苦労するためにつけるもの」だったのだそうです。
加えて、美輪明宏さんは渡辺えりさんにこう言いました。
「年も年なんだから、平和に落ち着いて暮らした方がいいでしょう?『えり』に変えたらそういことが無くなるからって言われて、すぐそうしましょう」
美輪明宏さんからの助言を、自分へのいたわりの言葉としてとらえ、渡辺えりさんは名前を変えたのだそうです。

美輪明宏さんって、存在自体がすごく神秘的で、スピリチュアルな観点で何もかも見透かしている感じですよね。

前々からお世話になっているのに加えて、ある意味占い師、預言者的なところからも、素直に美輪明宏さんの助言を聞いて改名したのかもしれませんね。

 

渡辺えりの子供

途中、渡辺えりさんの不倫騒動などのトラブルもあり、離婚の危機をささやかれたにもかかわらず、結婚生活も20年を越えた渡辺えりさんと土屋良太さん夫婦。

ただ、これだけ長い間夫婦として暮らしているのに、「お子さんがいる」という話は一切上がってきていません。

もしかしたら、お子さんを作らないのは、主宰している劇団に所属している劇団員や、教鞭をとっている学校の生徒たち、その他、渡辺えりさんを慕って集まってくる若い人たちを自分の子供だと見ているからかもしれません。

容姿やドラマの役柄などから、肝っ玉母さんのイメージもある渡辺えりさんですから、なんかいいお母さんになりそうな感じなのですけれどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)