三浦リカの夫は堤大二郎。闘病との噂が!子供はいる?現在は?

永年続いたテレビドラマ「水戸黄門」の最多出演のゲスト女優でもある三浦リカさん。

お若い頃、美貌で登場した「キリンレモン」のCMを経て、今年で御年60歳になります。

そんな、ベテラン女優についてご紹介していきます。

 

夫は堤大二郎

堤大二郎さんといえば、アイドルとしても活躍し、そののちは俳優さんとしても活躍している人です。
三浦リカさんとは1985年に結婚して仲良くしていた。

今年は、ご結婚されて33年が経ちます。

今でも、変わらずに仲睦まじいことでしょう。

当時の所属事務所「山の手企画」の渡辺社長に六本木でスカウトされたのがきっかけで芸能界入りした。
1980年に『ぼくら野球探偵団』で主役の星空天馬でデビュー。
歌手デビューは、1981年4月発売の『燃えてパッション』。
堤大二郎さんは、歌手デビューする前に俳優デビューしていた!

三浦リカさんの旦那さんも芸能人なのですね。

スポンサードリンク

 

夫婦共に芸能活動

堤大二郎さんは、今年で芸能界デビューしてから38年が経ちます。

歌手としても活動していたようです。

1980年に東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていた特撮テレビドラマ『ぼくら野球探偵団』で主役の星空天馬役でデビュー。
このドラマは、江戸川乱歩原作の『少年探偵団』テーマに東京12チャンネルと円谷プロダクションの共同で製作された。

多彩な方ですね。

この昭和を感じさせる雰囲気のカバーもいいですね!

三浦リカさんも、昭和の大スター故・三國連太郎さんとも共演していたそうです。

暴行された女子大生に訴えられた老教授。
現実に起きた事件をヒントにドラマ化。
城南学院大学の教授・牧山征一(故・三国連太郎)は教え子・海野雪子(三浦リカ)から訴えられたストーリー。

お若い頃より、さまざまな役者さん達と作品を作ってきたのですね。

やはり、お若い頃からとてもお綺麗です!

1994年『鬼と人とー信長と光秀』を皮切りに、『恋白狼弁天お菊』『新吾十番勝負』『源平布引瀧』『江戸を斬る』『北条時宗』『恋の淡雪・浪花弁天ものがたり』など多数舞台もこなす。
テレビでは、TBS『水戸黄門』で将軍徳川綱吉役、西村京太郎サスペンス『十津川警部シリーズ』で西本刑事役などで出演している。

過去の出演作は時代劇が中心のようです。

堤大二郎さんとは、水戸黄門の撮影で出会ったのでしょうか。

 

闘病の噂

三浦リカさんは以前、突然手にかさぶたのようなものができ、その後綺麗に消えたが、1か月後に再び出来たため診察を受けると「全身性エリテマトーデス」と診断された。
厚生労働省が指定する膠原病の一種で、免疫が自らの身体を攻撃してしまう病気。

スポンサードリンク

辛い病気を患っていたようです。

病は恐ろしいです。

三浦リカさんは症状が軽かったため、ステロイド治療をすすめられたが副作用の心配などから治療を受けず、それから半年、突如40度の高熱に襲われてしまった。
多臓器不全となり死の確率90%と診断され、当初の約50倍のステロイドを連日投与されることになり、一命は取り留めたが副作用として幻覚の症状などが現れた。
順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター梁広石医師によると、ステロイド1000mgは1日に投与できる最大量。

とても恐ろしい病気に悩まされていたのですね。

治ったのでしょうか?

全身性エリテマトーデスや、その治療のためのステロイドの副作用に襲われた三浦リカさんは退院した現在も手足のしびれや精神の浮き沈みなどの後遺症がのこっている。
それでも夫婦で合気道を行い体を動かし、堤大二郎は台所に立ちカルシウムをとる鶏南蛮うどんを作るなど前向きに生きている。

前向きな気持ちが大事ですよね!

旦那さんのお手製うどんできっと癒されたのではないのでしょうか。

 

子供は?

三浦リカさんについてのwikipediaのページを確認したところ、子供に関する記載はありませんでした。
次に、三浦リカさんと子供の関係を各メディアの記事から調べましたが、これもやはり関連のある物が見つかりませんでした。

確かに情報はありませんね。

お子さんはいないのかもしれませんよ。

 

現在

三浦リカさんは大病を患い、現在芸能界での活動は休止されているそうです。

読売テレビ「愛の修羅バラ!」という、トークバラエティー番組に2009年9月13日出演されたのが最後の芸能活動です。

軽快なトーク番組ですので、きっと楽しい時間を過ごせたことでしょう。

テレビでも過激なシーンに挑戦しており、読売テレビの2時間ドラマ『暴力中学Iある教師の詩』では教え子の中学生たちに輪姦されて妊娠・出産までしてしまう女教師を身体を張って演じている。

さまざまな役柄への挑戦など、元来は活動的な女優さんです。

1日も早く病気を克服できることを願います。

まだまだお若い方ですので、旦那さんの力も借りて、いずれきっと回復することでしょう。

そしてまた、ハツラツとした演技でファンを魅了してください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)