池波志乃と結婚した中尾彬との馴れ初めは?子供は?病気はフィッシャー症候群?

芸能界でもおしどり夫婦として有名な池波志乃さんと中尾彬さん。

2人の結婚までの馴れ初めと子供について。

そして池波志乃さんに難病と言われる病気のフィッシャー症候群について調べていみました。

 

池波志乃のプロフィール

本名:中尾 志津子(なかお しずこ)
旧姓:美濃部(みのべ)
生年月日:1955年3月12日(61歳)
出生地:東京都荒川区
血液型:A
活動期間:1974年~1996年、2007年~
配偶者:中尾彬1978年〜
著名な家族:5代目古今亭志ん生(祖父)、10代目金原亭馬生(父

池波志乃さんは由緒正しい家庭でお嬢様として育ったのですね。

 

旦那の中尾彬のプロフィール

生年月日: 1942年8月11日 (74歳)
出身: 千葉県 木更津市
身長: 174 cm
配偶者: 現在の妻は池波 志乃 (1978年から)、 前妻は茅島 成美さん (1970年 – 1975年)
子: 中尾 学
親戚:姪の元夫は俳優の田宮五郎
血液型:O型。

ねじまきマフラーは今も健在!

スポンサードリンク

いつか若者の中でブームが来ることを待っているのでしょうか?w

しかしオシャレ度が高い人にしかできないことですよね。

 

2人の馴れ初めは略奪婚?

中尾彬と池波志乃の結婚の馴れ初めは、映画の共演がきっかけでした。一緒に飲みに行ったことで仲が深まり、2回目のデートで、中尾彬が池波志乃に結婚を申し込み、1978年3月14日に結婚……ということになっています。

中尾彬は、茅島成美(かやしまなるみ)という女優と、1970年に結婚し、5年後の1975年に離婚した経験を持っています。その離婚原因が、中尾彬と池波志乃が不倫したためだと、ネット上ではもっぱらの噂。

茅島成美と中尾彬の若い頃の2人の写真

2人の馴れ初めは今流行の不倫で略奪婚だったのですね。意外な事実でした、

2人は出会ってわずか3か月で電撃婚をしたので本当に早く一緒になりたかったのですね。

また自身の馴れ初めを思いで話と一緒にインタビューでこのように語っています。

出会いは40年前。妻は最初から夫を「品定め」していたという。夫より数段上手、かもしれない──。

妻:出会いは1977年。テレビの時代劇での共演です。

夫:志乃は22歳、僕は35歳。酒の話から知り合ったんだよね。当時は日本酒ブームで「越乃寒梅」が幻の酒だった。「おれ昨日、それ飲んだんだよ」って撮影の合間に話をしたら……。

妻:「そんなの私、しょっちゅう飲んでるわ」って(笑)。父のなじみのお店を教えてあげたんです。

夫:で、一緒に飲んだ。普通なら男のほうから「もう一軒……」となるんだけど、志乃のほうから「もう一軒、行きましょう」って。「どこへ?」と聞いたら「神田で芸者あげましょう」だって。

――妻の祖父は五代目古今亭志ん生。父は十代目金原亭馬生で、叔父は三代目古今亭志ん朝だ。落語一家に生まれ、子どものころから花柳界を身近に育ち、“粋な世界”に通じていた。

夫:僕も実家が木更津で、年中芸者はあげてましたけどね。22歳の女の子がそんなこと言うとは珍しいなと。

妻:神田の芸者衆は父がかわいがってた人たちで、私も友達だったんです。要するに私は彼女たちに品定めをしてもらったんです。「いいと思う人を連れていくから」って。みんなに順番に見てもらって廊下の端で「どう思う?」って聞いたら「いいんじゃない?」。

夫:僕も芸者衆の扱いには慣れてましたしね。結局、不良が不良を呼ぶんだよ。

妻:たしかに(笑)。

――当時、夫はプレイボーイと評判だった。何が妻のお眼鏡にかなったのだろう。

妻:とにかく話が合ったんです。本も演劇も。本を貸してくれたの覚えてる?

夫:赤江瀑さんの。

妻:そう。私は人から本を借りたら汚さないように包装紙でカバーをかけるのが習慣だった。それでカバーをかけたまま返したの。

一回り下の女性に対してもギャップだったようですね。

池波志乃さんのギャップに中尾彬さんはやられてしまったんですね。

 

親への挨拶で笑いのエピソード

中尾「実は、最初、挨拶に彼女の家を訪ねたときは、まだ離婚が成立していませんでした。先方が提示した慰謝料などの条件を私が受け入れるだけになっていて」

池波「こっちは、まさか離婚してないとは思いませんよ。だって、浮き名も1つや2つじゃなかったですから。だから聞きもしなかった」

中尾「離婚が成立して、再び家を訪ねて、『志乃さんをいただきます』と言ったら、親父さんは一瞬黙ったあとに、『いただきますというのは、ご飯のときだけでいいんだよ』と。いや、噺家ってうまいこと言うなと思いましたね」

池波「母が、『お父ちゃんとそっくりな男を連れてきたね』とポツリと言ったのが印象的でした」

父親の金原亭馬生さんの画像。

中尾「ただ、頭にきたのは親父の弟子どもが、いや、弟子のみなさんが(笑)、賭けしてるんだよ。『結婚したって、もって3カ月だよ』と」

池波「それが、40年でしょう。だから誰も賭けに勝った人はいないんです」

弟子たちの思惑とは裏腹に今も離婚の噂はないですし、本当に仲が良いですよね。

 

おしどり夫婦・中尾家のルール

なんでもお二人には一般人では考えられない常識外れのルールもあるそうです。

中尾彬さんはグルメ夫で、超亭主関白でも有名ですよね!こんな独特なルールがあるようですよ。これを長年続けている池波志乃さんって凄すぎる!

1.妻は夫より早起きし 寝顔は絶対に見せない

中尾さんの帰りがどんなに遅くなろうとも、池波志乃さんは玄関の鍵を開け出迎える

朝の寝顔を見せないということなのでしょうね。夜先に妻が寝たら寝顔が見えますがそれはルールの範囲外なのでしょうか?

2.夕食には手書きのお品書きを用意

中尾家の夕食は、池波志乃さんが懐石料理のように一品ずつ出すそうです。そのメニューを考え、お品書きを用意することになっているのだとか。

毎日一流料亭のような食事をし健康の良いものを摂っているのでしょうかね。

妻の池波志乃さんも大変でしょうけど、料理好きで何より旦那の中尾彬さんが好きだからできることなのでしょうね。

3.妻は夫の財布の中身をチェックし、常に補充する

中尾彬さんが外で遊ぶとき恥をかかないように、池波志乃さんは常に財布のお金を補充しているようです。これも凄すぎる。。

店主関白というのでしょうか?女性が全て把握する為には良い習慣ですね。

これで不倫の心配などもないですし、一石二鳥です。

ご結婚されてる方も是非試してみては。

4.朝食は和食と洋食を両方用意する

もう、私はひっくり返りそうです。笑

ホテルの朝食にあるバイキング的感覚なんでしょうね。

スポンサードリンク

その時の気分で選んで食べるでしょうか?残したら勿体ないなと思うのは私だけでしょうかw

新じゃがと玉ねぎの味噌汁
ちぢみほうれん草と紅玉リンゴの胡麻和え
大根おろし おかかのせ
甘塩鮭
生卵
ぬかみそ漬け(きゅうり。カブ、にんじん)
古漬

わずか10分でこれだけの品を作るしのさんもスゴイですよね。

5.テレビのチャンネルは妻が変える

「4にして」と中尾彬さんが言えば、「はい」と台所からテレビまで移動してチャンネルを変えているようです。すごーーーーーい。

チャンネルくらいは自分で変えれるのでは?と思ってしまいますよね。

6.給料袋は「ご苦労様でした」と神棚へ

実は これは全て池波志乃さんが始めたことらしいです。良い習慣ですね。

このように感謝の気持ちを毎日伝えることは本当に大事ですよね。

お互い、今日も生きてくれてありがとう。

これも含め全てにおいておしどり夫婦だからこそできることですね。

このルールについての世間の声は・・・

・こんな夫はイヤですが、この夫婦が良いならよそのことだからどーでもいいわ

・昔の人だから仕方ない。私は絶対無理だけど

・見てた。志乃さんが好きでやってるんならいいと思う

・人の家だし、それでうまく行っているなら別にいいと思う。時代が違うから真似はできないけど。どうぞご勝手にお幸せに

2人のことなのでそこまでの否定はないですね。

 

子供について

調べてみた結果、池波志乃さんと中尾彬夫妻にはお子さんはいてないそうです。

子供できなかった理由

池波志乃は、中尾彬と結婚して、それほど間がない頃に、子宮外妊娠をして、大変な思いをした事があるとされています。子宮外妊娠とは、本来着床すべき子宮腔の内側ではなく、外側に着床して妊娠してしまうことです。妊娠全体数の1.11~1.25%の確率で、子宮外妊娠は発生します。

子宮外妊娠の97~98%は、卵管に着床するケースです。初期症状は、「生理痛による不快感」と紛らわしい事が多く、発症に気づかない女性が、少なくありません。

卵管破裂の危機

池波志乃が、昔の出来事を、自ら語ったことはありません。そのため、子宮外妊娠がどのような状態で、どのような処理を受けたのかは、不明です。子宮外妊娠で大変な状態になる、代表的なケースは、卵管破裂です。子宮外妊娠による卵管破裂では、大出血を起こしやすいとされています。

卵管破裂を起こしている場合は、ただちに開腹手術を行わないと、危険と言われています。子宮外妊娠した卵管を除去しないと、出血は止まりません。受精卵の着床した卵管を、切除する処置が行われるのが、普通です。

命に関わる事態になった事が、夫婦二人の生活を選ばせるきっかけになったとしても、不思議ではありません。

子供は欲しかったでしょうが、そういう理由があったのですね。

 

難病の病気

なんでも池波志乃さんはフィッシャー症候群と呼ばれる病気にかかっていたそうです。

フィッシャー症候群とは?

フィッシャー症候群とは1000万人に5人の割合で起きると言われる極めて稀に思える病気で難病指定されています。

フィッシャー症候群は外眼筋麻痺・運動失調・腱反射消失という3つの症状が現れる末梢神経障害のことで、1~2週間程度で完治する病気ですが、、実際には治療期間が半年とリハビリが1年程度必要になるそうです。

フィッシャー症候群の原因として考えられるのは細菌感染やウィルス感染で、主にインフルエンザやカンピロバクターなどのウィルス感染、その他に上気道感染(主に熱性の風邪)や胃腸炎などが考えられています。

またその後、虫歯がきっかけとなり顎に骨髄炎を患い顎の大手術を受けていたことを告白されています。

昔治療した虫歯が完全に治りきっておらず、菌が下あごの骨に進行した為にその顎の骨を切断し、肩甲骨を移植するという大手術を受けたそうです。

なぜ、そんなになるまで虫歯をほっておいたのかと言うと、痛みが出てきた当初は更年期障害の症状だと思い、昔の虫歯が原因とは思わずに別の治療を受けていた為に発見が遅れた為でした。

この髄膜炎はやっかいな病気で、手術で顔が変形してしまう可能性もあったそうです。
そう言えば、池波志乃さんは若い頃と現在では顔が違うとか、整形とかネット上で憶測が出ていますね。
この顎の髄膜炎の手術によって変形したのかと思いましたが、この手術は無事成功されている為、顔の変形は無かったようですね。

しかし、やはり顎の骨を移植する手術を受けているので、術前と術後では顎に多少の違いがあるのは否めません。

これを整形だと思われているようです。

誰しも身近にある虫歯ですが、菌が血管の中などに入るなどすると最悪命を落としてしまう恐ろしい病気だと認識した方がいいでしょう。

フィッシャー症候群という難病、顎の髄膜炎という病気を立て続けに患ったことで、久しぶりにテレビ出演した池波志乃さんの身体は激やせしていたことがありました。

それほど、辛い闘病生活を送っていたのがわかりますが、どちらの病気も患ったのは2006年以降…池波志乃さんが50歳前後のことなので、この2つの病気が子供がいない理由ではないようです。

そんな病気にかかっていたことは知らなかったです。

またお二人は人生の就活のため、マンションを購入したのです。

 

高級マンションの自宅

パークタワー上野池之端と言われています。

住所は、台東区池之端2-1-1

パークタワー上野池之端は、広大な上野公園の不忍池のすぐ下にそびえ建つマンションです。
2010年9月に竣工された、地上30階地下2階建てです。
総戸数は175戸で、各住戸の専有面積は、41㎡台~112㎡台です。
分譲時の間取りタイプは1LDK~3LDK、ファミリーからシングルの方まで住んでいらっしゃるようです。
休日には、緑豊かな上野公園が絶好の散策スポットです。

和を基調としたインテリアがとても温かみがあって落ち着きますね。

私個人では食事をする時のイスが好きです。

 

若い頃が美人

池波志乃さんの昔の若い頃が美人すぎる!

いかがでしょうか?

黒の服より、和服の方が似合っていますね。

それにしても若い頃から美人です!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)