荻野目慶子の夫の岡崎成実は医者?過去の事件とは?

かつては魔性の女と言われた荻野目慶子さんですが、過去の事件とは何なのか。

また、荻野目慶子の現在の旦那さんについても調べてまとめました。

 

荻野目慶子の夫

荻野目慶子さんの旦那さんは岡崎成実さんという一般男性です。

どのような人なのか見ていきましょう。

仕事は医師

荻野目慶子さんの夫となった男性は、『新宿レディースクリニック』など、5つのクリニックを経営する産婦人科医。

以下は病院ホームページの内容です。

小手術を得意とし、婦人科・産科初期・感染症を早く治療することを主として行っています。
さまざまな病院の医師も、積極的に非常勤で来ていただき、若い力や新しい治療、その病院のネットワークを最大限に活用し、お互いの得意分野を相互補助できるよう努めています。
土日や夜間診療を通して忙しい人の利便を手助けできるクリニックをめざしています。

お金持ちの男性との結婚なんですね。さすが美人女優です。

スポンサーリンク

写真は?

一般人でありながらも、複数のクリニックを経営しているだけあって、ネットを検索すると写真を見つけることができます。

学生時代にはラグビー部に所属をしていたスポーツマンタイプとの情報がありました。

そう言われると、体格がガッチリしてますかね。

バツイチ

岡崎成実さんはバツイチのようで、荻野目慶子さんとは2回目の結婚となります。

ブログ

岡崎成実さんのブログを見つけました。
2011年で投稿はストップしてます。
内容を少し拝見しましたが、医者としてのブログばかりです。

馴れ初めと結婚

結婚式の記事を一部抜粋します。

知人の紹介により付き合い始め、同棲を経て、2012年の大晦日に入籍したそうです。
約5年交際していたという。

荻野目は男性について「挫折してもめげず、ユーモアを忘れない。
常に前進、飛躍していこうとするエネルギーあふれる姿にひかれました」と、話していたという。
荻野目慶子は当時48歳で初婚。

精神的にも強い男性のようで挫折をしてもめげずに前進していく姿に荻野目さんは惹かれていったようです。

前向きな男性は男女問わず惹かれてしまいますね。

荻野目慶子について

デビューのきっかけ

荻野目慶子さんは幼い頃は静かで大人しい少女だったそうです。
あまりに大人しい荻野目さんを心配した母親が明るい子にと元気づけるため、小学6年生の時に劇団に入れたことをきっかけに、雑誌のモデルや「母ちゃんの勲章」などに子役としてテレビ出演を果たすようになりました。

子役の頃から可愛さが滲み出てますね。

若い頃

検索サイトでは荻野目慶子さんの若い頃の情報を探す人が多いようです。

スポンサーリンク

今や魔性の女として有名な荻野目慶子さんですが、若い頃から男を虜にする魅力があったのでしょうか。

低身長

荻野目慶子は152センチと低身長です。ちなみに152センチの女性有名人は大島優子(元AKB48)、aiko、志田未来などです。

魔性の女

魔性の女のレッテルを貼られた荻野目慶子さんですが、何があったのでしょうか。

不倫相手が自殺?

荻野目慶子さんがまだ20代の頃のことですが、荻野目慶子さんと不倫相手関係にあった男性が自殺をしたとの事件がありました。

1990年4月30日、荻野目慶子(当時25歳)の自宅で、新進映画監督の河合義隆監督(享年43)が首を吊っているのが発見された。河合は間もなく死亡が確認された。

その後、河合は既婚者で子どもがあったことが判明。二人は不倫関係にあったのだ。

当時の報道によると、第一発見者は、地方のロケから帰宅した荻野目だった。
河合は、キッチンとリビングの間のドアにマフラーをかけて首を吊っていたという。
当時まだ20代の荻野目にとり、その衝撃は大変なものだったろう。

荻野目と河合の出会いは、事件よりさかのぼること約5年、荻野目が20歳のころ出演していたドラマ「幕末青春グラフィティ・福沢諭吉」。

二人の関係は、河合が荻野目に演技指導をしたことに始まり、徐々に親密になっていったという。
やがて、河合は彼女のマンションに通いつめるようになった。とはいえお決まりのごとく、まもなくその関係は河合の妻に知られるところとなり、しばしば修羅場が繰り返されるようになっていった。

河合の死後、警察による事情聴取で荻野目は、自分から別れ話を持ち出したこと、それに対し河合から「別れるぐらいなら死にたい」と言われたことを語ったという。
不倫の関係は妻を巻き込み、ドロドロの愛憎劇の様相を呈した結果、悲劇的な最後を迎えた。
しかし半面、荻野目は修羅場が続く中にあっても、まるでそれをエネルギーに転換していったかのように仕事のほうは順調そのもの。
女優としてめきめきと頭角を現していった。

事件発生当時、当事者の荻野目慶子さんは自宅マンションで愛人が首吊り自殺と言うショッキングな状況でとてもマスコミの前にでれる状況ではなく、代わりに何もわからない妹の荻野目洋子さんが記者会見に引っ張り出されていた。

まさかの自体に驚きを隠せない表情ですね。

再び映画監督と不倫関係に…

同時に、またもやそこに、荻野目の「魔力」に魅了された愛人が現れる。
その愛人とは深作欣二監督。

深作監督は癌に冒されていたが、彼女に入れ込むあまり男性としての機能を失わないようにするため、癌治療に有効な女性ホルモンの投与を断ったといわれている。
二人は、監督が癌で病死するまでの約9年間、不倫関係にあった。

まさに魔性の女ですね。

それにしても不倫相手は2人とも監督なんですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)