大楠道代の夫(旦那)は誰?子供は?若い頃がキレイ!

女優の大楠 道代(おおくす みちよ)旦那さんはある有名な会社の設立者のようです。

そんな大楠 道代と旦那さん、子供について調べてまとめました。

 

大楠道代の旦那は?

名前は?

大楠裕二

どんな人なのでしょうか?

ビギの設立者

日本のデザイナー・ブランドの先がけ「ビギ」の設立者だったのです。

1970年 3月 大楠祐二(現ビギグループ会長),既製服製造の業務を開始 7/23 株式会社ビギを設立する。
港区白金に本社を置き,港区麻布十番に事務所を設立
1978年 3月 株式会社ビギより,ブランド”Dgrace”部門が独立し,株式会社ディグレース設立 1990年 3月 株式会社ディグレースと株式会社キャトル セゾンが合併し,株式会社ビービーケーケー(現在の株式会社パパス)設立。

スポンサーリンク

カッコイイチーターのロゴですね。

自宅

yahooで「大楠祐二 自宅」というキーワードが出てきます。
しかし、検索をしてみても大楠祐二の自宅に関する情報は出てきません。
皆さん気になって検索をされているのでしょう。

ビギの設立者なのできっと豪邸なのでしょう。

結婚

結婚に関する情報はほとんどありません。

ウィキペディアには以下の情報がありました。なお、大楠道代の旧姓は安田です。

1976年に大楠裕二と結婚し、芸名も大楠道代に改名した。
1980年代のビギの全盛期には、ほとんど女優活動をしていない道代が、ビギの役員であるため俳優タレント部門の長者番付の上位に並ぶことになった。

相当人気だったんですね。

子供は?

子供に関する情報は見つからなかったです。

お二人の間に子供がいるのかどうかも分からない状態です。

大楠道代

大楠道代は中華民国天津市出身のようです。

来歴は以下のとおりです。

武庫川女子大学附属中学校・高等学校を経て、武庫川学院短期大学国文科に進学した。

1964年、大学在学中に日活にスカウトされ、在学のまま吉永小百合主演の映画『風と樹と空と』で本名の安田 道代でデビュー。
翌年、知人に勝新太郎を紹介され、勝にその才能を惚れ込まれて大映と正式に契約。短大を中退し、本格的に女優に専念。

スポンサーリンク

この世界に入ったのはスカウトがきっかけだったようですね。

若い頃

大楠道代の若い頃について調べてみました。

とてもキレイですね。

1967年、『痴人の愛』でナオミ役を演じたのをきっかけに、青春スター路線から異色演技派女優に転身。

1968年から1969年にかけて低予算の「秘録おんな」シリーズ、「関東おんな」シリーズなどの「エログロ・異色時代劇路線」と呼ばれる一連のシリーズに主演。

調べてみると、少しいやらしい感じの作品に出演をされてますね。

以下のような意見もありました。

私が見た他の作品は、いずれも、ボーイッシュな役柄(今で言うと、木村カエラ? ちょっと違いますかね)が多いような気がします。

ちなみに、言わずもがなですが、1976年から大楠道代に改名されています。
「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」、最近では「赤目四十八瀧心中未遂」は良かった。

キレイすぎて言葉が出ないです。

若山富三郎との関係

入社第1作は若尾文子主演の『処女が見た』で、勝の実兄の城健三朗(若山富三郎)と共演した。
これが成功してスター女優として歩みだす。城とは実生活で恋仲になったという。

若山富三郎は美人女優の藤原礼子と結婚した後、大映が売り出していた、若手の主演スター安田道代(大楠道代)を愛人にしていた。
最後の1年は干されてしまって役がつかなかった。

愛人関係だったのですね。

付き人は新井浩文

新井浩文は大楠道代の付き人をやっていたようです。

そのきっかけがすごいです。

新井さんは高校中退後、19歳で「有名になりたい」という想いで上京しています。

屋台で映画プロヂューサーの荒戸源次郎さんと知り合い、女優の大楠道代さんの付き人になっているんですが、これは凄い。

元から知り合いというわけでもなく、上京して映画プロデューサーに知り合うってなかなかないですよ。

屋台ということは本当に偶然だったのではないかな。

もし出会えてなかったらどこかの劇団にバイトしながら通っていたかもしれないので、もっと時間がかかっていたかもしれません。

運命を引き寄せる何かがあったんですね。

バッシング?

大楠道代にバッシングという情報がありました。調べてみると以下のような内容でした。

大楠道代といえば、女優として活躍していますが、 その大楠道代がどうやらバッシングを受けた過去が…
どうしてバッシングを受けるはめになったのか?

ちょっと気になり調べてみると、 過激だと表現された濡れ場がいまいちだった…らしい。
その大楠道代がバッシングを受けたという。

そんなことでバッシング…皆さん期待されていたのでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)