樋口可南子の旦那「糸井重里」との馴れ初めは?子供は?

今回の記事はソフトバンクの白い犬一家のお母さん役で知られる女優の樋口可南子さんの旦那さんの情報についてまとめてみました。

 

糸井重里と略奪婚

樋口さんの旦那さんは糸井重里さんという方。

AS20150525000218_commL

もののけ姫「生きろ!」など、数々のキャッチコピーを生み出したコピーライターとして有名ですよね。

もののけ姫は最高ですね(*^^*)

mononoke1

樋口さんと糸井さんは1993年に結婚されましたが、
なんと、10年にわたる不倫の末の結婚らしいのです。

樋口さんと交際していた時には既に糸井さんには一般人の嫁さんがいました。

その嫁さんとの結婚は1981年のことでしたが、
1年後の1982年に樋口さんとの不倫が発覚してしまいます。

その時に樋口さんが報道陣に言い放った言葉が衝撃的です。

スポンサーリンク

「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」

名言(迷言)ですね。

確かにそうなんでしょうが…

こうも開き直った発言をされたら略奪された嫁さんはたまったもんじゃないですね。

普通なら発覚した時点で不倫をやめるか、離婚するかの2択ですよね。

 

しかし発覚後も不倫を続け、糸井さんの嫁も不倫を容認し、
その後も結婚生活が10年も続くという異様な事態となりました。

 

なぜそんな状態で10年も結婚がつづいたのか?
その理由は糸井さんと一般女性の間に生まれたさんにありました。

 

糸井さんは「娘が大きくなるのを待った」といいます。

養育費などの経済面を支えるという意味かと思ったのですが、
そうではなくて「娘が状況が理解できるようになってから樋口さんと一緒になりたかった」のだそう。

スポンサーリンク

 

年頃になった方がショックがデカいような気がしますが…
糸井さんには糸井さんの考えがあったんでしょうね。

また、糸井さんの嫁さんがクリスチャンだったから10年間結婚生活が続いたという
話もあるようです。

キリスト教では離婚は禁止されているようなので、
嫁さんが離婚に抵抗があったのだろうということです。

しかし糸井さんの不倫に対しては、「これも仕事のうち」と達観していたのだそうです。

 

普通は怒ると思いますが…

器が広すぎる方なのでしょうか?

それともこのころにはもうすでに愛が冷めていたんでしょうか?

 

さて、気になる糸井さんと樋口さんの馴れ初めですが、
ネットで調べた結果、それっぽい情報は残念ながらありませんでした。

 

 

子供はいるの?

樋口さんと糸井さんの間には子供さんはいるのでしょうか?

調べたところ、どうやらいないようですね。

 

ちなみに、糸井さんと前の嫁さんとの間に生まれた娘さんとの関係は良好なのだそうです。

名前は「ゆうな」さん。

 

前の嫁さんと結婚された年である1981年に誕生されたそうなので、現在の年齢は35歳ぐらいでしょう。

 

ゆうなさんは糸井さんが運営するwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」には、「あんだ」という愛称で登場します。

 

また、糸井さんがゲームデザインを担当した
コンピューターRPGゲーム「MOTHER」には、
糸井さんからゆうなさんへの想いともとれるメッセージがありました。

それは

「離れてはいるが娘を愛している…」

というものです。

MOTHER2

やはり糸井さんの中には離婚してしまったことに対する一種の“後悔”のようなものがあったようですね。

失って気付くことも多いですからね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)