【バツ2】有馬稲子の元夫・河村三郎と萬屋錦之介との結婚生活が不憫すぎる。。

元宝塚で昭和を代表する女優とも言われている有馬稲子さんは、1961年に萬屋錦之介さんと結婚、1969年に河村三郎さんと結婚をしました。

しかし、二人目の旦那さんである河村さんとも離婚してしまうのです。

こうして結婚と離婚を繰り返している有馬稲子さんは男運が悪いことでも話題になっていますが、それぞれの旦那さんはどのような男性だったのでしょうか。

今回は有馬稲子さんの歴代の旦那さんについて、記事を作成しました。

 

有馬稲子の最初の夫は萬屋錦之介


典:https://eiga.com

有馬稲子さんは1961年に俳優の萬屋錦之介(よろずや きんのすけ)さんと結婚しました。

1961年は横浜マリンタワー開業したり、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげる(本名・武良茂)と飯塚布枝が結婚、NHK朝の連続テレビ小説放送開始した年であり、かなり昔でもることを感じさせます。

 

萬屋錦之介って、どんな人?


出典:https://www2.nhk.or.jp

最初の旦那さんである萬屋錦之介さんについて紹介します。

スポンサーリンク

萬屋錦之介さんは昭和を代表する銀幕のスターとして活躍された俳優さんです。

萬屋錦之介さんは父親に三代目中村時蔵を含め叔父や家族には錚々たる歌舞伎の名人を抱える一家でした。

ちなみに二代目中村獅童は甥にあたります。

そんな萬屋錦之介さんは1936年、3歳で歌舞伎の舞台でデビューします。

女形としての演技が特に評価されたものの、四男であったことから歌舞伎界で主役を任されることはないだろうと考えていたようで、映画の相手役を探していた、美空ひばりさんと美空さんのお母さんの目に留まり、1954年「ひよどり草紙」で映画デビューを果たしています。

このとき、お父さんから「映画界に行くなら歌舞伎を辞めて行きなさい。」と言われて、歌舞伎をやめることになりました。

しかも、「歌舞伎には一度やめたら戻れない」と言われていたので、萬屋錦之介さんにとっては一大決心だったはずです。

今とは違い、当時の梨園の世界は歌舞伎の世界と映画の世界は交わるべきでないという考えがあったようですね。

それ以降は、冒険時代活劇に数多く出演し、映画スターの地位を確立しています。

 

馴れ初め


出典:https://looksroom.blog.jp

有馬稲子さんと萬屋錦之介さんの馴れ初めについて、お2人は映画雑誌「近代映画」の対談で知り合い、交際に発展したそうです。

有馬稲子さんはこの対談まで萬屋錦之介さんのことはよく知らなかったようで、これをきっかけに意気投合したのでしょうね。

その後、萬屋錦之介さんのプロポーズで結婚します。

1961年11月27日の結婚式は銀座東急ホテルで行われ、作家の川端康成夫妻が出席し、招待客が1000人以上など、芸能界始まって以来の盛大な式だったと言われています。

ウエディングケーキは2メートルものあり、この結婚式の情報から当時は2人とも売れていたことが分かります。

なにせ、当時のお値段で16万円。現在の貨幣価値にして4倍ということですから、現在では64万円もするウェディングケーキなのです・・!

 

結婚生活はセレブスタートだった!

萬屋さんの父親からは、

・京都に900坪の土地をプレゼント
・その土地に、150坪の豪邸を建てた
・プールと体育館も建設
・庭には有馬さんの大好きなバラを70種類も植える

といった、それはそれはセレブな新婚生活が始まったのでした。

 

離婚理由


出典:https://www.nagomi-web.com

有馬稲子さんと萬屋錦之介さんはたった3年7ヶ月で離婚してしまいます。

離婚理由について調べたところいくつか理由があるようです。

結婚してからというもの、萬屋錦之介さんは1年365日休みなく働き、仕事が終わったら萬屋錦之介さん宅に毎晩のようにお客様が来ていたので、有馬稲子さんは宴会場の女将のようになっていたようです。

その数はなんと12~13人。

しかも、毎晩のように繰り返されるとお金がかかりますし、なにより料理を準備するのに労力が必要ですから、有馬稲子さんにとっては落ち着いた結婚生活とはいえなかったようです。

さらに、お客さんのうちの何人かはそのまま自宅で泊まっていくパターンもあったようで、その場合、朝食もつくらないといけないですよね。それが終わったらヤレヤレなわけですが、お兄さんや姑さんの朝食もつくらないといけず、ホトホト疲れ切ってしまったそうです。

そのほかの嫁姑問題もあったのでしょう。

 

有馬稲子と萬屋錦之介に子供はいない


出典:https://looksroom.blog.jp

有馬稲子さんには子供がいません。

これには理由があります。

有馬稲子さんは、萬屋錦之介さんと出会う前に交際していた映画監督の男性との間に出来た子供を中絶し、その為子供が出来ない体になったと著書『有馬稲子 わが愛と残酷の映画史』の中で語っています。

不倫相手について、有馬稲子さんの著書では名前は伏せてありましたが、一部のマスコミで、不倫相手は市川崑さんであると実名で報道されていますし、Wikipediaにも記載がありました。

市川崑さんは「ビルマの竪琴」、「炎上」「おとうと」「鍵」「股旅」などを手掛けた監督です。

スポンサーリンク

不倫関係が始まったのは、有馬稲子さんが22歳の時だったようで、有馬稲子にそんな過去があったというのは衝撃的ですね。

 

萬屋錦之介の再婚相手は淡路恵子


出典:https://koimousagi.com

萬屋錦之介さんは、離婚の翌年の1966年に淡路恵子さんと再婚しています。

萬屋錦之介さん、淡路恵子さんともに再婚で、淡路恵子さんには2人の連れ子がいました。

 

萬屋錦之介の再々婚の相手は甲にしき


出典:https://koimousagi.com

淡路恵子さんと再婚した萬屋錦之介さんですが、1980年の後半に共演の多かった元宝塚歌劇団出身の女優、小川甲子(宝塚時代は甲にしき)さんと不倫関係になります。

甲にしきさんは不倫関係への非難から仕事を干されてしまったようです。

1990年に萬屋錦之介さんと淡路恵子さんは離婚し、甲にしきさんと再々婚をします。

 

有馬稲子の次の夫は河村三郎


出典:https://www.pasonica.com

萬屋錦之介さんとたった3年7ヶ月で離婚してしまった有馬稲子さんは1969年に実業家の河村三郎と再婚しています。

再婚したのは有馬稲子さんが37歳のときです。

最初の萬屋錦之介さんとの結婚は大変苦労をしたようですが、2回目の結婚はどうなったのでしょうか。

 

河村三郎って、どんな人?


出典:https://hotjupiter.net

有馬稲子さんの2人目の旦那さんである、河村三郎さんについて紹介します。

  • 河村三郎は山口県出身
  • 三共開発株式会社を経営しており、社長
  • 地元の郷土新聞「防長新聞」のオーナー社長でもある

この情報から有馬稲子さんは玉の輿に乗ったと思うかもしれませんが、河村三郎さんは地元山口県の大物政治家にそそのかされて、地元支援のために大金を投入し、会社経営が破綻してしまったといいます。

「社員の給料が払えなくなり、田園調布の私の家を抵当にお金を借りたが、その直後に会社は倒産した。」と有馬さんは話しています。

 

馴れ初め


出典:https://www.showholic.jp

離婚後、有馬さんは「演技を基礎から積みたい」という思いから、劇団「民藝」に入団。初舞台の際、チケットをたくさん売ろうと頑張っていた時に、不動産会社の社長・河村三郎さんを紹介されたんだとか。

当時、河村さんは有馬さんが持っていたチケット70枚を全部買ってくれたそう。

またある時には有馬さんの楽屋に訪ねてきたと思いきや、有馬さんが化粧をしている間にいなくなり、その後、再び現れ、近くのデパートで買ってきた真っ赤で豪華な座布団を「キミには、これが似合うよ」と言いながらプレゼント。

この男気あふれるエスコートっぷりに有馬さんは感激してしまったそう。

 

離婚理由


出典:https://koimousagi.com

1969年に河村三郎さんと再婚した有馬稲子さんは1983年に離婚しています。

1980年、河村三郎さんの会社が多額の負債を抱えて倒産したことで男運が悪いと言われている有馬稲子さんは旦那さんの連帯保証人だったために、借金を返済するために一生懸命に働き、かつ田園調布に持っていた家やコレクションの絵画も全部売却。

旦那さんを支える献身的な姿勢を示しました。

しかし、会社が倒産してからというもの、河村三郎さんは有馬さんに依存し、自分はろくに働きもしない、それどころか、お酒に溺れるようになり、有馬さんが家にいないと不機嫌になり、時に暴れては暴言を浴びせられることもあったようです。

萬屋錦之介さんの時とどちらが辛かったんでしょうかね。。

このような日々に飽き飽きとした有馬さんは別れることを決意。

河村三郎さんの借金を肩代わりすることで離婚が成立しました。

 

有馬稲子と河村三郎に子供はいない


出典:https://hotjupiter.net

前述したとおり、有馬稲子さんは、萬屋錦之介さんと出会う前に交際していた男性との間に出来た子供を中絶、その為子供が出来ない体になっています。

有馬稲子さんは「今はちょっと寂しい。子供が欲しかった。」と言っており、今は後悔をしているようでした。

 

有馬稲子と河村三郎の現在


出典:https://www.asahi.com

有馬稲子さんは2018年2月6日に「徹子の部屋」に出演していました。

87歳になる有馬稲子さんは健康には気を使っているようで、1年の内360日は歩くようにしているそうです。

元気な有馬稲子さんなのですが、ケア付きマンションに入っています。

ケア付きマンションとは、基本的な生活は自分で出来る人が入居できるマンションです。

有馬稲子さんの入っているケア付きマンションは、55歳以上、元気で歩ける人しか入れないようで、今の有馬稲子さんには合っていますね。

有馬稲子さんの利用しているケア付きマンションは「ライフケア横浜」というところで、大広間、レストラン、温泉などがあり、同好会も多く、このことがネット上でも話題になっています。

ケア付きマンションでは仲間と花壇で花を育てていることを話していました。

これまで男性面では苦労されてきた有馬稲子さんですが、これからも元気に女優として活躍されることを願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.