友利新の夫・松澤光邦は西郷隆盛末裔のお金持ち経営者!元旦那を横目に不倫愛を実らせる!

医師でありながら、タレントとしても活躍している友利新さん。

美人女医として有名ですが、プライベートでは皮膚科医や内科医のお仕事もしっかりとされています。

そんな友利新さんは現在結婚されていますが、夫が「会社経営でお金持ち」「西郷隆盛の松商」などと噂されています。

そこで本記事では、

  • 友利新の現在の夫について
  • 友利新の元夫について

を中心に解説します。

 

友利新と夫は2013年に再婚

友利新さんは、2013年に現在の夫である『松澤光邦さん』と結婚されています。

しかし、友利新さんは2008年に一度結婚し、2010年に離婚されているので、再婚ということになるようです。

現在の旦那さんの年齢は、友利新さんより8歳年上と言われているので、50歳前後ということになります。

スポンサーリンク

↑こちらが旦那さんの画像ですが、お顔は伏せられているものの、清潔感があってオシャレな方のようです。

いつの写真なのかはわかりませんが、年齢よりも若く見えますよね。

美人な友利新さんと、お似合いな感じがします。

 

友利新と夫の馴れ初め

友利新さんと夫の出会いは、2012年9月に行われた『荒木飛呂彦さんのホームパーティー』がきっかけだったそうです。

荒木飛呂彦さんと言えば、大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者として有名な方ですよね。

二人はジョジョの奇妙な冒険のファンで意気投合したのでしょうか?

そうして交際を始め、結婚に至った二人ですが、友利新さんは後に『荒木先生ご夫妻は、私達夫婦の出会いのきっかけを作ってくださったキューピッドなんです。』とブログに書かれていたそうです。

プロポーズは夫の方からで、共通の知り合いである田丸麻紀夫妻が仕掛け人になり、「閉店後の銀座のジュエリーショップを貸切ってのサプライズ」で行われたとのこと。

銀座のジュエリー店貸し切りなんて、庶民からすると想像もつかないことですよね(笑)

このことから、夫が超お金持ちなのがわかります。

また、友利新さんと現在の夫は、友利新さんが元旦那との結婚生活中に、現在の夫と半同棲していたとの情報もあります。

つまり、不倫・・・・

これが事実なら友利新さん、最低な人ですね!

 

夫は会社経営者

友利新さんは2013年11月5日に、旦那さんの職業について「8歳年上の実業家」であることを発表されています。

旦那さんの名前は「松澤光邦さん」ですが、アパレル会社である「株式会社 八右衛門」の代表取締役をされていたそうです。

それでプロポーズの際に、銀座のジュエリーショップを貸切りにすることができたんですね。

やはり、旦那さんは超お金持ちのようです。

 

夫は西郷隆盛の末裔

友利新さんの旦那さんの母方が、『西郷隆盛の弟・西郷従道の末裔』であることがwikipediaの記述からわかっているそうです。

スポンサーリンク

西郷隆盛と言えば、歴史上の人物で、武士・軍人・政治家として超有名な、あの西郷隆盛ですよ。

その家系の末裔というのは、凄いことですよね。

しかも、旦那さんは西郷隆盛さんの弟である西郷従道さんの玄孫(やしゃご)だそうです。

玄孫というのは、孫の孫ということです。

そんな旦那さんの実家が豪華すぎると話題になっており…

↑こちらが友利新さんがブログに載せた旦那さんの実家風景ですが、めちゃくちゃ広くて綺麗ですよね。

さすが、西郷隆盛の末裔というだけある家柄です。

実家も相当お金持ちなのでしょう。

 

友利新と元夫は2007年に結婚

ここまで見てきたように女性としての幸せを手に入れた友利新さんは、2008年7月3日に別の男性と結婚したことがあります。

そして、2010年に離婚されているのですが、元旦那さんがどんな人だったのかも気になりますよね。

ということで、友利新さんの元旦那さんについて見てみましょう。

 

友利新と元夫の馴れ初め

友利新さんと元旦那さんの馴れ初めですが、元旦那さんとは交際がなかったにも関わらず、いきなり結婚を申し込まれたそうです。

交際がない男性に結婚を申し込まれたということは、一体どういうことなのかが気になりますが、なぜかそれに関しての記述がありませんでした。

お見合いか何かだったのでしょうか?

しかも、その結婚の申し込みを友利新さんは「断る理由が見当たらない」という理由で承諾し、二人は結婚したとのこと。

交際がない上に、断る理由がなかったなんて、元旦那さんの家柄や経済力や見た目などが良かったのでしょうか?

いくらなんでも交際がない男性と結婚だなんて、私には想像がつきませんが…(笑)

 

元夫はどんな人?

友利新さんの元旦那さんは、国家議員の父親を持つ医師だったそうです。

またもや家柄が良く、経済力のある男性だったんですね。

また、元旦那さんの父親の国会議員は「平沢勝栄さん」だそうです。

条件だけ見ると、たしかに特に断る理由がない要素ばかりです。

 

友利新と元夫は2010年に離婚

友利新さんは、なぜ最初の旦那さんと離婚したのでしょうか?

巷では「価値観や性格の不一致?」と噂されていたそうですが、友利新さんが姉とフランスを旅行していた時に、セーヌ川を眺めながら、ふと『離婚だな』と思い、帰国後にそのまま離婚したとのこと。

元旦那さんから離れている期間中に、色々と思うことがあったのでしょうか?

というのも、友利新さんは元旦那さんと結婚していた頃、元旦那さんの携帯電話を見たいと思ったこともなければ、元旦那さんが今日何をしていたかも気にならなかったとのこと。

交際期間がない状態で結婚したからそうなってしまったのでしょうか?

条件や世間体などで結婚すると、やはり上手くいきにくいのかもしれませんね。

しかし、現在の旦那さんとはきちんと交際を経て結婚し、お子さんもいるようなので、これからも末永く幸せにいられると良いですね。

以上、友利新の旦那についてのまとめでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.