雨宮塔子と旦那・青木定治の離婚理由はすれ違いと浪費癖。元夫の再婚に不倫疑惑浮上!

フリーアナウンサーやエッセイストとして活躍を見せる雨宮塔子さんは2002年に青木定治さんと結婚。

子供にも恵まれますが、2015年に離婚をしました。

今回は、雨宮塔子さんの旦那・青木定治さんについて紹介します。

 

雨宮塔子と旦那・青木定治は2002年に結婚

雨宮塔子さんは、1970年12月28日生まれの現在(2020年1月)49歳。

1993年に成城大学文芸学部を卒業し、同年4月にTBSにアナウンサー28期生として入社しました。

その後アナウンサーとして活躍し、バラエティ番組を始め報道番組での活動をしていたようです。

入社から6年。

1999年にはTBSを退社しています。

退社後に旦那・青木定治さんに出会い、2002年に結婚となりました。

スポンサーリンク

 

雨宮塔子の旦那・青木定治の職業はパティシエ

旦那・青木定治さんは1968年7月1日生まれで、雨宮塔子さんよりも2歳年上。

パリに拠点を置いているパティスリー・サダハルアオキ・パリのシェフパティシエなんです。

パリではマカロンのスペシャリストと呼ばれています。

2001年には、パリ6区に初のブティックとなるVaugirard店をオープン。

2年後には、2号店となるPort Royal店をオープンしています。

その後、東京都新宿伊勢丹内や東京ミッドタウン、東京ヒカリエなどにも出店。

さらに、2011年にはパリの有名グルメガイドのピュドロにて年間最優秀パティシエに選ばれたこともあります。

また、2013年10月31日に行われた世界最大のチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ』で最優秀賞『板チョコ5枚+スター』を受賞しています。

パティシエ界では凄い方なんです!

 

雨宮塔子と旦那・青木定治の馴れ初め

別々の業界で、トップレベルの活躍を見せる二人。

雨宮塔子さんは1999年にTBSを退社し、フランスに渡りました。

フランスでは、絵画や語学を学んでいました。

 

青木定治さんもパリに拠点を置いて活動していたので、フランスで二人は出会いました。

雨宮塔子さんは、自陣のパリでの生活を雑誌『eggi』に掲載しており、その時に取材したのがパティシエ・青木定治さんだったんです。

 

しかし、そこでの取材は雨宮塔子さんが質問するものの、青木定治さんは的を得た返答が出来ませんでした。

そのため、後日、青木定治さんに連絡して再び会うことになったようなんです。

そこから、二人は交際をスタートさせています。

 

雨宮塔子と旦那・青木定治は2015年に離婚!離婚理由は?

運命的な出会いをした二人でしたが、残念ながら、2015年3月に離婚。

離婚する約2年前の2013年には別居を始め、翌年から離婚協議に入っていることを発表していました。

離婚理由について雨宮塔子さんは、「日本に彼がお店を出してから10年目を迎えますが、それ以来、離れている時間が多くなりました」と告白。

それに続けて、「パリでの子育てに孤軍奮闘している私には、彼と共有できるものが全くない寂しさに堪え切れませんでした。」と、青木定治さんの多忙さゆえ、一人子育てに追われてきた胸中を明かしています。

すれ違いというのが理由であることを告白していますが、他にも噂があります。

それは、雨宮塔子さんの浪費癖でした。

青木定治さんは以前、雨宮塔子さんのことを「浪費癖がある」と不満を募らせていたようなんです。

スポンサーリンク

パリでセレブな生活を送る雨宮塔子さんがどんどん嫌になっていったのかもしれませんね。

 

雨宮塔子の旦那・青木定治は2015年に再婚

離婚成立から、わずか5か月後

青木定治さんは、2015年8月には再婚しています。

あまりの早さに、離婚前から現在の嫁と交際していたとも言われています。

お相手は、福岡にある老舗デパート・岩田屋三越の広報を10年以上勤めていた30代後半の上田奈歩さん

青木定治さんは、2014年11月に再婚相手が勤めるデパートにパティスリー・サダハル・アオキ・パリをオープン。

この出店が決まったのも再婚相手の猛プッシュがあったからなんだそうです。

こうして二人は出会い、交際&結婚となりました。

再婚相手は上の画像の真ん中にいる方だと言われています。

ショートカットで小柄な体型。

青木定治さんとの結婚は、初婚となります。

ちなみに再婚相手のFacebookには、青木定治さんとの結婚を画像付きでアップ。

「長らくお待たせしました!結婚しまーす」という文章もあり、長い間付き合っていた感じを匂わせています。

この文章を見ると尚更、不倫関係であった可能性がありますね。

 

雨宮塔子は子供を旦那の後妻に押し付け?

実は、離婚した二人の間には子供がいます。

2003年には長女、2005年には長男と二人の子供が誕生しているんです。

両親がフランスで活動していたこともあり、籍もフランス。

なので、子供の親権は共同親権を選んでいました。

 

しかし、2016年には雨宮塔子さんがキャスターに復帰。

子供はパリに残る選択をしたため、青木定治さんに子供を任せて日本に戻ることに。

そのため、周囲からのバッシングもすごかったようです。

青木定治さんは再婚していたので、子供の面倒を見るのは再婚相手となりますよね。

再婚相手は、「2人の子供を押しつけといて自分は帰国するなんてあまりに身勝手。私はベビーシッターじゃない!」と怒りをあらわにしています。

ただ、雨宮塔子さんは何度もキャスター復帰のオファーをもらっていましたが、育児のことがあったため断っていました。

苦渋の決断だったというわけですね。

青木定治さんの再婚相手は、「子供には罪はないから」という理由で、なんだかんだ子供達を育てているようでした。

バッシングを受けながらもキャスター復帰をした雨宮塔子さんですが、2019年5月31日の深夜放送をもってメインキャスターを務めるTBS系『NEWS23』を卒業しました。

卒業時には、「フランスにまた戻るのですけど、そこで触れたヨーロッパの振る文化や女性の生き方などを時折、この番組でお伝えできればと思いますので、皆さん3年間、温かいご支援ありがとうございました」と語っていました。

なので、現在はフランスで子育て再開しています。

 

雨宮塔子に再婚の予定は?

では、雨宮塔子さんに再婚の予定はあるのでしょうか?

実は、フランスに恋人がいることが明らかになっています。

その相手は、雨宮塔子さんのカンフーの先生で現在、事実婚状態。

まだ入籍はしていませんが、もしかすると、近いうちに再婚の報道があるのかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか。

あくまで共同親権を選択しているわけですから、雨宮塔子さんが日本で仕事しても父親と再婚相手が子育てをすることが普通だと思います。

バッシングを受けても全身全霊でニュースキャスターを務めた雨宮塔子さんは素晴らしいですね。

今後も雨宮塔子さんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.