ピカチュウの声優・大谷育江の旦那や結婚相手。休業理由は病気?子供はいる?

声優の大谷育江さんと旦那さんについて紹介していきます。

大谷育江さんの休業理由は病気という噂がありますが本当なのでしょうか?

その真相に迫ると共に、子供の情報もお届けします。

 

大谷育江の結婚について

ピカチュウやワンピースの「トニートニー・チョッパー」の声優でお馴染みの声優・大谷育江さん。

声優の世界って独特で、私生活など全く見えませんが、大谷育江さんは結婚しているのでしょうか。

 

旦那について

 

この投稿をInstagramで見る

 

かないみかさん(@kanaimika3018)がシェアした投稿

スポンサーリンク

あとにも触れますが、大谷育江さんは何度かお仕事をお休みしていたことがあるようです。

大々的に公表はしていませんが、そのお休みの期間こそ、妊娠、出産の時期だったのではないかと言われています。

旦那さんについても一切の情報が出て来ませんので、どんな方と結婚したのか。

そもそも結婚したのかについても定かではありませんが、ファンの間では休業期間中が怪しいと言われています。

それを根拠付ける理由があったのです。

銀魂あにめガヤガヤ箱で、

「使回しと言えば、大〇育〇が産休の時には、〇カ〇ューはバンクで使い回してたらしいアル。〇ッシュは別役立てたアルけどな」

と、脚本家の大和屋暁さんが、神楽のセリフという体で記載していたと言うのです。

このセリフで出産は間違いない事実とされたのですが、決定的な情報ではありません。

声優という仕事は声だけで勝負する、メディアや表舞台に立つ女優さんとは一線を画しているお仕事です。

ですから、自分からわざわざ公表することはしないのでしょう。

声優さんは私生活が分からないほうが、夢を与えられるのかもしれません。

 

大谷育江の旦那についてのまとめ

スポンサーリンク
  • 旦那については一切の情報なし
  • 結婚時期は声優の休業期間中の可能性あり

 

大谷育江の休業理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

yoshitoさん(@toyako222)がシェアした投稿

大谷育江さんは2006年1月に体調不良で休業。

2008年にも休業していました。

では、売れっ子声優の大谷育江さんは、どんな理由があって休業していたのでしょうか。

 

休業コメント

大谷育江さんは「金色のガッシュベル!!」の主人公、ガッシュ・ベル役の声優も担当していました。

ですが、体調不良で休業することを発表したのです。

一日も早く復帰すると言っていましたが、どんな病気だったのかについては明かされませんでした。

大谷育江さんが休業の間は、違う声優さんが代役を務めました。

  • チョッパー:伊倉一恵
  • ガッシュ:吉田小南美
  • 光彦:折笠愛

と代役が出ています。

途中から声が変わってしまうのって、すっごい違和感ですよね。

ですから、よっぽどのことでの休業だったのだと思います。

 

病気なの?

とは言え、大谷育江さんの休業理由を詳しく調べてみましたが、休業理由は明らかになっていません。

Wikipediaでも「降板」としか書かれておらず、詳しいことは分かりませんでした。

ですから余計に休業理由は結婚と出産ではないかと言われてしまうのです。

もしそうでればおめでたいことですが、もしかしたら言えない、言いたくない病気にかかってしまっていて、公表を避けているという可能性も0%ではないはずです。

ファンや周りに迷惑や心配をかけさせないために、病気を伏せているということだってありうるかもしれません。

大谷さんサイドから体調不良という言葉が出ていますので、病気での体調不良とも、妊娠による体調不良ともとれますよね。

とは言え、出来れば、休業理由は結婚&出産という明るいニュースであって欲しいですね。

 

大谷育江の子供

ここまで大谷育江さんの休業問題を取り上げてきましたが、書いている側としましても、本当の病気で体調不良と公表していたのか。

はたまた、結婚、出産を公にしないためのフェイクだったのか、実際分かりません。

ただ、引っかかるのは大谷育江さんは、2006年と2008年の2回に分けて休業していると言う点です。

例えば、癌を患って2006年は闘病生活をしていて完治したけれど、2008年に再発という可能性があるのか微妙なラインなんです。

ですから、やはり明るい話題に持って行きたいのです。

そうなると、やはり妊娠だったのでは?と素直に思いたいです。

2006年に第1子を、2008年に第2子を。

休業の期間を考えてみても、妊娠、出産が一番しっくりくるんです。

もし子供が生まれていたら、あの七色の声で絵本を読んで貰えてるなんて羨ましいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)