やすみりえの旦那や子供。本名やカップは?ぶりっこキャラ?

川柳作家として活動を広げる、やすみりえさんについてご紹介します。

 

やすみりえの旦那はどんな人?

どんな方なのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naotoshi Nakamaeさん(@n_nakamae)がシェアした投稿

やすみりえさんは2009年に結婚されています。

結婚相手の旦那さんは一般会社に勤めるサラリーマンだそうです。

やすみりえさんが今年47歳ですので、旦那さんは37歳の方です。

かなりの年齢差があるんですね。

かかあ天下のご家庭でしょうか。

 

旦那との馴れ初め・出会いについて

一般人である旦那さんですが、元々川柳がお好きな方なのでしょうか!?

スポンサーリンク

どんな出逢いがあったのでしょう。

出会いのきっかけは川柳と言われています。

生徒と先生という関係から発展したのでしょうか。

夫婦共通の楽しみがあっていいですね。

ちなみに、お2人は2009年11月9日に島根県の出雲大社にて結婚式を挙げたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆーこりんさん(@k.yukorinrin1043)がシェアした投稿

スポンサーリンク

旦那まとめ

  • 2009年に結婚
  • 結婚した旦那さんは一般会社に務めるサラリーマン
  • 結婚までの馴れ初めは川柳だった【先生と生徒かも?】
  • 2009年11月9日に島根県の出雲大社にて結婚式を挙げる

 

やすみりえに子供はいるの?

そんなご夫婦ですが、お子さんはいるのでしょうか?

調べてみましたが、現在お子さんはいないようですね。

 

やすみりえの本名

実際は、どういったお名前なのでしょうか?

「休理 英子」という名が本名で、読み方はおなじく「やすみ りえ」です。

ちなみに「休理」という苗字ですが、日本に24件しかないそうですよ。

珍しいお名前ですね。

 

経歴

やすみりえさんとは、どういった方なのでしょうか?

やすみりえさんは1972年3月1日、神戸市に生まれ、大学卒業後から作詞活動を開始しました。

現在は東京で活動されていて、朝日カルチャーセンター湘南校講師も兼任されています。

恋をテーマにした誌が多く、子供に川柳の楽しさを伝えるワークショップも開催されています。

作家として、川柳の面白さを伝える活動をしているそうですね。

また、大人を対象とした公演も各地で開かれており、

最近ではテレビのコメンテーターとしても活動されていて、TBS「さんまのスーパーからくりTV」CX「とくダネ!」「知的冒険ハッケン!」などにも出演されています。

バラエティ番組にも出演し、著書出版などのマルチな活動を繰り広げていますね。

ちなみに、やすみりえさんは「オフィス北野」に所属しているタレントでもあようです。

 

著書

川柳作家として何冊もの著書があるやすみりえさんですが、その中から抜粋してご紹介します。

代表作として、

・50歳からはじめる俳句・川柳・短歌の教科書
・召しませ、川柳

といった作品があります。

「召しませ、川柳」は川柳句集で、他にも初心者向けの川柳の本も出版されるなど、マルチは才能を発揮されています。

やはり多才な方のようですね。

 

やすみりえはぶりっこキャラ?

ぶりっこしている方なのでしょうか?

調べてみたのですが、彼女がぶりっこだという直接の情報はありませんでした。

ただ、ネプリーグなどのテレビ番組へ出演した際、話し方がぶっりっこしていると感じた人が多かったそうですね。

 

やすみりえは英語が得意!?

川柳が得意ではないのですか?

やすみりえさんは大手前女子大学文学部英米文学科出身です。

現在は川柳作家なので少々意外ですが、元々は英語をされていたようです!

やはり、賢い方のようです。

川柳を始めたのは卒業されてからなので、そこから成功されるというのはやはり才能を感じますよね!

これからの活動にも期待していますよ!

 

やすみりえのカップは?

出典:やすみりえの旦那や高校大学など学歴は?カップ画像や代表作も!

やすみりえさんのカップ数にも注目が集まっています。

美しいやすみりえさんは、どんな体形なのでしょうか?

公表されているスリーサイズは83-59-85です。

バストが83㎝あり、画像で見るとCカップほどでしょうか。

 

やすみりえはヨーロッパ好き?

海外が好きなのでしょうか?

出典:「大人のヨーロッパ街歩き」スウェーデン・リンショーピン編

調べてみたところ、過去に生放送後すぐヨーロッパに旅行に行ったことがブログで描かれていました。

スペインの首都マドリードに滞在しそこで「大人のヨーロッパ街歩き」を大なったそうです。

撮影目的だったようですが、マドリードの美しい街並みも楽しまれたそうです。

これからも美しい川柳を詠んで下さいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)