森園みるくの旦那・夫の村崎百郎の死亡原因は殺人?犯人や事件の真相

「欲望の聖女 令嬢テレジア」や「クレオパトラ氷の微笑」などの作品を描いてきた実績がある漫画家の森園みるくさんの旦那は村崎百郎さん。

今回は、森園みるくさんの旦那・村崎百郎さんについて紹介します。

 

森園みるくの旦那(夫)は鬼畜系、電波系ライター・漫画家の村崎百郎

View this post on Instagram

#村崎百郎#まぼろし博覧会#エコロジスト

A post shared by k (@kkkmme_) on

1995年のデビュー以降、村崎氏は「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き堕とす」ためと称し“卑怯&卑劣”をモットーとした作品を次々と書き上げ、世紀末の鬼畜・悪趣味ブームを生み出した。

引用:知的好奇心の扉 トカナ

森園みるくさんの旦那様は鬼畜系、電波系ライター兼漫画家の「村崎百郎」さん。

スポンサーリンク

ファンの間ではサブカルチャーの伝説的存在!と言われているようです^^

 

森園みるくの旦那・村崎百郎との結婚までの馴れ初め

森園みるくさんと村崎百郎さんの馴れ初めについて調べてみたところ、残念ながら明らかになっていませんでした↓

ただ、お互い漫画家ということで共通の知人もいたでしょうし食事会などを通じて出会ったのかもしれませんね。

お互い謎めいている作品が多いため、イメージ等を崩さないようプライベートに関することはあまり喋らないようにしているのでしょう。

 

森園みるくの旦那・村崎百郎は2010年に殺人事件で死亡

出典:https://www.scoopnest.com

なんと…村崎百郎さんは2010年に自宅で48箇所を刺されて死亡してしまったとのこと。

犯人は一体誰だったのでしょうか?

村崎さんとの関係性についてチェックしていきましょう。

 

事件の犯人は統合失調症だった

2010年7月23日、「鬼畜ライター」として活躍し、「サブカル」や「悪趣味・鬼畜」ブームをリードした村崎百郎氏が、ファンである読者に刺殺された。

自ら110番通報して逮捕された容疑者は精神を病んでおり、鑑定の結果、不起訴処分となったため、未だにその死は多くの謎に包まれたままとなっている。

引用:excite.ニュース

どうやら犯人は村崎百郎さんの熱狂的ファンであることがわかりました。

当時、その犯人は統合失調症だったそうで精神的にかなり病んでいたみたいです…。

村崎百郎さんの作品自体も全体的に狂気的なものが多いためそういった精神的に不安定なファンを引き寄せやすいのではないかと思われます。

 

森園みるくの旦那・村崎百郎は自分の死を予知していた!

出典:http://www.higashi-nagasaki.com

――森園先生、よろしくお願いいたします。

早速ですが、村崎さんは本当に死を予知していたのですか?

森園みるく氏(以下、森園)主人は、殺された年に何度か「俺は精神病者に殺されるから、ごめんね」と言っていましたね。

そして、「世界は終わるが、それは俺にとっての世界で、他の人にとっての世界は終わらない」と謎めいたことも……。

特に脅迫状がきたり、前兆があった訳ではないのだけど、予知通りに2010年7月23日に、私が食事に出掛けている間に殺されたんです。

しかも、主人が最後に仕事で使っていたPCがありまして、そこには<ミズの中からさざ波を立てて移動しながら浮かび上がる十字架のイエス像>という文章が残されていました。

引用:excite.ニュース

これまたびっくり(*△*:)

森園みるくさんの旦那である村崎百郎さんは自分の死を予測していた!と言うのです。

村崎百郎さんは元々霊感体質で他人の妄想や悪意を電波で受け取っていた模様。

普段からそういった邪念のようなものをもらわないよう、外出の際はマスクをつけたりメディアに出るときも仮面を被っていたそうです。

世の中には目には見えないものが存在するんですね…。

何とも不思議です><

 

死後、村崎百郎の生前のコレクションが集められた「村崎百郎館」が開催

View this post on Instagram

スポンサーリンク

#まぼろし博覧会 #セーラちゃん #別視点ツアー #マンタム #村崎百郎館

A post shared by okureje (@okureje) on

今年4月、静岡県伊東市の博物館『怪しい秘密基地 まぼろし博覧会』(以下、まぼろし博覧会)に伝説の電波系鬼畜ライター・村崎百郎氏の世界を再現した常設展示『村崎百郎館』がオープンした。

『まぼろし博覧会』は広々とした敷地に秘宝館チックなトンデモ系展示や密林の中にたたずむ巨大な聖徳太子像、世界古代文明の遺跡や昭和の世界を再現した懐かしい展示などがあり、ほとんど気狂い沙汰ともいえる“ごった煮”感が魅力。

都内からでも電車とバスで片道3時間ほどで日帰りも可能な場所に位置する怪しい珍スポットだ。

このイカレた博物館は老舗出版社『データハウス』の鵜野義嗣社長が生みだしたもので、同社が運営する伊東の人気スポット『怪しい少年少女博物館』『伊豆高原ねこの博物館』の姉妹施設でもある。

引用:msn

村崎百郎さんが亡くなった後、静岡県伊東市に生前のコレクションが集められた「村崎百郎館」をOPENしたとのこと。

村崎百郎館の公式ホームページがあるのでチェックしてみたのですが、かな〜〜〜り怪しいアイテムばかり飾られているようです(^▽^;)ww

あまり画像をゆっくり眺めてしまうと夢に出てきそうなので全部は直視できませんでした(笑)

しかしホラー映画やオカルト系の作品が好きな方にはかなりたまらない博物館だと思います♪

 

【恐怖】夫の死後、森園みるくの周囲で心霊現象が頻発

出典:https://blog.goo.ne.jp

さて、占い師・除霊師でもある筆者は、近年、村崎氏の妻である漫画家の森園みるく氏にこのような相談を受けた。

「自宅で心霊現象が発生しているんです。

夜中にラップ音や人の足音が聞こえたり……。

霊感が強い友人は、家に入るのも嫌がります」

心霊現象を調査するため、筆者は村崎氏と森園氏の自宅へと赴いた。

家に入った途端、重苦しい空気が漂っていたことを今でも鮮明に思い出す。

本棚は村崎氏が愛読した魔術・オカルト関係の本で埋め尽くされていた。

しかし、何よりも真っ先に異様な雰囲気を漂わせていたのは、部屋の中心にある棚の上に置かれた“ある人形”だった。

その人形は、白骨死体のように真っ白で、まるで生きているかのように寂しげな目をしていたのだ。

引用:知的好奇心の扉 トカナ

村崎百郎さんの死後、森園みるくさんの自宅では頻繁にラップ音や人の足音が聞こえる模様…。

村崎さんはまだこの世に未練が残っているのかあの世に逝きたくても逝けない状態なのでしょうか?

やはりあんなにも残虐な殺され方をしてしまうとどうしても未練は残ってしまうものですよね↓

更には村崎さんが溺愛していた人形に関しても村崎さんの死後、頭のリボンが落ちたり衣装が取れかかるなど普通では考えられないような現象が起きたとのこと。

しかし、この人形に除霊をしたところ心霊現象はもう起きなくなったと言われています。

村崎さんは生前、黒魔術を含む魔術儀式を行なっていたため人形にも邪念が取り付きやすかったのかもしれません…。

 

森園みるくが夫の殺人漫画「私の夫はある日突然殺された!」を発表

精力的な創作活動を続ける森園氏だが、今年「めちゃコミック」をはじめとする電子書籍サイトより配信が開始した漫画『私の夫はある日突然殺された』が各方面で話題沸騰中だ。

村崎氏の死に関する実録エッセイである同書によると、彼は生まれつき“電波”を受信する特異な霊体質だったが、小学5年生の夏休みに海で溺れかけた際に宇宙の始まりを目撃し、その神秘体験を通して身体に侵入した何者かのメッセージを受け取り始めた。

この“何者か”こそ、鬼畜活動に邁進する使命を授けた存在なのだという。

引用:excite.ニュース

森園みるくさんの年齢は61歳。

まだ現役の漫画家として活動されています。

そして森園さんは最近TVCMで話題のめちゃコミックなどの電子書籍サイトで夫の殺人漫画「私の夫はある日突然殺された!」を配信中とのこと。

怖そうだけど何だか見たくなってしまう…そんなタイトルですね(*△*;)w

 

一体どんな漫画なのか…。あらすじとネタバレが気になる!

View this post on Instagram

本日は銀座スパンアートギャラリーに「マンガ家森園みるくの官能とエロス」を三年ぶりな方と一緒に伺って参りました! 自分の官能表現に森園みるく先生の作品からの影響は大きいのです^^ 20日迄で開催中なので是非、訪れて見て下さいヽ(=´▽`=)ノ 森園みるく個展「マンガ家森園みるくの官能とエロス」出版記念 2017年6月10日(土)~20日(火) 11:00~19:00 (最終日は17:00まで) ※6月14日(水) 休廊 詳細: http://www.span-art.co.jp/exhibition/201706morizonomilk.html #PORTRAIT #Photographer #Eros #art_of_japan #japan_photo_now  #phos_japan #tokycameraclub #pics_jp #ファインダー越しの私の世界 #キリトリセカイ #写真好きな人と繋がりたい #森園みるく #官能

A post shared by Ken Hiraoka (@hira_ef) on

作者さんのご主人が予想だにしない事件、事故で亡くなります。

否、ご主人である電波系、鬼畜系ライターの村崎百郎氏は、この事を予測していました。

作者さんは、「もし、自分が家にいたら」、「無理にでも外出に誘えば(よかったのに)」等と自分を責めます。

同時に、気持ちが弱い時に誘われたら、新興宗教に走る人達のこともわからないではないと、客観視しています。

流石たくさんのヒット作を世に送り出している漫画家さんだと思いました。

最後は村崎氏の生前の作品や生きざまをある形に残す為の作業を通して作者さんは再生されていきます。

私はガロの愛読者だったので、村崎氏と根元敬さんが載っていた事を思い出しました。

職種は特殊かも知れませんが、作者さんがどうやって再生出来たのかを辿ると、誰にでも当てはまる事だと思いました。

長さも手頃ですし、ひとりでも多くの人に読んでほしいです。

引用:めちゃコミック

「私の夫はある日突然殺された!」はいわゆる実体験談。

村崎百郎さんが犯人にどのように殺されてしまったのかリアルに描かれている作品です。

この作品はとても人気があるようで上記のように殺人漫画ネタバレなどの情報がネット上に多数回っていました♪

一時期「旦那デスノート」という恐ろしい掲示板が流行っていましたよねw

旦那に恨みがある奥さん方にとっては森崎さんの体験談に興味がある方が多いと思います^^;(笑)

しかし、森園みるくさんは村崎百郎さんに恨みがあるのではなく心から愛しているからこそ、こういった漫画を描こうと決めたのではないでしょうか?

素晴らしい才能の持ち主だった故に村崎百郎さんの死はとても残念でしたが、残された作品はこれからも永遠に支持を受け続けることでしょう。

こちらでは漫画家として活躍中の森園みるくさん夫に関する情報についてお届け致しました!

また、森園みるく漫画は電子書籍ストアから無料試し読みなどもできるそうなのでご興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂き有難うございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)