岡田茉莉子の夫の吉田喜重は映画監督!現在の年齢や若い頃の画像

女優の岡田茉莉子さんと結婚した夫は映画監督の吉田喜重さん。

2人の馴れ初めや夫婦生活。

岡田茉莉子さんの現在の年齢や美の秘訣!若い頃の画像についてまとめてみました。

 

岡田茉莉子のプロフィールと若い頃

【芸名】岡田茉莉子(おかだまりこ)
【本名】吉田鞠子(よしだまりこ)
【出身】東京都
【生年月日】1933年1月11日(現在年齢:86歳)

〜家族構成〜

叔母:御幸市子(宝塚スター)
父 :岡田時彦(無声映画時代を代表する二枚目俳優)
母 :田鶴園子(宝塚歌劇団卒業生)

父親はイケメンで母親は美女!

父親は俳優の岡田時彦さんで岡田さんが1歳の時に肺結核で亡くなっています。

スポンサーリンク

母親は元宝塚女優の田鶴園子さんです。

なんでも藤原紀香さんと同じくらいキレイといわれ、美しすぎる昭和女優といわれています。

大和撫子とはこの人のコトをいうのでしょうか。

 

若い頃も美人

岡田茉莉子は、1951年、第3期のニューフェイスとして、東宝に入所します。

蛙の子は蛙。

岡田茉莉子の理知的で目力の強い美貌は、新人女優の中でも際立っていたようで、入所してわずか20日後、成瀬巳喜男監督の映画「舞姫」の準主役に抜擢されました。

若い頃の岡田茉莉子

綺麗ですね。

女優業のために子供さえも作らなかったのはこの美しさを保ちたかったのでしょうね。

 

岡田茉莉子の夫の吉田喜重は映画監督!

1963年に映画監督の吉田喜重(ヨシダヨシシゲ)さんと結婚!

【氏名】吉田喜重(よしだ よししげ)
【出身】福井県福井市
【職業】映画監督、演出家、脚本家
【学歴】東京大学文学部仏文科卒
【生年月日】1933年2月16日

名は「きじゅう」と音読みされることが多いようです。

1960年に「ろくでなし」で監督デビューを果たし、これまでに数多くの映画監督作品を輩出してきた吉田喜重さん。

「秋津温泉」や「嵐を呼ぶ十八人」などの人気作品を1960年代に出した後、岡田茉莉子さんとの結婚後は、テレビドキュメンタリーなども手がけています。

岡田さんの性格はとてもせっかちな性格らしく、決まった時間に食事をしないと落ち着かない性格だし、誰よりも早くスタジオに入るんだそうです。

男勝りな方なんですね。

信号も青に変わる前に渡ってしまいそうですw

 

観客と対話出来る映画をモットー

吉田喜重さんはとある雑誌のニュースインタビューにて「観客と対話出来る映画」をモットーにしていると語っています。

“私は“見せられる映画”に反対し、映画と観客とが自由に対話出来る映画を作りたい”
これが、今の吉田喜重さんが思う映画の作り方だそうです。

自分のポリシーを持っておられる映画監督なのですね。

その映画を見た観客自身の想像力で「こういう映画なんだろう」とか、「こういう映画であって欲しい」と思うのが映画との一番幸福な出会いだと考えているとのことです。

 

結婚までの2人の馴れ初め

1962年29歳のときに岡田茉莉子さんの映画出演100本記念作品として「秋津温泉」という映画に主演されるのですが、岡田茉莉子さんはプロデュースもされたのだそうです。

そこで映画監督として吉田喜重さんを抜擢したことが縁で翌年ご結婚なさったのだとか。

スポンサーリンク

1964年に結婚式は旧西ドイツのバイエルン州で吉田喜重さんがずっと下で働いていた木下恵介監督と三人で執り行った。

日本人だから着物を着てと言う吉田さんでしたが、岡田茉莉子さんは自分一人じゃ着れないと拒否。

じゃあ僕が着付するからと木下恵介さんと二人で岡田茉莉子さんの着付をされたそうです。

ヨーロッパ各国を巡った約35日間の新婚旅行は、当時はまだ海外渡航自由化の直後で、貴重な挙式と旅行になったという。

ヨーロッーパ35日旅行っていくらお金がかかるんでしょうかね?

岡田茉莉子と岡田喜重の2人は「徹子の部屋」に出演した際に新婚旅行の「思い出の品」をスタジオで披露。

素敵なヴェネツィアングラスの瓶と鳥の置物。

夫婦関係や私生活については、毎晩就寝前には2人でおしゃべりして、その後は別々の寝室で寝ているそうです。

 

岡田茉莉子、吉田喜重が夫婦揃って会長功労賞/日本アカデミー賞を受賞

夫婦揃っての受賞なんて素敵ですね。

 

岡田茉莉子に子供はいる?

岡田さんは子供がいてると噂されているのですが、実は子供はいてないそうですね。

美しさを維持するために子供は作らないそうです。

芸能人、女優という方は子供が生まれてもそのキレイさを維持するために整形をする方が多いので、そのようなことをいわれないように子供は作らないんだそうです。

女優魂というか自分を持っている強い人ですね。

今となれば子供の産んだ人生もとか考えてしまうこともあるでしょうね。

 

岡田茉莉子の目の下のたるみが気になる!

昭和の美人女優も気づけば2017年時点で84歳です。

歳を重ねるにつれて肌にたるみが出てくるのは当然ですね。

髪型とかメイクのおかげでだいぶ若々しくみえるけど目の下のたるみはメイクでも隠し切れない様子。
にもかかわらず、年齢不相応に若々しくみえるのはなぜでしょう。
おそらくは眼力がまったく衰えていないからだと思う。

昭和の大女優として培われた女優魂、眼力があれば目の下のたるみを補って余りあるアンチエイジング効果をもらたすのかも。

その綺麗な目なのですが、目の下を整形したとかネット上で言われているそうです。

それよりも岡田さんの自然の美しさ、人工的ではない美しさをたたえている方が多いようにも思えます。

年齢と共にある劣化なので仕方ないですね。

 

岡田茉莉子の歯は入れ歯?

若い頃の岡田茉莉子さんは、若干八重歯ぎみだったのですが、最近の岡田茉莉子さんを拝見すると、その頃とは歯並びが違うということで、「入れ歯ではないか?」という声もあるみたいです。

矯正など、何らかの処置をほどこしている可能性はありますが、こちらも真相は不明です。

いずれにせよ、80歳を越えてなおあの美貌を保ち続けているのは驚異的だと言えます。

 

岡田茉莉子の今現在について

・朝は健康に為に毎日、めこんぶを食べてる

0年以上もスポーツジムに通っているそうです。

・ジムでストレッチをし、週に3日はスタジオに入ってエアロビクスやジャズダンスをし現在も健康を保っています。

・86歳の現在もネイルに通う美意識の高さ

またジムもテレビのお仕事の間にいき、そして主婦をされています。

家では意外と1日3食、ちゃんと食事を作って主婦をされているそうです。

夫の吉田喜重さんは、食にうるさい訳ではないと話されていましたが、新鮮なものでないと食べないと困り顔で話されていたので結構グルメで食事の用意が大変なんだろうなと思わされます。

ぶどうも皮をむかないと夫が食べないそうなので、全部皮をむいてあげるそうなのですが、おしどり夫婦として50年近く一緒に生活するのにも苦労があるものだな…と思わされました。

まだまだ元気そうなので今後の活躍にも期待ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)