久本朋子が夫と結婚?久本雅美の妹!通販番組に出演?創価学会なの?

女優でタレントの久本朋子さんの結婚した夫についてまとめていきます。

久本朋子さんと言えば、あの久本雅美さんの妹として知られています。

通販番組によく出演していること、創価学会に入会していることまで深掘りしていきます。

 

久本朋子の人物像

久本朋子さんと言えば、最近あまりお姿を見かけなくなりました。

ですが、元々劇団の舞台女優さんですから、テレビで見かけなくなっただけで、活動は普通にしています。

現在は歌手としての活動に力を入れているようで、月に1回はライブハウスに出演しているようです。

 

結婚について

久本朋子さんは現在53歳になります。

以前は自己紹介の時、「久本のキレイな方です」と言って笑いをとっていた久本朋子さん。

スポンサーリンク

結婚していても不思議ではありません。

気になって調べてみたのですが、久本朋子さん、結婚はされていないようです。

ご自身のブログにはお友達の結婚式に参加された様子は頻繁にあるのですが、自分の結婚話については書かれていません。

例えばこんな書き込みがありました。

先週は芸能界で結婚ラッシュ
このラッシュアワー
乗り遅れてしまいましたが
いつかはやって来るぅうう
白馬の王子はやって来るぅう

どうやら白馬の王子様が遅れているようです。

それでも今晩婚ブームじゃないですか。

桃井かおりさんや、有吉佐和子さん、浅野ゆう子さんなど・・・。

余計なお節介かもしれませんが、久本朋子さんが結婚を諦めていない限り、チャンスは年齢問わずやってくるはずです。

 

姉は久本雅美

久本朋子さんが久本雅美さんの妹さんだということは、だいたいの人は知ってると思っていたのですが、そもそも久本朋子さん自体を知らないという若い人が多いことに驚きました。

久本雅美さんは「ワハハ本舗」の看板女優さんでありながら、テレビ番組のMCもたくさんされていて、有名な方ですよね。

自虐的なギャグを言うところは、笑いと共に苦い思いも伝わります。

確かに、有名な姉を持ち、久本朋子さんはバーターとまで言われていましたが、それでも久本朋子さんはお姉さんと変わらず、明るく、ニコやかで、とても好感が持てるタレントさんでしたよ。

久本雅美さんも、年子の弟さんとはよくケンカをしたけれど、6歳下の朋子さんのことは、生まれた時から可愛がっていたと言います。

久本雅美さんと久本朋子さん、顔立ちもよく似ていますよね。

久本雅美さんの露出の多さや活躍ぶりに、妹の朋子さんは目立たずにいるようですが、上にも書きましたように、現在は舞台女優の傍ら、歌手としての活動にいそしんでいるようです。

スポンサーリンク

 

久本朋子と通販番組に

久本朋子さんと通販番組の関係性は、ちょっと意外なものでした。

久本朋子さんが通販番組で商品を紹介している番組もあります。

それは、タレントさんとしてのお仕事ですよね。

ただ、久本朋子さんと通販というキーワードでは、意外な商品を紹介していたのです。

通販というキーワードが出てきたので調べてみたところ、朋子さんは2009年12月9日に、デビューシングル「Days〜気づかれない想い〜」を出しています!

その通販でした!

自身のデビューシングルを通販で発売していたということです。

これは、Amazonなどでも見られる行為で、特別問題があるわけではありません。

ただ、通販番組と言うと、どうしてもわざとらしいリアクションで、商品を紹介する、あの通販番組というイメージがあるので、少し驚きました。

久本朋子さんは声もお姉さんの久本雅美さんとそっくりですから、あの声でどんな歌声をしているのか気になります。

 

久本朋子は創価学会信者

久本雅美さんが創価学会に入信しているのは、ご存知の方も多いかと思います。

では、妹である久本朋子さんも信者なのでしょうか?

調べてみたところ、久本朋子さんも創価学会会員でした。
久本雅美さんは、副芸術部長や、女子部区主人ですが、久本朋子さんはそうした肩書きはないのですね。

もしかしたら、久本家はみんな創価学会の信者なのかもしれません。

久本雅美さんの創価学会への力の入れようは、単なる信者という枠を超えています。

と言いますのも、創価学会が支持する公明党公認候補への、選挙応援演説にも度々行っているようなのです。

私は敢えて、信者と書いていますが、本式では久本雅美さんは創価学会の活動家、というのが本当の呼び名のようです。

ここでも、妹の久本朋子さんはあまり目立った活動をせずにいますね。

久本朋子さんは姉の売れっ子ぶりを羨ましくは思っていないようです。

久本朋子さんが出演しているローカル番組に、久本雅美さんが出演してくれることもありました。

そういう意味では、逆に感謝しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)