金子マリの旦那や息子は?再婚なの?若い頃について!

歌手として活動する金子マリさんについてご紹介しましょう。

 

金子マリについて

1954年12月1日に世田谷区下北沢で生まれた方です。

18歳から歌手として活動してきたそうです。

“下北のジャニス”なる異名をもち、伝説のNo. 1女性ロック歌手とも言われているようです!

高校時代は、エレック事務所のお茶汲みのバイトをしながら、エレックレコード所属歌手のバックコーラスをやってたそうです。

凄い方です!

1972年にギタリストの『Charさん』と出会いバンド『スモーキー・メディスン』を結成されます。

1974年に解散したが、内田裕也さんに認められて大きなステージに参加し、バンド『金子マリ&バックスバニー』を結成しレコードデビューをされます。

その後は、グループ、個人、コーラス等多岐に渡って歌手活動をされています。

スポンサーリンク

著名なミュージシャン達と活動してきた方です。

 

若い頃はアフロ?

金子マリさんは18歳から音楽活動していますが、青春時代の髪型も特徴的です。

当時は違和感がないのかもしれないですが、今アフロ頭で歩いているとみんな凝視してしまうかもしれないですね(笑)

確かに珍しい髪型ですが、画像のスタイルは似合っていますよ!

 

旦那は?

どんな方と結婚したのでしょうか?

ドラマーの『ジョニー吉長さん』と結婚されています。

1949年3月21日 、福岡県小倉市出身のドラマーの方です。

 

旦那のジョニー吉長について

どんなミュージシャンなのでしょうか?

1965年 神戸でブルース・ロックバンド「チェックメイツ」に参加しデビュー。
1968年 東京へ移り、ジョー山中とバンド「カニバルス」を結成、この時ドラムに転向する。
1972年 バンド「イエロー」結成。

16歳からライブ活動をしてきたようです!

1973年 左とん平の、ミッキー・カーチスプロデュースの『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』でドラムを担当で人生初のレコーディングも。

1974年 泉谷しげるの「眠れない夜」でドラムを担当。

過去には著名人とも一緒に活動しています。

1975年に「yellow」、「Vibration」の2枚のアルバムをリリースしてバンドを解散し、アメリカ西海岸に行ったそうです。

素敵ですね!

そして、1999年に離婚しているそうです。

 

俳優活動

そんな旦那さんですが多方面で活躍しています!

2010年 4月 代々木体育館にて開催された山本耀司のファッションショー「TOKYO DANDY」に参加。
2010年6月映画「瞬 またたき」(北川景子主演)で入院中のミュージシャンとして出演。
2011年 10月18日から12月20日 NHKよる★ドラ『ビターシュガー』に土方役として出演。

近年、音楽活動以外にも活躍をされてきた旦那さんですね。

 

死去

旦那さんは亡くなってしまったのでしょうか?

2012年6月4日、肺炎のため63歳で死去。

スポンサーリンク

ご愁傷様です。

息子がツイッターで、「本日4時54分 金子ノブアキとkenkenの父であり、ドラマーのジョニー吉長が永眠しました。1ヶ月半の闘病の結果でした。

応援してくださっていたファンの方々に、もう一度元気な姿を見せられなくて本当に残念です。親父、ありがとう。」と伝えている。

悲しいことですね。

まだ63歳ですので早いです。

 

再婚?

金子マリさんは再婚しているのでしょうか?

調べてみても再婚の事実はないようです。

今年64歳の方ですが、今後チャンスがあるかもしれませんね!

 

子供

お子さんがいますが、どんな方なのでしょうか?

金子マリさんは、1981年には長男を出産、1985年には次男を出産しています。

2人の息子さんがいますね。

若い頃は子育てに追われ、一時活動休止していた時期もあったそうです。

長男がRIZEのドラマー兼俳優の金子ノブアキさんです!!
2014年『軍事官兵衛』の櫛橋 政伊(くしはし まさこれ)役として超イケメン大河ドラマ俳優としても注目されました!

1981年6月5日生まれでドラマー、俳優として活動しているそうです。

本名は、金子信昭さんだそうですね。

2009年『ブザー・ビート』『クローズZEROII』
2011年『おひさま』
2013年『東京バンドワゴン』
こちらも話題になりましたよね!

さまざまに活動する俳優さんです。

次男は同じくRIZEのベーシストのKenKenこと金子賢輔さんです!

1985年12月30日生まれで、KenKenという芸名で活動しています。

 

金子マリの現在

今は何をしているのでしょうか?

ミュージシャンとしての活動以外では、金子総本店という創業約80年の葬儀屋さんを経営しています。

父が他界してしまい受け継ぐ形になった金子マリですが、父が残した4億円という借金も受け継ぐ事になり、月に500万円近くの借金返済を家族を養いながら、ミュージシャン活動や葬儀屋さんの経営もしていたそうです。

毎月500万円支払うのは、大変な心労だったことでしょうね。

 

CDボックス発売!

近年、CDを出しています!

1970年代ジャパニーズ・ロック・シーンを語る上では欠かせない、金子マリ&バックスバニーの全作品が完全復活している。

1976年5月にレコード・デビュー、活動期間わずか3年にもかかわらず、ジャパニーズ・ロック・シーンに強烈な印象を残したスーパーバンド、金子マリ&バックスバニーの初CD化2作品を含むCD4枚組ボックスセット『アルバム・コンプリートボックス』が発売!

すでに2017年3月に発売しています。

素敵な歌詞の楽曲「ありがとう」などもyoutubeで要チェックですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)