神楽坂恵の夫は園子温。子供は?演技下手と話題に!

女優・神楽坂恵さんの夫で映画監督の園̪子温さんについてご紹介。

子供についても触れていきます。

神楽坂恵さんは演技が下手だと話題になっているようなので、その辺りも言及します。

 

神楽坂恵と園子温の結婚

女優の神楽坂恵さんと、映画監督の園子温さんは2011年に結婚しました。

なんと歳の差19歳です!

2人の結婚までの道のりを見て行きましょう。

 

馴れ初め

抜群のプロポーションを持ちグラビアアイドルとして活躍してきた神楽坂恵さんは、特技がピアノ、日舞、着付けなど、とても日本人らしい一面を持っています。

スポンサーリンク

園子温さんはまさに野獣。

そんな正反対にいた神楽坂恵さんと夫・園子温さんの出会いは何だったのでしょう。

2人が出会ったのは2009年のこと。
園子温が友人に誘われてバーに行ったところ、神楽坂恵を紹介されたそうです。

園子温は神楽坂恵を見て「綺麗な人だなー」と一目惚れしたそう。
こんな綺麗な女性が目の前に現れたら一目惚れしてしまいますね。

バーで出会うなんって大人!って感じがします。

一目惚れってある意味運命ですよね。

神楽坂恵さんに一目惚れした園子温さん。
その場で「僕の映画に2本出て下さい!」とお願いします。

その時、神楽坂恵さんは「どの女優さんにもこんなこと言っているのかしら・・・」とかなり警戒したそうです。
有名監督にいきなりオファーされたらビックリしちゃいますよね。

女優としては有難いお話ですが、初対面の人からいきなり言われたら、確かに怪しい、何か裏がある、と思ってしまうのも頷けます。

その後、神楽坂恵さんは園子温さんの映画にほとんど出演しています。

 

告白

神楽坂恵さんに一目惚れしたはいいけれど、その先に繋がらなければ意味ないですよね。

園子温さんは男らしく告白したそうです。

2009年に運命の出会いを果たした園子温と神楽坂恵。
その後も連絡を取り続け、『冷たい熱帯魚』撮影直前に園子温から告白したそうです。

父が非常に亭主関白な家庭で育ったという園子温。

結婚したら父のようになるのではないかという不安から神楽坂恵と出会うまでは結婚することなど全く考えていなかったそうです。

そんな園子温が自ら告白するほど神楽坂恵が素敵な女性だったんですね。

結婚の”け”の字も考えていなかった園子温さんをその気にさせた神楽坂恵さんの力は凄いです。

スポンサーリンク

でも、園子温さんが結婚を決意するほどの女性に今まで出会えなかったのは、神楽坂恵さんとは前世から結婚することが決まっていたからだと思います。

園子温さんの年齢から考えても、ずいぶん時間のかかった運命の出会いだったことでしょう。

 

プロポーズ

園子温さんに結婚を決心させた神楽坂恵さんに、園子温さんは素敵なプロポーズをしました。

以前から理想のプロポーズあったという園子温。

それは『リトル・ロマンス』という映画で、主人公カップルが夕暮れの鐘が鳴る中ゴンドラの上でキスシーンをするというシーン。

さすが映画監督。

ロマンティックで印象に残るようなプロポーズを仕掛けたんですね。

ゴンドラに乗る時間と教会の鐘が鳴る時間をチェックした園子温。
理想のタイミングでプロポーズすることができました!
神楽坂恵はポロポロ涙を流したそうです。

演出が成功しました!

女性にとってもプロポーズに込める期待ははとても大きいものです。

一生の思い出に残るプロポーズ、神楽坂恵さん嬉しかったでしょうね。

 

神楽坂恵と子供

情熱的な恋愛期間を経て、現実的な結婚生活が始まった神楽坂恵さんと園子温さんご夫婦。

ですが、結婚生活もラブラブなんです。

以前、家にカメラを仕掛けて、どれだけラブラブなのか検証する番組があったのですが、園子温さん、大豪邸にお住まいなのに、どこに行くにも神楽坂恵さんの後をついて行くのです。

神楽坂恵さんが座れば、その隣にぴったりくっついて、一秒たりとも離れたくないという感じでした。

お二人にはまだお子さんはいらっしゃいませんが、子供が生まれたら生まれたで、神楽坂恵さんを独占出来ず、焼きもちを妬いて、園子温さん自身が赤ちゃん返りしそうですね。

 

神楽坂恵は演技が下手

神楽坂恵さんの演技について”下手”だという声があるのは事実です。

神楽坂恵さんは、台詞が棒読みだったり、活舌が悪かったりする時もあるのですが、どの作品でもその体当たりな演技が評価されています。

また、旦那の園子温さん監督の作品での演技は、園子温さんが演技指導をしているので、神楽坂恵さんのせいではないという擁護もあります。

濃厚なキスシーンや、セクシーシーンにも臆することなく挑戦していて、園子温さんは自分が指導しているのに、やはりジェラシーを感じてしまうそう。

女優としてプロ意識を持ってやっている証拠です。

映画『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』で神楽坂恵は演技を評価され、オオサカシネマフェスティバル2012と、第3回ヨコハマ映画祭にて助演女優賞を受賞しています。

下手くそと言う人もいますし、評価している人もいることを忘れないで欲しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)