白川由美の旦那は二谷英明。若い頃が美しい!娘やハーフについて!

女優の白川由美さんとその旦那である俳優の二谷英明さんについてまとめていきます。

白川由美さんの若い頃はそれはそれは美しかったと言われています。

同時に娘さんやハーフである噂についても触れていきます。

 

白川由美と旦那・二谷英明

白川由美さんは2016年6月14日、心不全のためにお亡くなりになりました。

また、旦那の二谷英明さんも2012年に亡くなっています。

白川由美さんと二谷英明さんは、理想の夫婦とも呼ばれ、「フルムーン夫婦グリーンパス」のCMで夫婦共演を果たしています。

このCMは長年に渡ってシリーズ化しました。

 

馴れ初め

スポンサーリンク

人気女優、人気俳優の結婚は当時は珍しくありませんでしたが、白川由美さんと二谷英明さんの馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?

そんな二人の馴れ初めは、白川由美さんがラジオのディスクジョッキーを務めていた頃に出会い、意気投合したことから。

1960年代は映画会社がスタッフから役者までを抱えていた時代でしたので、白川由美さんが東宝、二谷英明さんが日活という所属する会社の垣根を越えての結婚は話題を呼んだと言います。

ただ、問題だったのは、当時、二谷英明さんには妻子があったことです。

正に略奪婚だったのです。

白川由美さんと二谷英明さんという、まさに昭和の美男美女カップルは、実は略奪愛だったのではないかとも噂されます。

二谷英明さんは日活に入社前、佐世保でラジオのアナウンサーなどを務めていた時に一般女性と結婚し子供も一人いたそうですが、白川由美さんとの不倫をきっかけに離婚したと言われています。

今の時代だったら、ゲス不倫として、だいぶ叩かれる要素があったということですね。

そんな白川由美さんと二谷英明さんは1964年に結婚しました。

 

白川由美の若い頃

白川由美さんが活躍していたころは、女優というと別格で、誰でも彼でも気軽に女優と名乗れるような世界ではありませんでした。

白川由美さんの若い頃は、雲の上の存在で、その美しさは娘の二谷友里恵さんの比ではありませんでした。

昔は整形もないですし今のように別人になれる整形メイクもなかったわけなんで、本当に美人かどうかの資質が問われていたと思いますね。

白川由美さんの美しさが少しでも伝われば、と思いますので、若い頃の画像をご紹介します。

昭和の大女優・白川由美さんのお姿がこちら。

ホントきれいですね!

 

日本のグレース・ケリーと呼ばれた

スポンサーリンク

白川由美さんはそのあまりにもの美しさと、日本人離れした顔立ちから、日本のグレース・ケリーと呼ばれていました。

白川さんは、高校卒業間近の1955年、森永製菓のキャンペーンガール「森永スイート・ガール」に応募されると、見事合格し、芸能界入り。

数多くの映画に出演され、清楚で彫りの深い顔立ちから、「日本のグレース・ケリー」と呼ばれ、その美貌を活かした役を多く演じられました。

白川由美さんというと、若い頃から晩年に至るまで、ずーっと第一線で活躍してきた女優さんというイメージです。

その年齢に応じた役を見事演じ分けてこられた、いつの時代も必要とされてきた女優さんです。

 

白川由美の娘

白川由美さんと二谷英明さんの娘さんは、二谷友里恵さんという元女優さんです。

郷ひろみさんと結婚したことで知られています。

郷ひろみさんとはかなり前に離婚されましたが、郷ひろみさんとの間に産まれたお子さん2人ももうすっかり大きくなられました。

 

娘の現在

そんな二谷友里恵さんは、今現在、何をされているのでしょうか。

今現在は株式会社トライグループ代表取締役社長をされています。
実業家になってたんです。

家庭教師のトライって言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。
就任したのは2005年で今から13年ほど前のことです。

つまり、郷ひろみさんと離婚した後、トライグループの社長と再婚されたということですね。

2007年には「My Gym Japan」の代表取締役社長、2010年には「トライ式高等学院」学院長にそれぞれ就任されました。

トライグループ関連の社長や学院長になったことと関係していると思いますが、お父様の二谷英明さんを、家庭教師のトライのCMに起用していたこともありました。

二世女優としてはあまりぱっとしなかったですし、郷ひろみさんと結婚して芸能界をきっぱり引退したことは間違っていなかったと思います。

そして、再婚相手もビックな方で、美人は得だな、と単純に思います。

 

晩年は娘と同居

白川由美さんの旦那・二谷英明さんが亡くなってから、白川由美さんは娘の二谷友里恵さんと同居していたそうです。

「由美さんは、昔から友里恵さんと一緒にオシャレして、まるで友達みたいに楽しそうに過ごしているのが印象的でした。
英明さんが亡くなってから、娘さんたちと過ごす時間がさらに増えたみたいです」

会社社長という激務の娘の子育てを少しでも支えたいという母心。
そして夫を亡くした寂しさを忘れさせてくれる大切な存在が孫娘たちだった。
大好きな人たちに見送られ彼女は天国へと旅立った。

傍から見た限りですが、白川由美さん、幸せなまま旅立たれたのではないでしょうか。

 

白川由美はハーフ

何度も書いてしまったのですが、白川由美さんは若い頃から大変美しい女優さんでした。

その日本字離れした美しさから、実はハーフなのでは?と噂されたのです。

結論から言いますと、ハーフではないようです。
若い頃の写真を見てもわかるように、目鼻立ちがハッキリとしているタイプですので、ハーフという噂が出ることにも納得ですね。

そしてこの年代の方だと思うと身長167㎝という身長も、ハーフ説が出る理由の1つではないでしょうか?

白川由美さんの若い頃を、リアルタイムで知らないので、写真からしか情報はありませんが、整形や加工がない時代の女優さんとして、正統派美人の女優さんだったと思います。

歳を重ねてからも品が良く、華がある女優さんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)