真矢ミキの旦那は西島千博。夫と離婚?年齢は?子供や実家は?池袋ウエストに。

真矢ミキさんの結婚した西島千博さんとの馴れ初めはなんだったのでしょうか。

西島千博さんの実家は歴史のあるバレエスクールのようです。

お2人の略歴や話題となっている情報についてもまとめました。

 

真矢ミキについて

先ずは真矢ミキさんのプロフィールや略歴などについてまとめました。

真矢ミキさんのプロフィールです。

生年月日:1964年1月31日(年齢は2017時点で53歳)
出生地:日本の旗 日本 広島県広島市
国籍:日本
身長:166cm
血液型:O型
職業:女優
ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画、バラエティー
活動期間:1981年 –

真矢ミキさんの現在の年齢は54歳。

全然54歳には見えませんね。

スポンサーリンク

真矢ミキさんの父親は航空会社のエリート社員だったとのことで、実家はお金持ちだったようです。

 

宝塚時代

「日舞を習いたい」と中学時代から宝塚コドモアテネに通います。

真矢みきは宝塚音楽学校の入学時試験の成績はあまり良くなかったようで、自分自身のことを「劣等生だった」と語っています。

真矢ミキさんは、宝塚の常識をブチ破ったと語られています。

「周りの男役は女子校出身者ばかりで、共学出身の私は間近で見てきた男の子の良さを取り入れようと!」と思い、男役も娘役も、アイシャドウは水色に紫、そして口紅は赤だった宝塚を真矢ミキさんは「男でそれはありえない!」と言い、目元をグレーにし、口紅はベージュ系の落ち着いた色に変えたそうです。

真矢ミキさんは、日々男役を研究していたようで、以下のように語っています。

山手線に半日くらい乗ってぐるぐる何周かし、よれた襟のシャツ着たサラリーマンをずーっと見ていたり、歩く流行雑誌みたいな渋谷の交差点を行く男性陣を一日中眺めたり。

今思えば、私の20代は男性の魅力をただただ研究して過ぎた。
特に、ダイレクトには魅力を押してこない日本男性に注目だった。
シャイで寡黙だけどハートの奥にはチリッと、いやジリジリッと、いや、仕事となるとメラメラッと熱いものを出してくるギャップがいいな…
みたいな。

または、愛する女性を目の前に、一瞬、言葉をのんでいる時のうつむき加減の露出しない色気…
などなど見つけ出したら止まらない私なりの目線、私なりの男性像を見つけていた。

1998年に、真矢ミキ自らの発案で、つんく♂プロデュースの宝塚歌劇団初である”真矢みき日本武道館コンサート”を開催します。

この真矢みきのソロコンサートは2日間で3万人を動員します。

その他、真矢ミキさんは篠山紀信撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみ「ヅカの革命児」とまで言われました。

 

宝塚退団後

真矢ミキさんは、1998年10月5日『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団します。

宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所からなんと戦力外通告を受けます。

知人からリクルートスーツを借り、自ら『踊る大捜査線』のオーディションを受けた、2003年、このオーディションを這い上がり、念願の芸能界復活を果たします。

宝塚では革命を起こした真矢ミキさんにこんなどん底時代があったのですね。

 

乳腺症

真矢ミキさん2016年10月に「ビビット」で、自身が乳腺症であることを明かし、医師に「様子を見ましょう」と言われたことに不安を感じていると語っています。

様子見とのことですが、心配ですね。

スポンサーリンク

 

真矢ミキの旦那

真矢ミキさんの旦那さんは、バレエダンサーの西島千博さんです。

イケメンですね!

西島さんは、バレエ界ではかなり有名な方なんだそうです。

 

西島千博について

本名 西島千博
生年月日 1971年10月21日
身長:178cm
出生地 宮崎県日向市
職業 バレエダンサー、俳優、振付家
ジャンル 舞台、テレビドラマ

西島千博さんの現在の年齢は46歳。

真矢ミキさんより8歳年下の方ですね。

そして身長は178cmとけっこう、高身長です。

なお、西島千博さんは池袋ウエストゲートパークに尾崎京一役で出演されていたようで、ちょっと話題になっています。

 

略歴

実家は歴史のあるバレエスクールのようです。

バレエを始めたのが3歳の時で、その後は頭角を現し19歳でフランスに渡って、「バレエコンクール」で優勝するなど経験や自信をつけていったようです。

その後もフランスで活躍し、12年もの間「プリンシパル」として活躍します。

 

馴れ初めと結婚

お2人の馴れ初めですが、「スターダストin上海」と言う舞台で共演したのがきっかけです。

ただその後6年間は恋愛関係ではなく友達としての関係だったそう。
恋愛に発展したのは共通の友達との食事会で一緒になり急接近して交際がスタートしたそうですね。

プロポーズは旦那さんの方からだったのです。

でも西島千博(にしじまかずひろ)さんからの結婚のプロポーズに対して真矢みきさんは「空耳かと思った」などと言っていたそうです。

どんなプロポーズをしたのでしょうか?

「西島さんと近々結婚させて頂きます」と自らの口で結婚について話した。
6年間の友人関係を経て交際、結婚となった真矢は「派手なラブラブではなくペタペタぐらいですね!」と、
元宝塚歌劇花組トップスターらしく結婚までの経緯をクールに報告。
「指輪を見て、視覚までおかしくなったのかなと思ったし、何かドラマのワンシーンを撮影している感覚になりました」と“女優”目線に。

ドラマのワンシーンのようなプロポーズなんて、素敵ですね!

贈った結婚指輪は「ブルガリ」だったようです。

そして2008年12月22日に入籍し、2009年4月1日に結婚式を挙げています。

絵になるような素敵な夫婦ですね。

最近では、夫婦で共演もありました↓

真矢ミキの主演ドラマ『黒蜥蜴』で夫婦で初共演。
真矢は「短い時間でしたがとても楽しかったです!」と撮影を振り返った。
ドラマの世界観を表す上でとても重要な意味を持つシーンで二人はダンスを披露する。
西島は「不思議な妖艶な空間だったので、今の2人にはとてもあっていたのではないかと思います。
楽しめました!」と納得の表情。

とても似合ってますね!

真矢は「きょうも夫婦が立っているという感じはなかったと思うんです。
いい意味で、私たちは二身一体になろうなんて思っていませんので」と、自分たちなりの“夫婦のかたち”について言及し、「お互いの大切なところを守って応援して、意見を言いあって過ごしてきた」と夫婦円満の秘けつを語っていた。

夫婦生活は順調なようです。

なお、子供について調べましたが、お2人にお子さんはいないようです。

現在の真矢ミキ・西島数博夫妻について、一部では離婚の噂もあるようですが、そのような事実は無いようです。

宝塚時代は男役をとことん研究し、最近では高等学校卒業程度認定試験に合格するなど、真矢ミキさんは努力家なのだなと思います。

今後も活躍を期待します。

これからも夫婦仲良く過ごしてもらいたいです♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)