丘みどりの旦那や独身の噂について。母親やアイドル時代の活躍まとめ

演歌歌手だけど、どこか女優の高畑亜紀にも似ている丘みどりさん。

現在34歳の彼女は旦那様がいるのでしょうか?

それとも独身なのでしょうか?

母親との秘話やアイドルだったという噂は本当でしょうか?

 

丘みどりは旦那と結婚してるの?NHK職員という噂もあるけど?

2017年12月31日には、紅白歌合戦に出場したりと丘みどりさんの交際相手がテレビ関係の偉い人では?という憶測が広まって「NHKの職員と結婚しているから」といった噂が噂を呼んで伝言ゲームのようになったのが真相のようです。

丘みどりさんが結婚して旦那がいるというのは全くのウソでした。

丘みどりさんは、以前ファンから「結婚願望はありますか?」と質問されて「ありますよ」「子供に自慢してもらえるようなママに、いつかなりたいです」「ミニみどりに逢いたい」と答えています。

丘みどりさんの弟はすでに結婚して子供がいて、弟の子供がかわいくて仕方ないのだそうです。

スポンサーリンク

丘みどりさんの結婚願望があって、それで、「結婚した」という噂になってしまったのでしょうね

2017年12月31日の紅白歌合戦にやっと出場できた演歌歌手の丘みどりさん。

選ばれた背景にはただただ彼女が頑張ってきたことが理由だったにも関わらず…。

  • 「交際相手がテレビ関係の偉い人だったのではないか?」
  • 「NHK の職員と結婚しているからなのでは?」

といった耳が痛くなるような情報が飛び出してしまいました。

しかし私には最初からこれがだということは分かっていたこと!!

丘みどりさんは、これまで苦労して苦労してやっと彼女の実力で紅白歌合戦に出場することができたのです。

彼女の結婚についてですが、願望はあるものの34歳になった今も独身でいらっしゃいます。

頑張り屋の彼女ですから、もうそろそろ誰かに頼れる環境があってもいいのではないかと思います…。

彼女のファンならきっと、結婚したってその気持ちは変わらないはずです!!

 

丘みどりは独身だった

さてネットで話題になっている丘みどりの結婚相手についてですが。。

いろいろと調べてみたのですが、結婚はしていないという事で現在は独身との事です。

という事は、旦那が「NHK職員」って噂もガセという事になりますよね。

まあ結婚してないという事で私を含め、安心した世の男性はかなり多かろうと思います(笑)

でも演歌歌手って美人なのに独身って方もけっこう多いような気がします。

あの坂本冬美さんも独身ですよね。

画像の通り綺麗な丘みどりさん。

独身の演歌歌手というだけあって、色気は抜群!!

ファンの男性達の中には

  • 「彼氏になりたい」
  • 「俺が結婚したい」

なんて思っている人たちが大勢いるのだと思います。

丘みどりさんは5歳の時から民謡を習い始め、小学校5年生の時に出場した「兵庫県日本民謡祭名人戦」史上最年少の県名人に選ばれました。

これを皮切りにオーディションに合格したり、演歌歌手を目指して音楽の専門学校で歌を勉強したりしてきました。

これだけの努力の人ですから、彼女がこれから一体どんな人を選ぶのか…。

とにかくいい人を選んで幸せになってほしい!!そんなふうに思ってしまいます。

 

丘みどりの母親の死因はがんだった

地道な活動が実を結び、徐々に知名度も上がってきた丘さんでしたがそんなとき不幸が丘さんを襲います。

丘さんが演歌歌手デビューしてすぐに最愛の母親・早苗さんにガンがあることが発覚

丘さんは、一時演歌歌手としての活動を休止しお母さんの看病を行います。

しかし、翌年の2006年に最愛の母・早苗さんは天国へ旅立ちます。

47歳という若さでその死因はガンでした。

早苗さんは、丘さんが紅白歌合戦に出場することを夢みていたそうです。

そして、丘さんは2017年の紅白歌合戦への出場出場が発表された時の会見では母親との約束が果たせると記者会見で話していました。

また丘さんは母親を亡くした当時、辛いときにはお母さんが生前よく言っていた「やらずに後悔よりやって後悔の人生」という言葉を思い出して、乗り越えてきたそうです。

5歳の時から民謡を習い始め、NHK紅白歌合戦に出場したのは34歳の時でした。

時にはくじけそうになり、そして時には引退する事だって頭をよぎったこともあったと思います。

そんな時に彼女を応援してくれたのが最愛の母親・早苗さんでした。

徐々に知名度が上がってきた丘みどりさんでしたが、そんな時にお母様がになったことが発覚。

演歌歌手の活動を休止してまでも看病にあたりますが…。

お母様はまるで「私の看病なんかしないで演歌歌手を頑張りなさい」と言わんばかりに…。

たった1年後、天国へと旅立っていきます。

この時早苗さんは47歳、早すぎる旅立ちでした。

そんな早苗さんは丘みどりさんがいつか紅白歌合戦に出場することをずっと夢見ていたそうです。

お母様が亡くなってから苦節11年、丘みどりさんはまるでお母様との約束を果たすように紅白歌合戦への出場を勝ち取ります。

そして、ついに大舞台の紅白への出場が決まり、母親のお墓参りに行きそこでお母さんに「ありがとう」と報告したそうです。

そのことについて、記者から「お母さんからお返事はありましたか?」という質問を受けると丘さんは、笑いながら「『しっかりと歌いなさい』と聞こえたような気がします」と答えていました。

丘さんは、デビュー10周年となる年、2014年に『椅子』という曲を発表しています。

この曲は亡き母・早苗さんに捧げる歌でした。この『椅子』が泣けると評判になっています。

『生きる勇気を与えてくれた』

『希望という名の椅子を与えてくれた』

本当に丘さんにとって、早苗さんが大事な存在だったことが分かりますね。

これからも当サイトでは、丘さんを応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

NHK 紅白歌合戦の本番では、緊張もあったと思いますが…。

きっと歌の途中、お母様のことが頭の中でいっぱいになり、何度も涙を堪えていたのではないかと思います。

しかし2017年のNHK紅白歌合戦では、堂々とした姿で歌いきった丘みどりさん。

お母様はきっと天国で涙を流していたはずだと思います。

そんな丘みどりさんはお母様が亡くなってから8年後に亡き母に捧げる歌として「椅子」という曲を発表しています。

まだ聞いたことがないという方も、彼女の想いが詰まっている曲ですので是非一度聞いてみてほしいなと思います!

 

母の死後は父親の支えで念願のNHK紅白歌合戦に出場

18歳でアイドルとしてデビューしました。

父は公務員、母は主婦。演歌歌手になろうとしても、周りに芸能人はいない。

とりあえず芸能界に入ろうと、アイドルのオーディションに応募したら合格し、活動を始めました。

でも、アイドルは向いていない。

自分は演歌歌手になるんだと専門学校に通って、発声など基礎からやり直しました

そんなときカラオケ番組に出演したのが大阪の演歌歌手の事務所の目に留まり、2005年に演歌歌手としてデビューできました」

「ところが、まもなく母にがんが見つかったんです。

母の看病のために、芸能活動を一時、中止しました。

母が亡くなったのは06年です。

演歌歌手になったのを喜んでくれた母です。

どんな衣装にするか、舞台で何をしゃべったらいいのかなど相談もしていました。

母の死去でもう何もかもがいやになり、投げやりな気持ちになりました

上の記載の通り、最初から演歌歌手になろうと思っていたわけではなかった丘みどりさん。

お父様は公務員、お母様は主婦と言う…とても安定した家庭で大事に大事に育てられた娘さんだったのだと思います。

丘みどりさんとお母様はとても仲が良く、仕事のことについても細かな相談をしていたそうです。

癌が発覚してたった1年でいなくなってしまった丘みどりさんのお母様。

残された丘みどりさんは一時絶望的な気持ちになったようです。

――お父さんのひと言が支えになったのですね。

「父に歌手をやめたいと打ち明けると『帰っておいで』と言われ、実家に帰ったんですね。

そこで怒られたりしたら反発したかもしれませんが、『みーちゃん、何とかなるやろ』と励まされたんです。

続けようと決意しました」

「ただ、人生、甘くはない。

デビュー10年、30歳になってもヒット曲に恵まれませんでした。

『やらずに後悔するよりもやって後悔する人生を送ってほしい』という母の言葉を胸に頑張りました」

――16年にブレークし、この年末のNHK紅白歌合戦に初出場します。

「天国の母との約束が、ようやく果たせるという気持ちですね。

父も喜んでくれています。

父は私が出演した番組をすべてビデオにとってくれていて、そのたびに『すごく良かった』などと(無料対話アプリの)LINEや電話で褒めてくれます。

それが、自分でも満足したときと一致するんです。

よく分かってくれているんですね」

そんな時彼女を支えてくれたのが父親でした。

怒られたらムカついていたかもしれなかったのに、優しく励ましてくれたお父様

お父さんが言ってくれた「なんとかなるやろ」の言葉で押しつぶされそうだった心がすっと軽くなったのかもしれませんね。

デビューから10年が経過し、30歳になってもヒット曲一つ生み出すことができなかった丘みどりさん。

もう辞めた方がいいんじゃないか」そんなふうに思った時間は年々長くなっていきましたが…。

たった一つ「やらずに後悔するよりもやって後悔する人生を送ってほしい」という母の言葉を信じ、2016年…!!

ついについについにブレイクを果たすのです!!

上の画像のように、時には控え室で眠ってしまうこともあった丘みどりさん。

「このまま一生売れないかもしれない」と言う不安を抱えながらも、とにかく続けてきて、演歌歌手を辞めなくて…本当に良かった!!

 

丘みどりは過去にHOP CLUBのアイドル歌手として活動していた【画像】

兵庫県姫路市出身の丘みどりですが、地元の山崎高校を卒業後に18歳の時にアイドルグループ「HOP CLUB」のメンバーとして芸能界デビューしています。

アイドル時代の画像を見ると、バリッバリのアイドルではありませんか!(笑)

「HOP CLUB」と言うグループは、大手芸能事務所『ホリプロ』の大阪支社に所属するアイドルで結成されていました。

このグループを結成した趣旨は、「関西から全国区のアイドルタレントを輩出しよう」と言う事で、結成後はそこそこの人気を誇るも、2010年にメンバーを大幅交代させてからはグループの人気が落ち、2013年末にはグループの解散及びファンクラブも消滅したのですね。

でも結果、アイドルではありませんが全国区になったのは丘みどりだけでした。

丘みどりはアイドルをやっていたものの、元々演歌歌手になるのが夢で、アイドルになりながらも音楽の専門学校に通いながら演歌の基礎を勉強していたのです。

かなりの努力の人ですよね!

そしてグループ卒業から数年経った2005年に念願の演歌歌手デビューを果たしたのです。

現在は演歌歌手の丘みどりさんですが、過去にはアイドルとして活動していた時期がありました。

上の画像の通り、本物のアイドルと混ざっても、結構馴染んでしまう丘みどりさん。

今よりももっと若かった時は、かなりイケてたのではないでしょうか??

丘みどりさんがアイドルとしてデビューしたのは18歳の時でした。

なんと大手事務所「ホリプロ」の大阪支社からデビューしていたなんて驚きです。

この時メンバーだった仲間の内、結局全国でながしれるほど有名になったのは丘みどりさんたった一人でした。

日本中にはアイドルと呼ばれる人が数え切れないくらい存在する現在ですが、そこからトップアイドルと呼ばれるまでになるには本当に狭き門を通るようですね。

アイドル時代は上の画像の通り、超ミニスカートヘソも見えてるほど露出が多かった丘みどりさん。

今では着物を着ているので露出はほとんどありませんが…なぜか隠れている方が色気がプンプン匂い立っているのはなぜでしょうか…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)