米倉涼子が旦那・太田靖宏とモラハラで離婚?顔画像は?会社は広告代理店?

今や日本一綺麗な女優と言っても過言ではないほど俳優としてトップに上り詰めた米倉涼子さん

彼女がどんな男性と付き合い結婚するのか常に注目を集めていましたが…。

いざ結婚した男性とはたった数ヶ月で離婚したんだとか!?

実際は一体何が起きていたのでしょうか??

 

米倉涼子の旦那の名前は太田靖宏で顔画像は?

米倉涼子さんの元旦那さんは一般人ですが、一連の報道のなかで仕事や見た目に関する情報がいくつか出ていました。

それらをまとめると、

・米倉涼子さんより2歳年下(※米倉涼子さんは1977年生まれ)

・元リクルート社員でクーポン雑誌ホットペッパーの編集長を務め、部長まで出世した

スポンサーリンク

・その後同社を退社して会社を経営している

・身長は180cmで顔はEXILEのTAKAHIRO似のイケメン

仕事ができて見た目もよい人なのがわかります。

特に年齢やキャリアは人物を特定する大きなヒントになりそうですね。

こうして米倉涼子さんの元旦那さんではないかといわれるようになったのが株式会社ライフノートの代表取締役兼CEOの太田靖宏さんです。

上の画像の男性が米倉涼子さんを射止めた超イケメンと言われている元旦那さんです。

おそらく上の画像以外にももっとかっこいい写真がたくさんあるのだと思いますが…。

残念ながらそれらは未公開…。

たった数枚だけやっと手にいれたという状態なので、上の画像で判断してみますが…。

米倉涼子さんの元旦那様がかなりのイケメンという噂は本当のようです。

さすが米倉涼子さんが選んだだけあって、見た目良し&頭良し&背も高い!!

一体どうしてこんな素敵な旦那様とすぐに離婚してしまうことになったのでしょうか…。

 

旦那・太田靖宏の大学・学歴について

米倉涼子さんとの離婚成立で世間から注目を集める太田靖宏氏ですが、ネット上では彼の学歴(高校,大学)についても話題となっています。

太田氏が一般人ということもあり、公的メディアでは彼の素性についてはほとんど取り上げられていません。

そこで、太田氏のSNSを調査したところ、本人のFacebookアカウントが存在していたのです。

太田氏のFacebookに記載されているプロフィールによると、彼の学歴は次の通りです。

  • 高校:私立 摂陵高校
  • 大学:大阪学院大学

この学歴からも分かる通り、太田氏の出身は大阪府のようです。

まずは米倉涼子さんの元旦那様の学歴について調べていきたいと思います。

旦那様の高校は早稲田摂陵高等学校

この学校は大阪府茨木市にある中高一貫の私立学校です。

名前に早稲田がつく通り、早稲田大学の系属校として有名です。

つまり米倉涼子さんの元旦那様、かなり頭がいいということがわかりました。

大学はどこに行ったのかと言うと早稲田ではなく大阪学院大学

通常はOGUと呼ばれていますが、名前を書いて出せば誰でも合格できるなんて言われることもある大学のようで…。

偏差値もそれほど高くはないそうです。

 

旦那・太田靖宏の職業(会社名)と職歴①2001年にリクルート入社

太田靖宏は元リクルート社員、但し契約社員で中途採用。

そのため新卒と違いかなりバリバリの典型的な営業職だったようです。

成績を収めて独立するという典型的なパタンだった模様で、リクルートのクーポンサイトを任され、独立という経歴のようです。

バリバリの営業マンで、昔ながらのかなりきつい営業で成績を収めて出世してきたようです。

大学を卒業した米倉涼子さんの元旦那様は、就職活動をした学生なら誰でも知っている大手の会社、リクルートに契約社員として、しかも中途採用で入社します。

正社員として入社したぬるま湯に浸かったような新入社員たちとは違い、契約社員の中途採用となればとにかく結果を出さなくてはなりません。

プレッシャーを背負う中、米倉涼子さんの元旦那様はバリバリと成績を収め、リクルートのクーポンサイトを任されるようになるほど大活躍して行きます。

中途入社時はピンチだった太田さんですが、尻に火がついたのか才能をどんどん開花して行ったようです。

 

旦那・太田靖宏の職業(会社名)と職歴②2012年8月に広告代理店「株式会社ライフノート」を設立

彼は株式会社「ライフノート」の社長を務めています。

同社HPによると、彼は2012年8月にライフノートを設立しています。

現在では実業家として活躍している太田氏ですが、かつては「リクルート」の社員でした。

リクルート時代から彼の成績は優秀で、2012年に退社するまで「HOT PEPPER」の営業職や編集長、マネージャー部長を歴任。

そして、2012年8月に独立を果たしています。

オフィスは東京本社と大阪支社があるようです。

米倉涼子さんと旦那の別居報道が出た際、旦那は仕事で大阪に行っていることが多い、と書かれていましたが、ちょうど大阪支社の立ち上げの時期だったのかもしれませんね。

仕事で評価されることをが多くなった太田さんは、2012年自らの会社・広告代理店の「株式会社ライフノート」を設立します。

独立後は順調にビジネスが進みオフィスは東京本社のみならず、大阪にも存在しています。

米倉涼子さんとの別居報道が出た時旦那様は大阪にいることが多い何て言われていましたが…。

これは単に大阪支社での仕事が多かった時期ということだったんだと思います。

 

株式会社ライフノートの事業内容

太田靖宏さんが設立した株式会社ライフノートは営業代行・アウトソーシング事業を中心に、新規事業開発、飲食・美容事業などを行っている会社。

営業代行もそうですが、飲食美容系の仕事は特にホットペッパーに携わっていた時の経験が活きていそうですね。

社員は太田靖宏さんと同じ元リクルート社員から元美容師・元居酒屋店長・元板前といった現場で働いていた人間まで非常に多彩(転職サイトによれば社員は30人ほど)。

会社理念の一つにこう掲げてあります。

世の中に幸せなことを提供し続ける会社でありたい

従業員には、結構な営業成績を課せられるようで、かなりきついようです。

3年以下で辞める人も多く、概して評判はあまり良くない様子。

営業で数字を出せなければ、居場所がなくなるという典型的な業務内容のようで、仕事を覚えながら育っていけるような環境ではなさそうです。

新卒向きではないですし、こういった職場はかなり離職率も高いので心身ともに壊しやすいのではないでしょうか。

太田さんが設立した株式会社ライフノートは一体どんな業務内容なのかと言うと…。

営業代行、アウトソーシングを中心に、その他新規事業なども手がけていらっしゃるそうです。

若い頃に頑張った経験が様々なところで知恵となって彼をバックアップしているようです。

人脈が相当ある方と思われる太田さんは、自分が設立した会社に元リクルートの社員や、おそらくホットペッパーに関わっていた現場の方などを採用しました。

誰とも揉めずこういうことができる方って、それなりに人格が良いとしか思えません。

彼が新会社を作った理念の一つが「世の中に幸せなことを提供し続ける会社でありたい」。

お金儲けのためだけでなく、世の中の為にということを考えているあたり、今後も成功し続けるビジネスマンなのではないかと感じました。

しかし従業員からの評判は「かなりきつい」と言った内容らしく、働き方は今のゆとり世代とは真逆のアグレッシブな大勢のようです。

これくらいの勢いがあったからこそ米倉涼子さんをゲットできたとも言えそうですが、結局離婚に至ってしまうくらい、今はビジネスにのめり込んでいらっしゃるのだろうと思います。

 

旦那・太田靖宏との結婚までの馴れ初め

2011年の冬、米倉さんがよく行くバーで偶然居合わせたことが出会い。

米倉さんの方から側に座り、話しかけたのが、そもそものきっかけらしいのです。

米倉さんが積極的にアプローチして二人の関係が始まり、4年後に結婚となります。

太田靖宏さんの外見は、高身長で見るからにお金も持っている感じのイケメン。

米倉さんが付き合いたいと擦り寄ってしまうのも仕方ない感じの容姿や雰囲気。

経営者であり、業界に関わりがありそう、羽振りがいい等の魅力は女優である米倉涼子にとっても魅力的に写ったのではないでしょうか。

米倉涼子さんと太田さんの出会いは何だったのか?

調べてみると米倉さんがよく行くバーで偶然会ったということがわかりました。

しかもおそらく一目惚れしただろう米倉さんが彼に話しかけに行ったんだとか…。

積極的にアプローチして4年の交際を実らせ結婚することになったそうです。

あの米倉涼子さんが自分からアプローチするなんて…。

太田さんという方はどれだけかっこいい方なのか…!?!?

きっと説明しなくても本物を見れば1秒で分かるということなのでしょう。

 

米倉涼子と旦那・太田靖宏がモラハラで離婚危機と報道される

米倉涼子さんと旦那・太田靖宏さんの不仲が報じられはじめたのは結婚からわずか数か月後の2015年3月ごろ。

既に別居中であることや、離婚協議の準備を始めたことなどが報じられました。

そしてその中には2015年4月9日発売の週刊文春をはじめ、太田靖宏さんの米倉涼子さんに対するモラハラ疑惑に関する記事も多数ありました。

スポンサーリンク

その内容は

  • 新居への引っ越しの際に、あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ!といわれた
  • 「お前の友達は常識がない」と交友関係を狭めて自分の言うことしか聞かせないよう洗脳しようとした
  • 5時間正座をさせて「服も髪型も全部変」と米倉涼子さんを否定するような説教を続けた
  • お酒の席で米倉涼子さんの首を絞める姿が目撃された

といったもの。

これらが本当であれば、とんでもない話ですね。

一目惚れした男性とやっと結婚し子供を産んで幸せになれる…嘘を持っていた米倉涼子さんでしたが…。

二人の結婚生活はたった数ヶ月で破綻してしまいます。

離婚原因は旦那様のモラハラだった、その内容は上の通りだったと言われています。

 

米倉涼子と旦那・太田靖宏は別居していた

週刊FLASH2015年4月21日号には広告代理店関係者の話として

「夫は米倉さんと結婚して以来、彼女を『接待要員』として取引先との食事の場に同伴することがたびたびだった。…」

と書かれていました。

しかし、それに続けて

…最初は米倉さんも苦笑いして許していたが、毎回毎回だと我慢ができなくなった…(中略)…トップ女優にとって、夫の営業現場でホステス扱いされることは、プライドが許さなかった。」とも。

この記事が出る少し前から、米倉涼子さんと太田靖宏さんには別居報道や離婚協議の準備中であるといった報道が出ていました。

結婚後、太田さんは米倉さんのことを接待要員として食事の会に同伴させることが多くなったそうです…。

ちなみにうちの父も会社を設立した社長でしたが、美人な母のことをいつも食事会という名の接待に同伴させていました。

ここからは推測ですが、別段ホステスとして扱いたかったわけではなく、ただ単に奥様を自慢したかった…。

奥様と一緒にいる時の方が場が和んで仕事の話が上手くいく…。

一緒に食事会に行くことを妻も喜んでいる」と勘違いしてしまった可能性が高いと思われます。

うちの父はそう言っていたので、恐らく男性側からするとそんなところなのではないかと推測します。

 

報道されたモラハラの内容が酷過ぎて笑えない

一連の報道により、記者から取引先に電話が行く、業務のスケジュールを大幅に変更せざるを得なくなるなど、太田靖宏さんの仕事にも大きな影響が出たそう。

しかし、2015年4月16日配信日刊サイゾーの記事によれば、太田靖宏さんは「モラハラ報道は米倉涼子さんのタレントイメージを守るためにでっち上げられたもの」と話していたといいます。

また、旦那は女性に5時間も正座をさせるような人ではない、という旦那さんの関係者の話、米倉涼子さんはそんな理不尽な人に黙って従うタイプではない、という米倉涼子さんをデビュー当時から知るテレビプロデューサーの話なども書かれていました。

太田さんのモラハラ報道が出た時、

  • 「これだけの内容が揃うのはちょっと怪しいな」
  • 「米倉涼子ぐらいの女性がこんなも受けて黙っているわけがない」

と思いました。

やはりごのモラハラ報道、事実とはかなり違うという噂も浮上しています。

 

米倉涼子はモラハラ報道に激怒「いくらなんでも酷過ぎる」

文春ではそのモラルハラスメントが繰り返し行われたとあり、例えば関係者の話として、夫が結婚前から米倉を正座させて5時間も説教したり、持っているバッグや靴などに至るまで「変だ」と否定。

交友関係についても「お前の友達は常識がない」とあしざまにい行って交際をやめさせようとモラハラを知っている人が聞いたら、「あぁ、あるあるですね」という内容ですがモラハラを知らない人から見れば、信じられない、酷すぎる報道だと太田靖宏の関係者の話もあったようです。

太田靖宏自身は「嫁のタレントイメージを守るために、第三者にでっち上げられた。

また仕事仲間が、“記者会見を開いて、真相を明かしたほうがいい”とアドバイスしているんですよ」

と、あるようで仕事関係者はとても信じられないし、米倉涼子自体もそんなおとなしい女ではないだろうという話を報じています。

マスコミに強い影響力を持つ米倉涼子さんの所属事務所オスカープロモーションが、旦那さんのモラハラの噂を流して米倉涼子さんのイメージダウンを防ごうとしていたとしても不思議ではない、といったことも書かれています。

確かに、結婚からわずか2年で離婚、しかも結婚数か月の時点で別居し離婚協議の準備を始めていた、というのはよいイメージではないでしょう。

人気女優のイメージ保持のために事務所がマスコミを使った対策を打つ可能性もありそうです。

とはいえ、記事のようなひどいモラハラが本当にあったのか、それとも事務所のネガティブキャンペーンだったのかは定かではありません。

モラハラが本当にあったか否かを知るのは当事者である米倉涼子さんと元旦那の太田靖宏さんだけですが、離婚から既に数年が経ち、お互いこの話題には極力触れたくないでしょう。

果たして真相が明らかになる日はくるのでしょうか。

私が引っかかったのは米倉涼子を正座させて5時間も説教!?したという部分です。

そんなことできるわけがないと思うのは私だけではないはずです。

米倉涼子が5時間も黙って座ってるわけがありません。

しかも米倉涼子の私服ってめちゃくちゃお洒落ですよね。

バッグとか靴とか…変なわけがないのです。

私はおそらくこのモラハラ報道はでっち上げの可能性が高いと思いますが、ではなぜ二人が離婚してしまったのか…大きな謎が浮上してしまいます。

 

【速報】2016年12月30日に協議離婚の成立が報告される

結婚期間は二年。

ですが、実質的な結婚生活は婚姻届を提出したものの、数日で破綻していたようです。

婚姻届を提出した数日後からすれ違いが生じ、“夫婦生活1日”で同居を解消していた。

結婚直後から離婚が噂されて、マスコミに取り沙汰されていました。

離婚報告として米倉の事務所オスカープロモーションからの文書では、相手が一般人のため理由等内容に関しては何も答えられない、と米倉涼子自身も会見していません。

物理的な事実関係としては、2014年12月26日に結婚、15年3月に別居、15年4月に協議離婚の準備を始めた。

この年の夏に計画していたハワイ挙式も中止となった。

2年の結婚生活の中でひとつ屋根の下で暮らしたのがわずか1日だったことも判明。

複数の関係者によると、2人は14年末から米倉の自宅マンションで新婚生活を始めたが、決定的な性格の不一致で同居を1日で解消。

の後、離婚協議が弁護士を通じて行われ、本人同士が話し合うことはなく、慰謝料なしで別々の道を歩むことになった。

ということで、結局1日のみの夫婦としての暮らしだけだったという異常な事実。

よほどでなければ結婚したばかりでここまで極端な流れにはならないのではないでしょうか。

実は太田靖宏の「モラルハラスメント」が原因であったと報道しています。

結婚期間はたった2年間、実際の結婚生活はたった数日で終わりを迎えていたようです。

きっとただならぬ何かが起きてしまった。

だから夫婦を続けることができなかったとしか思えません。

結局たった数日しか結婚生活を継続していないので、予定していたハワイの挙式も中止。

ふたりがひとつ屋根の下で暮らしたのはだった一日だったというのですから、モラハラも何もない。

性格の不一致というのもかなり怪しいような気がしてしまいます。

たった1日で離婚に至るような何かが起きた…としか思えないのです。

30日、女優の米倉涼子(41)が所属事務所からのFAXを通じて離婚したことを報告した。

<米倉涼子コメント全文>

私たちは時間をかけ協議を重ねた末、この度、離婚が成立致しましたのでご報告させて頂きます。

私事でお騒がせしましたことお詫び申し上げます。

これからも女優として、一人の女性として、前をみて進んでいきたいと思っております。

また新たな気持ちで自分らしくいろいろなことに挑戦していけるよう、日々精進して参ります。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

その後、某女性誌の記者がインタビューを申し込みの為にコンタクトを取ったようです。

インタビューとはならず(離婚時の条件でもありますのでお金のために話すこともままならない様子)、その時の太田靖宏との話が書かれていました。

うるさい!

インタビューを申し込んだ本誌女性記者(32)に関西弁のイントネーションでこう吐き捨てたのは、米倉涼子(41)の2歳下夫・A氏。

派手な金髪にサングラスという、とても広告マンに見えないルックスにイメチェンしました。

オラオラ度が増して、ビジネス街で悪目立ちしていますよ(苦笑)

離婚理由に関して、離婚後にあれこれと同情を引くような言動もなく、前を向いて行こうとしている米倉涼子のさっぱり感との対比が著しい気が・・・。

離婚後元旦那とコンタクトを取ろうとした記者は「うるさい」と一蹴されてしまったのだとか…。

何度も何度も聞かれたくないことを質問されてしまえばキレたくなる気持ちも分かりますが…。

離婚後は派手な金髪にサングラス…オラオラ度が増していたなんて…。

もしかしたらもしかする、モラハラの噂は50%は当たっているのか?そんな気持ちになってしまいました。

最近はバラエティ番組「ぴったんこカンカン」でアナウンサーの安住紳一郎さんといい感じの米倉涼子さん。

安住紳一郎さんなら申し分なく素敵な男性です。

女優の吉田羊さんも素敵な方ですが…個人的には安住紳一郎さん&米倉涼子さん、ビッグカップルになってくれないかなぁと期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)