市毛良枝の夫の小川敏夫との馴れ初めや離婚原因は?子供はいるの?

今回は、市毛良枝さんについてご紹介させていただこうと思います。

 

プロフィール

(いちげ よしえ 1950年9月6日 生まれ)女優、登山家。
静岡県出身。
身長156cm。
所属事務所はアミューズ。
以前は ハーキュリーズに所属していた。
特定非営利活動法人日本トレッキング協会理事。

と、登山家?!終始ニコニコと山登りしてそうなイメージです・・・。

伊豆修善寺で生まれ、学生時代は立教女学院中学校・高等学校に在籍していました。

立教女学院ではなんと松任谷由実さん

の実姉とクラスメートだったそうですよ!

卒業後は文学座などの養成所に入り、女優活動をはじめました。

若い頃写真はとても可愛らしいですね~。

スポンサーリンク

ディスコグラフィ

長い芸能生活のなかで2枚のシングルCD、1枚のアルバムを出しています。

そのうち、1枚は2000年にみなみらんぼうさん

が作詞作曲し、名義はみなみらんぼう・市毛良枝という珍しい作品も存在します。

女優時代

1971年、TBSドラマ『冬の華』でテレビ初出演を果たしました。

このドラマは「嫁姑シリーズ」として超ロングランヒットを飛ばします。

このシリーズで演じた新妻のイメージから、「理想の花嫁ナンバー1」

「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」などとも呼ばれた時期がありました。

ところが1980年、男性誌『GORO』でフルヌードを披露したこともあるのだとか!

あの市毛さんがフルヌード?!当時、世間は相当ザワついたことでしょう・・・。

家族について

夫は?

市毛さんは37歳の年齢の時に、ご結婚されています。

夫となるお相手は、弁護士の小川敏夫さんでした。

馴れ初めについては、調べてみましたが見つかりませんでした。

小川さんは結婚後、参院選に出馬。

2012年には、野田第1次改造内閣で法務大臣に任命されるほどの人物でした。

しかし、市毛さん46歳の時、離婚されています。

離婚原因はDVでは?と報道されていました。

小川さん側は報道した数社を訴えることに・・・。

結果として勝訴されています。

そのことからしても、DVが事実であるという可能性は薄いのではないでしょうか。

当時のDVは今とは違い、暴力を振るわれる方にも理由があるのでは?

という考えが主流だったため、市毛さんも大バッシングを受けたそうです。

子どもは?

市毛さんと小川さんとの間に、子供はいらっしゃらなかったようです。

スポンサーリンク

その後、市毛さんは再婚することなく独身を通しています。

プライベートでは母親として生きてはいないものの、あれだけお母さん役を演じているとは。

さすが女優さんですね!逆に独身に見えないです。

市毛さんに関するウワサ

あの市毛さんが登山家?信じられませんでしたが、調べてみると本当でした。

登山デビューは40歳と、意外にも遅咲き!

父親の主治医に連れて行ってもらったことが、登山にハマるきっかけとなったそうです。

「山のおかげで、どんなことでも楽しめるようになった」

と語る市毛さん。

最近では、世界遺産の屋久島にある永田岳(標高1,886m)に登頂したとのこと。

所ジョージさん

林修先生

が司会の「人生で大事なことは〇〇で学んだ」でその様子が放送されていました。

またキリマンジャロの登頂を果たしたご経験もあるそうです。

「山なんて嫌いだった」というエッセイも出版しています。

カツラ疑惑?

「市毛さん、かつらでは?」というウワサも中にはあるようです。

たしかに未だ黒髪でフサフサですよね。

調べてみましたが、分かりませんでした。

少なくとも、植毛やかつらのCMに出た形跡もありませんでした。

母親を介護中?

現在は、98歳になる母親を介護していると健康・介護サイト「ドクター・ヨミー」で紹介されていました。

しかも自宅介護なのだそうです!

市毛さんのお母様は海外旅行がお好きなそうで、88才のときには南極にも連れていったのだとか!

パワフル過ぎます!

PVにも出演?

意外な作品に市毛さん、出演されています。

湘南乃風 「純恋歌」

DREAMS COME TRUE 「今日だけは」

両作とも2006年発表の作品です。

どこに市毛さんが出ているか確認してみるのも面白いかもしれません。

最後に

ドラマや舞台、映画だけでなくバラエティにも数多く出演されている市毛さん、

大御所女優ともなると、エラそうにする人も多い中で市毛さんはいつも気さくにふるまっていますよね。

そんな素朴な雰囲気が、未だ愛される秘訣なのかもしれません。

一時期は俳優業が自分の居場所ではないと感じたこともあったそうです。

DV報道の時には相当つらかったのかもしれませんね。

しかしながら、登山が市毛さんを前向きな気持ちにさせてくれたとのこと。

これからもその前向きさで、たくさんの役を演じきってくれることでしょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)