加賀まりこの旦那は清弘誠。パートナーの画像あり。若い頃がかわいい!

奔放な言動が特徴的な女優・加賀まりこさん。

2018年現在、芸能界デビューをして60年近くが経ちます。

今回は、そんな加賀まりこさんの若い頃や旦那・清弘誠さんについてご紹介していきます。

 

加賀まりこの旦那は清弘誠

現在の旦那さんは誰なのでしょうか?

若い頃には「石坂浩二や布施明等と交際をしていたのでは?」と報じられております。
また、元・フジテレビ社員の高田明侑と未婚のままに子供を出産するも7時間後にはなくなってしまった過去がある

悲しい過去があるのですね。

お若い頃の石坂浩二さん、イケメンですね。

布施明さんも負けていませんね!

スポンサーリンク

今は亡き、元・旦那の高田明侑さん。

そんな、芸能界で浮名を流してきた加賀さんですが、現在は清弘誠さんという方と「事実婚」という形をとられているそうです。

そんなパートナーの清弘誠さんは、映画監督をされている方のようです。

年齢は加賀さんの6歳年下ですので、2018年で68歳となります。

2010年9月24日にはTBSの演出家として活躍していた清弘誠が「ぴったんこカン・カンSP」に出演。
2010年10月11日にTBSで放送された単発ドラマ「塀の中の中学校」の宣伝をしました。
加賀まりこはドラマの広報のため、手書きで300枚ものハガキを書いたことと、それを内助の功だと明かして、清弘誠が事実婚状態の旦那であることを口にします。

番組内で二人が事実婚であることが判明したのですね。

「なぜ、結婚して「籍」を入れないのでしょう?」

といった疑問も、これまでにさんざん投げかけられて来たそうですが、加賀まりこさんの人生上、「籍」を入れるという事へ執着がないようです。

もしかしたら、「結婚」という枠に縛られたくない考えなのでしょうね。

 

パートナー・清弘誠の画像は?

加賀さんとは、元来の麻雀仲間だったそうです。

「決して男前ではないけれど、格好つけない所に惚れた」と語っていました。

また、若い頃には石坂浩二や布施明等と交際をしていた時期や離婚した経験もあるので、それ以上に素敵な男性なのでしょうね。

スポンサーリンク

 

加賀まりこの若い頃がかわいい?

そんな加賀さんですが、2018年現在で御年75歳になられます。

若い頃の加賀まりこさんの画像を見ると、その美しさに言葉を失いますね。
日本人離れした大きな瞳と高い鼻、セクシーな唇は女性の憧れの元です。
その美しさ故にどんどん舞い込んでくる仕事。
世間の加賀まりこさんに対するイメージにうんざりしてしまった加賀まりこさんは、20歳の時に芸能活動を休止して1人パリへと旅立ちました。

若い頃はとてもかわいかったそうですので、画像を探してみましたが、どれも確かにかわいいですね!

今でも通じる美しさがあります。

さぞかし、たくさんの男性からちやほやされたことでしょうね。

小学生の時分より隣町である神田神保町の古本街に通い、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読。
小さい時から思ったことは何でも口にする歯に衣きせぬ毒舌だったという。
また映画で見た、オードリー・ヘプバーンの髪型にするため1人で美容院に行くほどの早熟な子供であった。

若い頃より、「ませた」お子さんだったのでしょうか?

歯に衣着せない物言いは現在でも健在です。

高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていた。
また、キャンティのママの自立した生き方に強い憧れを抱いていたという。
なお、六本木野獣会のメンバーと誤解されることがあるが、本人は無関係だと否定し、「野獣会などは田舎者の集まり」と言っている。

確かに、自立したかっこいい考え方の女性ですね。

半年後にはお金がなくなり、帰国を考えていた加賀まりこさんに、劇団四季の舞台『オンディーヌ』のオファーが入り帰国を決意、大成功を遂げた舞台での仕事に遣り甲斐を感じた加賀まりこさんは女優業に本気で取り組むようになりました。
あの川端康成でさえ、加賀まりこさんを絶賛。
ある日、加賀まりこさんが川端康成原作の映画に出演することになり、その撮影現場に訪れた川端康成は、加賀まりこさんの演技に見惚れてしまったそうです。

最近では、2月23日に放送された「ダウンタウンなう」で、過去にダウンタウンの松本人志に恋心を伝えたことがあると言っていたそうです!

加賀さんは好きになったら自分から行く方だと話し、過去に松本のことが気に入ってプロデューサーを通じて電話番号渡したが、かかってこなかったという。

残念ながら、加賀さんがフラれてしまったそうです。

加賀は「今どんな人が奥さんか知らないけど、あのころの私は40代、あなたは20代。そのころの私はいけた?」と追い打ち。
しかし、「今はパス。今は浜田さんの方がセクシー」と話し、松本は「筋肉が気持ち悪い」と、“筋肉芸人”となった松本を嫌がった。

今は、松本人志さんのほうがフラれてしまったようですね。

何事も時と共に変わりますから仕方ありませんよね。

これからも、お元気・奔放な言動で楽しませてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)