松澤知加子が夫と離婚?結婚して子供はいるの?現在は何してる?

今回はプロゴルファーの松澤知加子(まつざわ ちかこ)についてみていきましょう。

 

松澤知加子について

松澤知加子さんといえば、中村寅吉氏の最後の内弟子といわれ、14歳で初めてゴルフボールを打つ姿を見た中村寅吉氏からプロに誘われます。

高校生からその才能を発揮していて、競技会にも出るようになり、21歳でプロテストに合格します。

1994年五洋建設レディスにて初優勝を果たすなど「元祖アイドルプロ」として注目を集めた松澤知加子さん。

気になるその結婚相手や子どもについて、調べてみました。

 

松澤知加子が結婚した夫は誰?

「元祖美人プロゴルファー」として注目を集めていた松澤知加子さん。

そんな松澤知加子さんは結婚していることがわかりました。

スポンサーリンク

1996年に結婚した気になるそのお相手は、競輪選手の出口眞浩(でぐち まさひろ)さん。

1994年のオールスター競輪において、GIタイトルを獲得した経歴の持ち主です。

一時期は競りよりスピードを生かすために展開次第では先行選手の番手より自ら踏んでいく競走が多かったが、現在は一般的な追込の選手となっている。

かつてはスピードを生かした自力タイプの選手であり、次第に追い込み型へとシフトしていきました。

 

松澤知加子の結婚相手は出口眞浩

出口眞浩さんは法政大学第二高等学校在学中から自転車競技を始めており、高校卒業後は日本競輪学校に第63期生として入学しています。

川崎競輪場をホームとしていて、デビュー戦で初勝利を収めるたのち初日から1着・3着・1着でいきなり初優勝を飾るという華々しいデビューをかざっています。

1993年には宇都宮競輪場で開催されたオールスター競輪で初の特別決勝進出を果たしたが、この時は高校時代からの友人である高木隆弘だけでなく、高校の先輩にあたる佐々木龍也と山田英伸も決勝に進出したことから、決勝で対する地元の神山雄一郎を打倒するために神奈川勢4人で結束を図ることになり、出口は4人の先頭で走ることになった。

この先輩後輩による結束は『法政二高カルテット』と称されたが、結果は出口が果敢な先行を見せたあとに高木が自力で踏んでいったものの、直線で神山に交わされて敗れてしまった。

1994年にいわき平競輪場で開催されたオールスター競輪にて、再び高木隆弘氏とレースに臨み、見事優勝を勝ち取ることができました。

松澤知加子さんと結婚した直後に、松澤知加子さんの実家から近い平塚競輪場に練習地を移動しています。

その後も2004年の日本選手権競輪決勝で3着に入る活躍っぷりを見せています。

 

松澤知加子は旦那と離婚している?

スポンサーリンク

松澤知加子さんと出口眞浩さんには離婚の噂がありますが、こちらはガセネタのようです。

お互い忙しいのであらぬ噂がたてられてしまうのですね。

 

松澤知加子と旦那との間には子供がいる?

松澤知加子さんと旦那さんとの間には、お子さんが2人いらっしゃいます。

どちらも男の子で、10歳と3歳というわんぱく盛りのようです。

母としての立場から、現在はジュニア育成にも力を入れています。

 

松澤知加子は現在何しているの?

松澤知加子さんは現在、祐天寺でゴルフ倶楽部「ピボット」を経営しています。

ゴルフ始めたい!初心者の方からのお問い合わせが増えています〜ゴルフ始めたい!初心者の方からのお問い合わせが増えています〜

コースレッスン&ゴルフ合宿の日程が決まりましたコースレッスン&ゴルフ合宿の日程が決まりました!

プロを目指す方から、趣味の域の初心者まで、幅広い生徒をかかえているようです。

スイングを基本から身につけたい・・・もっと飛距離を伸ばしたい、真っ直ぐ飛ばしたい。

ショットが安定しない、やさしく楽しくゴルフを学びたい、ラウンド中スイングがわからなくなる。

コースレッスンでは、スコアに直結するスキル・リズム・マインド・戦略・ポイントを実践しながら習得します。

スコアに繋がる実践練習!ラウンドでしか出来ない練習を全力でサポートします。

インドアレッスンではゴルフの基礎となる効果的な身体の使い方・スイングを安定させます。

スイングのお悩みご相談ください!女子プロゴルファーが成果の出る練習を行います。

子育てと両立しながら、次世代のゴルファーの育成に励んでいるようです。

 

松澤知加子の愛犬家がすごい!

松澤知加子さんは子供の頃から犬が大好きで、現在はミニチュア・ダックスフンドとミニチュア・シュナウザーと暮らしています。

2人の男の子の世話と犬の世話、毎日かなり忙しく過ごしているようです。

ONE BRAND(以下、O.B.) 松澤さんは現在2匹の犬と暮らしておられますが、それまでに犬を飼った経験はおありでしたか?

松澤 生まれたときから犬は傍にいました。私は黒いトイプードルが欲しかったんですよ、毛が抜けなくて飼いやすいと聞いていたので。

でも大の犬好きだった父がお店でミニチュア・ダックスフンドを抱き上げたら、顔をペロペロと舐めたそうで、それでこの犬にしよう!と決まってしまって。

私が独身時代から飼っていた犬なので。子供が生まれる前は、ツアーをまわっている時にも『犬が家にいるから早く家に帰りたい』って思ったりしましたけれど、今はやっぱり子供の方が優先になっちゃっていますね。

2匹の愛犬は、子供たちにとっても良い遊び相手になっているようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)