武内直子と旦那の冨樫義博の結婚までの馴れ初めや離婚の噂も。

セーラームーンで有名な武内直子さんと、幽遊白書やHUNTER×HUNTERで有名な富樫義博さん、大物漫画家のご夫婦の離婚の噂や現在の活動についてまとめました。

武内直子の旦那の冨樫義博について

言わずと知れた「美少女戦士セーラームーン」の作者として有名な武内直子さん。

1992年~1997年までの間少女漫画雑誌「なかよし」で5年間に渡って連載していました。

2004年にはドラマ化もされ、グッズ販売や演劇など、連載を終了した後も根強い人気を博している。

そんな武内直子さんの旦那さんは、これまた言わずと知れた「幽遊白書」「HUNTER×HUNTER」の作者として有名な富樫義博さん。

1990年から週刊少年ジャンプにて連載された「幽遊白書」。

1992年にはアニメ化もされ、その人気は衰えを知る事なく連載を終了した。

スポンサードリンク

アニメに関しては放送終了後も何度も再放送され、若い世代にまでその人気は広まっている。

連載終了について、作者の冨樫は理由を「かねてからの自身の持病悪化、これ以上、出版社に無理やり従って連載を続けても、同じことを、読者が飽きるまで繰り返すだけになるために、半ば私のわがままで止めた」と述べている。

この思いは143話(残32話)掲載時には既に連載終了が決定済み、原稿が1話完成する度にカレンダーに×(バツ)をつけるほど強かった

幽遊白書の連載が終了し、その後負けず劣らずの人気を博しているのが「HUNTER×HUNTER」。

現在も連載を続けているこの作品は途中連載が何度か停滞している時期があるにも関わらず、その人気は衰えることを知らない。

 

2人の出会いや馴れ初め

HUNTER×HUNTER連載中の1999年に入籍をします。

夫婦になってからもお互いのことを「王子」と「姫」と呼び合うなどとして、おしどり夫婦の呼び名を欲しいものにしてきました。

2人の結婚は漫画ファンの間ではかなり有名で、HUNTER×HUNTERの連載が休止した時期と結婚した時期が重なっていることから、「夫婦での暮らしが幸せで仕事を放棄してるんじゃ?」「スピード離婚で傷心中なんじゃ?」と様々な噂が広まりました。

 

離婚の噂はデマ?

さて、ではその離婚の噂は実際はどうなっているのでしょうか?

調べたところによると、どうやらその噂の信憑性は非常に低い様子。

HUNTER×HUNTERが幾度に渡って休載を繰り返している為そのような噂が広まったようですが、武内直子さんも富樫義博さんも認知度が非常に高いことからこのようなデタラメな噂が独り歩きして成長してしまったようです。

スポンサードリンク

 

子供はいるの?

武内直子さんのお子さんについて多くは語られていませんが、漫画雑誌「ヤングユー」でお子さんについて少し語られていました。

どうやら息子さんと娘さんの二人いるらしく、漫画の中では息子さんを「王子ベイビー」と書いています。

富樫義博さんを王子と呼んでいるので、そこからそのあだ名をネーミングしたようですが、漫画の中でも仲睦ましい様子が伺えてほのぼのしますね。

 

実家は宝石店なの?

武内直子さんの実家ですが、山梨県にあります。

なんと、宝石店と営んでいるらしく、かなり裕福な暮らしがうかがえます。

大人気漫画であるセーラームーンを連載する以前より、武内直子さんの愛車はポルシェであったという噂もあります。

実家が宝石店を営んでいたこともあり、宝石や鉱物には大変関心が深いようで、作品中にも宝石や鉱物の名前をあしらったキャラクター達が登場しています。

セーラー戦士達の惑星のネーミングも、この宝石や鉱物好きであることに要因があると考えられるでしょう。

あの煌びやかな世界観はこの生い立ちや家族関係からきているのかもしれませんね。

 

現在は何してる?

現在も休載と連載を繰り返している富樫義博さん。

大人気を博した「キメラアント編」を最後に連載終了するのでは?という噂も流れていたが、その後もストーリーを変え休み休みながらも連載を続けています。

休載の原因として挙げられている要因は、アシスタントがいないこと、その膨大な業務量を一人でこなしていることから発生した腰痛の悪化が原因ではないかという説が最も有力とされています。

漫画そのものに嫌気がさしてというわけではないのであれば、ファンとしては是非休み休みでも連載を続けてほしいところです。

連載が終了している幽遊白書ですが、2018年現在でもその人気は衰えを知らず、幽遊白書キャラクターに囲まれた幽遊白書カフェや、モンスターストライクなどのスマホゲームのコラボなど、様々な形で現在もその存在感は根強く残っています。

また、セーラームーンに関しては描写をリニューアルしたアニメを放送され、それに合わせて同じく様々なスマホゲームのコラボやグッズ販売による人気が再燃しています。

武内直子さん、富樫義博さん、共に世代が変わっても愛され続ける二人の漫画には今後も期待していきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)