元町夏央が旦那の一色登希彦離婚してた?現在の自宅は東吉野村に移住してる?

今回は漫画家の元町夏央(もとまち なつお)についてみていきましょう。

元町夏央について

元町夏央さんといえば、「橙」でアフタヌーン四季賞春のコンテスト四季大賞を受賞し、「包帯」で第57回小学館新人コミック大賞青年部門に入選し華々しくデビューします。

代表作としては『あねおと』『ふわり!』などが挙げられます。

そんな元町夏央さんの結婚した旦那さんについて調べてみました。

 

元町夏央の結婚した旦那は誰?

元町夏央さんの結婚した旦那さんは、漫画家の一色登希彦(いしき としひこ)さんです。

漫画家同士の結婚は知られていないだけで意外と多いというように聞きますが、お二人も例にならって漫画家同士の結婚だったのですね。

 

元町夏央の旦那は一色登希彦

スポンサードリンク

一色登希彦さんは代表作に『ダービージョッキー』『日本沈没』などがある人気漫画家です。

漫画出版業界の現状に強い異議を唱える佐藤秀峰に同調し、自著を佐藤の漫画販売サイト漫画 on Webに出展したり対談を行うなどした。

2011年、『漫画アクション』にて佐藤の原作で「ボクマン」の連載を開始するが権利関係で揉め、3話で終了した。

2011年、東日本大震災に伴う原発事故をきっかけに、生まれ育った東京から三重県に転居した。

2012年夏、転居先の海岸で屋台「道瀬珈琲」を営業。

2013年からは近所の民宿の一部を借りて改装、「道瀬食堂」として通年営業の飲食店を開いている。

そんなお二人ですが、何やら離婚していたという情報があります・・・

 

元町夏央と一色登希彦は離婚していた?

元町夏央さんと一色登希彦はさんは、2016年に離婚していることがわかりました。

詳しい原因は不明ですが、現在元町夏央さんは奈良県に移住しているので、三重県に住んでいる旦那さんとは会ってなさそうですね。

 

元町夏央の現在の自宅はどこ?

元町夏央さんは2011年、東日本大震災に伴う原発事故をきっかけに、当時夫であった一色登希彦さんと共に東京から三重県に転居しました。

その際のエピソードをまとめた漫画「東京を脱出してみたよ」を発表しています。

移住を提案したのは元夫である一色登希彦さんのほうで、かなりの潔癖症のために、放射能を恐れてせっかく建てた持ち家を売ってまで東京を離れたそうです。

スポンサードリンク

・まず元町さんが一色登希彦さんと結婚されているのをサラッと描いていてびっくりした。

ストレスを溜めないように悩んだ末の行動だから、これもまたひとつの選択。

でも結果的にストレスで離婚の危機とか…!続きが気になります。

・この漫画の数値的なものを批判する人もいますが、当時の東京での様子がリアルに書かれていていいと思います。

数値がどれが正しいかなど、当時は誰もわからずニュースもでたらめ、今も不確かなものです。

交通網が麻痺した東京、東京は被災地ではない。少々ビルの窓が割れたり、皿が割れたりする程度の被害だった東京。

それでも買占めによる食糧不足など、想定以上のパニック状態に陥った東京は、今思えば滑稽である。

ただこれもまた現実。こういう漫画や小説が増えて欲しいです。

・放射能汚染について気にする程度を男女で比較した場合、世間をみるとより気にするのは女性の方が多いのではないか、という印象があります。

しかしこちらのご夫婦の場合、旦那様である一色氏のほうが気にする方だったようで、一時避難や移住の決断は旦那様がリードしたのですね。

移住するということで、何もかもスムーズにいくわけがないのが自主避難の難しさですよね。

普通の夫婦生活でさえも些細な行き違いや心のゆらぎがありますし、それに加えて「移住なんて不謹慎・・・気にし過ぎ・・・」と言った周りの人々の反応や、仕事仲間や取引先との関係など、決して他人事とは思えないエピソードがちりばめられています。

 

元町夏央は東吉野村に移住してる?

元町夏央さんは現在、奈良県東吉野村にて第二の人生をスタートさせています。

紀北町では、本当にたくさんのご縁をいただき、楽しい毎日をすごさせていただきました。

三重県のみなさんが、家族のように迎えてくださったことは、わたしの宝物です。

そして現在、元町夏央さんは地域に溶け込み、たまにクリエイター仲間たちとオフィスキャンプで打ち合わせをしているようです。

オフィスキャンプという場所ができてからは、クリエイターたちが集まり、取材もしやすくなったことで東吉野とその周辺に移住してくる人も増えたそうです。

2016年から手がけているのは、近鉄電車と奈良県が共同で企画する旅行パッケージだ。

総合ディレクションが坂本さん、ポスターの撮影は西岡さん、デザインは林業兼デザイナーの廣瀬佑子さん。

今年は、最近移住してきた漫画家・元町夏央さんも加わった。

クライアントは奈良県内だけではなく、最近は関西圏、全国圏と徐々に広がりつつあるそうです。

まさに「クリエイティブビレッジ」が、ちゃちゃくと出来上がってきており、元町夏央さんもその一員として活動しているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)