今井通子の夫は誰?子供がいる?登山家でエベレストに挑戦!

医師や登山家として活動する、今井通子さんについてご紹介しています。

それでは、ご覧下さい。

今井通子の結婚

夫とは、いつ頃結婚しているのでしょうね。

1971年、グランドジョラス山頂で今井通子と結婚。

高橋和之さんという男性と結婚して47年が経過しているようです。

 

子供はいる?

画像や詳しい情報はありませんが、子供は娘さんが1人いるそうですね。

娘さんとは政治経済など、幅広い社会問題を議論し合う、という変わった様子。

「たくましいひとりっ子の育て方」という著書に娘さんに関する記載があるそうですよ。

スポンサードリンク

気になった方は読んでみましょう。

 

旦那について

結婚相手の高橋和之さんについて見ていきましょう。

1943年1月26日 東京都中野区に生まれた方だそうですので、今年75歳になった方ですね。

 

どんな経歴?

旦那さんのプロフィールが気になりますね。

どうやら、若い頃から山に興味があったそうですよ。

家庭の経済的事情が安定しなかった為、中学を卒業するとすぐに就職した。

大家の娘の一言で登山に目覚め、労山に身を投じる。

1971年、グランドジョラス北壁登頂。

1975年、カモシカ同人ダウラギリIV峰遠征で隊長をつとめる。

「医師として同行した妻との夫婦喧嘩を隊員に目撃され、バツの悪い思いをした」という。

1983年、ヒマラヤ・ローツェ日本人初登頂。

冬のエベレストに夫婦でダブルアタックを試み話題になった(中国側から挑戦した妻は失敗)。

1985年、パミール高原コンルジュネフスカヤ、共産主義、レーニン日本人初の三座連続登頂を果たす。

1987年、チョ・オユーに遠征、山頂からパラグライダーで下山(当時、高所より飛行の世界記録樹立)。

ご夫婦での登頂にも挑戦してきたそうですね。

1988年アイガー山頂、1989キリマンジャロ山頂よりパラグライダー飛行。

同年、福岡県皿倉山で行われた第一回日本選手権において三位となる。

1991年、南極大陸ビンソン・マシフより飛行。

奥さんと同じく、旦那さんも登山家として様々な活動をしてきた方のようですね。

 

出版した本のご紹介

旦那さんには、著書がありますよ。

『登山用具の研究:選び方・買い方・使い方の全知識』(ユニ出版,1979年)

スポンサードリンク

高橋和之、今井通子著 『ヒマラヤを翔ぶ:チョー・オユー8201m』(朝日新聞社,1988年)

高橋和之編 『パラグライダー:入門とガイド』(山と渓谷社,1990年)

『ダンプ、山を行く:ある山男の自画像』(山と溪谷社,1998年)

今井通子、高橋和之著 『ダンプ&通子の夫婦でゆったり登山術』(小学館,2000年)

登山に関する書籍を出版していますね。

山を知るには、うってつけの本と言えるでしょう。

 

登山専門店を経営

そんな旦那である高橋和之さんは、登山用品店「カモシカスポーツ」の社長を務めているそうですね。

どういったお店なのでしょうね。

私が、東京・中野の一角に小さな店を構えてから既に半世紀が経ちました。

お陰様で、今日カモシカスポーツは「山を愛するすべての人の登山用品専門店」として沢山のお客様に支えて頂いております。

登山経験を活かして、50年に渡って専門店を経営しているそうです。

そもそも、旦那さんが登山を始めたきっかけが気になりますね。

山を始めた頃は、山の経験の多い少ないで人間関係の上下をつけるような風潮が強く残っている時代でした。

17歳の時、初めて冬山の装備を登山用品店に買いに行った時、私は見下したような冷たい態度の接客を受けてしまったんです。

それがとても悔しくて、その時に、私なら「初心者にも親切な店を作る」そう思ったのがこの仕事を始めるきっかけでした。

若い頃の嫌な印象が今の原動力となっているようですね。

 

エベレストに挑戦!

ご夫婦でエベレスト登頂に挑戦した経験を書籍にまとめていますよ。

ヨーロッパアルプス・ヒマラヤ・南極など世界中の山々を登ってきました。

1985年には「ダンプさんのエベレスト日記」という本を朝日新聞社より発刊していますね。

今までの登頂歴を見てみましょう。

1975年:ダウラギリIV峰(7611m)カモシカ同人隊隊長として遠征。

同峰南面ルートより初登頂。

1983年:ローツェ峰(世界第四位 8516m)をカモシカ同人隊隊長として遠征。

同峰日本人初登頂。

カモシカ同人冬季エベレスト・チョモランマ登山隊ネパール側隊長として遠征。

中国側に今井通子が隊長として遠征し、夫婦揃ってダブルアタックを行う。

ネパール側より同峰冬季世界第三登として成功させる。

1985年:パミール高原・コルジェネフスカヤ峰(7105m)、コミュニズム峰(7495m)、レーニン峰(7134m)に日本人初の三座連続登頂。

1987年:カモシカ同人チョ・オユー峰(8201m)登山隊に参加。

同峰に登頂し、 山頂よりパラパントによる飛行の最高高度の世界記録を樹立。

1988~99年:モンブラン(4807m)、アイガー(3970m)、キリマンジャロ(5895m)山頂よりパラパント飛行。

1991年:南極大陸ビンソンマシーフ(4897m)登頂。

登頂後4000mよりパラパント飛行。

常人には考えられないほど、高い山々へ登ってきた方です。

旦那さんはこれからも登山家として、様々な登山グッズを開発して販売していくのでしょうね。

ブログなどはやっていませんが、今井 通子さんは現在、ニッポン放送「テレフォン人生相談」のパーソナリティを務めていますので、気になる方は聴いてみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)